Windowsのブルースクリーン(青い画面)エラーの対処方法

パソコンを使用中に突然画面が青くなり、キーボードやマウスの操作ができなくなったらどうしよう?ブルースクリーンになってしまう原因や対処方法を幾つかご紹介!Recoveritデータ復元ソフトをお勧め!

Part1、ブルースクリーンとはどのようなものなのでしょうか

パソコンを使用中に突然画面が青くなり、キーボードやマウスの操作ができなくなるといった現象を経験された方も多いと思います。この現象はブルースクリーンといって、WindowsのOSなどに様々な異常が発生したときに起こるものです。ブルースクリーンは異常の原因を解決しない限り、再起動をしても「問題が発生したためPCを再起動する必要があります」というメッセージやエラーコードが表示されてしまいます。
Windows10などではブルースクリーンが頻繁に起こるようですが、こうなってしまうとパソコン初心者はどうしたら良いのか分からなくなってしまうと思います。そこで、ブルースクリーンになってしまう原因や対処方法を幾つか紹介します。

すべてのブルースクリーンが同じように見えるわけではなく、使用しているWindowsのバージョンによって異なります。ブルースクリーンエラーには、次のようなさまざまな種類があります。

Part2、ブルースクリーンが起こる原因

・メモリーの異常が原因で起こるブルースクリーン

メモリーが異常をきたして起こるブルースクリーンのエラーでは、「0x000000F2」というエラーコードが表示されます。
他にも、「0x00000050」というエラーコードが表示された場合はメモリーが物理的に破損している場合があります。

・ハードディスクの破損で起こるブルースクリーン

ハードディスクはパソコンのデータを記憶しておくものですが、これが破損や故障することでブルースクリーンが表示されます。
ハードディスクが物理的に破損している場合、「0x0000007A」というエラーコードが表示され、「0x000000ED」というエラーコードが表示された場合は故障の可能性があります。
このエラーコードによるブルースクリーンは、内蔵されているハードディスクに対してのものなので、外付けハードディスクなどはブルスクとは関係ありません。
しかし、ハードディスクケーブルなどが破損している場合、「0x000000F4」というエラーコードが表示される場合があるので注意しましょう。

・windowsが原因で起こるブルースクリーン

ブルースクリーンはハードディスクやメモリーなどのハード面だけでなく、WindowsのOSが原因で起こる場合もあります。
windows7などの古いOSを使っていると、システムに致命的なエラーが発生してブルースクリーンが表示される可能性があります。

Part3、ブルースクリーンの対処法

・メモリーの異常が原因で起こるブルースクリーンの対処方法

メモリーの異常が原因で起こるブルースクリーンの場合、ほとんどが時間を置いて再起動するなどの対処を取れば解消されます。
しかし、再起動でも解消されない場合はメモリーが故障している可能性があり、メモリーを交換しなければならない可能性があります。

・ハードディスクの破損で起こるブルースクリーンの対処方法

ハードディスクの破損で起こるブルースクリーンの場合、ほとんどが修理に出さなければ解消されません。
ハードディスクが破損してしまうと大事なデータを失う可能性があるので、日ごろからバックアップを取っておくことをおすすめします。

・windowsが原因で起こるブルースクリーンの対処方法

Windows10などのosが原因で起こるブルースクリーンの場合、再起動しない可能性もあります。
再起動してもメモリーのダンプファイルから原因を探さなくてはならず非常に面倒です。
それでも解消されない場合はパソコンをリカバリーしなければならない可能性も出てきます。
リカバリーをする場合は大切なデータも消えてしまうので、日ごろからバックアップを取っておくことをおすすめします。

Windowsパソコンがブルースクリーンになった時の対処法は、下記の動画でもご覧できます!

Wondershare Recoveritで削除したファイルを復元する

ガイド>

Part4、ブルースクリーンで消えたデータを復元する方法--「Recoverit」

ブルースクリーンエラーは様々な原因で起こり、日ごろから注意しておかなければなりません。しかし、これらが原因で大事なデータが消えてしまった方も多いと思います。データが消えてしまった場合、ほとんどの方が諦めてしまうと思いますが、データ復元ソフトを使えば簡単にデータを元通りにすることができます。データ復元ソフトは様々ありますが、Recoveritというソフトは簡単な操作でデータを元通りにでき、復元速度も速いのでストレスなく使うことができます。更に、1000種類以上のファイル形式に対応しているので、どのようなデータも復元することができます。パソコンだけではなく、外付けHDDUSBメモリーSDカードなどから復元可能です。

このデータ復元ソフトRecoveritがあれば、パソコンが青い画面になった時の恐怖もなくなるでしょう。無料版もありますので、ぜひ、ごダウンロードして体験してみてください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、削除したファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

ブルースクリーンエラーで消えたファイルの保存先を選択

ステップ2 ブルースクリーンエラーで消えたファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、ブルースクリーンエラーで消えたファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

ブルースクリーンエラーで消えたファイルをスキャン

ステップ3 ブルースクリーンエラーで消えたファイルをプレビューして復元します。

ブルースクリーンエラーで消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

ブルースクリーンエラーで消えたファイルを復元

以上簡単な操作でブルースクリーンエラーで消えたファイルが復元・復旧できます。

ブルースクリーンエラーで大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windowsのブルースクリーン(青い画面)エラーの対処方法