【Windows10】パソコンからビープ音が鳴り続け起動しない場合の対処法4つ

Windows10のパソコンを使っている時に、ビープ音が鳴り続けてパソコンが起動しない…という経験がありません。この場合、どうすればいいでしょうか。ご心配なく、本記事では、その対処法をご紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

長くWindows10のパソコンを使っていると、ビープ音が鳴り続けて起動しない場合があります。ビープ音はパソコンに不具合が起きていることを知らせるサインですが、原因はさまざまです。このページではWindows10のパソコンからビープ音が鳴り続けて起動しない場合の原因・対処法を解説します。

Part1:Windows10パソコンからビープ音が鳴り続けて起動しない原因

Windows10のパソコンでビープ音が鳴り続ける状況では、考えられる原因がさまざまです。またビープ音が鳴り続ける原因は、パソコンで使用されているBIOSの種類によって異なります。BIOSの種類は主に下記の2種類ですが、機種によってはメーカー独自のBIOSである場合もあります。

・AWORD BIOS

・AMI BIOS

ビープ音が鳴り続ける場合、BIOSはAWORD BIOSかメーカー独自のものである可能性が高いです。AWORD BIOSを例にすると、ビープ音が鳴り続ける原因は以下の4通りあります。

AWORD BIOSのビープ音が鳴り続ける原因

鳴り方

原因

長音が繰り返して鳴る

・メモリの接触エラー

・メモリの故障

短音が繰り返して鳴る

電源の供給が足りていない

高音と低音が繰り返して鳴る

・内部の温度異常

・ファンの回転数低下

周波数の高い長音

CPUの温度異常

ビープ音が鳴り続けるときは、パソコンの内部やパーツに何かしらの不具合が起きていると考えるべきです。

ビープ音の鳴るパターン別での原因は、パソコンによって異なります。なので、説明書を見ながら考えられる原因をピックアップしましょう。

Part2:Windows10パソコンからビープ音が鳴り続けて起動しない場合の対処法4つ

Windows10のパソコンからビープ音が鳴り続けるときは、以下の方法で対処してみましょう。

・PCの電源ケーブルを抜き放電

・パーツに接触不良がないか確認

・BIOSを初期化する

・最悪の場合はメーカーへ問い合わせ

電源のケーブルを抜き放電

Windows10のパソコンからビープ音が鳴り続けるときは、まず電源を切ってケーブルをコンセントから抜いてください。そしてしばらく時間を置いて放電を試みましょう。パソコンの内部が帯電すると不具合が発生して、エラーを招くことがあるからです。放電をしたうえで再起動して問題がなければ、帯電が原因だった可能性は高いです。

パーツに接触不良がないか確認

放電をしたうえでパソコンを再起動してもビープ音が鳴り続けるのであれば、パーツ類に問題が起きていると考えられます。何かしらのパーツが破損していない限り、内部の接続状態が原因です。ですので、マザーボードと各パーツの接続状態が正常かチェックしてみましょう。メモリの差し込みが甘くなってビープ音が鳴り続ける場合もあるので、ケーブルを使わずに接続しているパーツの状態も要確認です。

BIOSを初期化する

BIOSにエラーが発生している可能性もあるので、BIOSの初期化も試してみたいところです。BIOSの初期化は以下の方法で行えます。

  1. PC起動時に「F2」キーを押す
  2. 表示されるBIOSの画面で「F9」キーを押す
  3. 確認メッセージの表示を確認して「Yes」を選択
  4. 「F10」キーを押す
  5. 確認メッセージの表示を確認して「Yes」を選択

なお、BIOSを初期化させてもHDDやSSDストレージの保存データが商況されることはありません。

最悪の場合はメーカーへ問い合わせ

どの対処法を試してもWindows10のパソコンからビープ音が鳴り続けるのであれば、販売店やメーカーへの問い合わせが必要になってきます。どの対処法を試しても起動時にビープ音が鳴り続ける場合、内部パーツやマザーボードが故障している可能性があるからです。メーカーへの問い合わせが必要になる場合、修理となる可能性は高いと考えましょう。

Part3:Windows10パソコンに消えたデータを復元

Windows10のパソコンからビープ音が鳴り続ける場合、対処する際にデータが消失するリスクが伴います。特にメーカーへ問い合わせて修理になる場合、パソコン自体が初期化されて返ってくる可能性は高いです。

Windows10には消失したデータを復元する機能はありません。しかし、WondershareのRecoveritを使うと、失ったデータを取り戻せます。100種類以上のファイル形式に対応しており、操作は簡単なのでパソコン初心者の人でも安心です。500万以上のユーザーに利用されていて、160を超える国で販売されており実績も申し分ありません。ソフトの開発には17年以上の月日が費やされているので、復元精度の高さは良好です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Recoveritで誤って削除したデータを復元する手順

ステップ1 消えたファイルの元の保存場所を選択します。

Recoveritを起動します。起動できた後、下記の製品画面で、消えたファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「開始」をクリックします。

場所を選択

ステップ2 消えたファイルのデータをスキャンします。

そうするとRecoveritは自動的にデータのスキャンをスタートします。

ファイルをスキャン

ステップ3 スキャンしたファイルをプレビューして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。「復元」ボタンをクリックするとデータを復元します(一部のデータはプレビューできます)。

ファイルを復元

消えたファイルをプレビューで確認して復元すれば完了となり、非常に簡単な操作となっています。
また、このソフトを使うことで、誤って削除した復元だけではなく、SDカード外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

SDカード復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > 【Windows10】パソコンからビープ音が鳴り続け起動しない場合の対処法4つ