Windowsでブルースクリーンエラー「stop:0x00000050」への対処法

思わぬ突然画面が青くなり白い文字が表示されてしまった?本文ではエラーコード「stop:0x00000050」の発生原因と対処方法を詳しくご紹介!データ復元ソフトRecoveritをおすすめ!

パート1. ブルースクリーンエラー「stop:0x00000050」はなぜ発生?

普段からPCを使用していて、思わぬトラブルが発生した経験はありませんか。
中でも突然画面が青くなり白い文字が表示されるエラーを一般的にブルースクリーンと呼んでいます。

先ほどエラーの事をブルースクリーンと言いましたが、正式には「STOPエラー」で表示されたコードを「STOPコード」と呼びます。
ブルースクリーンになったら慌てずに、画面に表示されたSTOPコードをメモします。

【発生するタイミング】

どんな時にブルースクリーンエラーが発生するかというと、電源ボタンを押してPCが起動中やその後の作業中に突然起こることもあります。ブルースクリーンエラーになると、マウスやキーボード操作は受け付けなくなります。

【発生原因】

コードが「stop:0x00000050」の場合は、発生原因としてメモリーかウィルス感染が考えられます。

メモリーの場合は、使用中のメモリーが破損しているかマザーボードとの接触不良が原因となります。
また、何かしらの要因でウィルス感染しても発生します。

ここまで、「STOP:0x00000050エラー」が発生する原因が分かりました。この後は、エラーへの対処法を紹介します。

パート2. ブルースクリーンエラー「STOP:0x00000050」の解決策

発生原因が分かったので、ここからは「STOP:0x00000050エラー」の対処法を紹介します。

まず対処法を実行する前に、データをUSBメモリーや外付けHDDに保存します。

【メモリーが原因の対処法】

PCのケースを開けて、メモリーの接触状況を確認して不良の場合は「カチッ」と音がするまでしっかりと挿入します。

2枚以上のメモリーを使用している場合の対処法
メモリーを1枚ずつ挿入して、ブルースクリーンが発生するか確認します。
単体で使用して原因のメモリーが判別出来たら、それを除いて起動してブルースクリーンが発生しない事を確認します。

【ウィルス感染が原因の対処法】

PCをウィルス対策ソフトで調べて感染の有無をチェックします。感染している場合は、ウィルスを駆除する事で解決します。
ウィルスがいないか駆除しても解決しない場合は、STOPコードを確認して別の対処法を実行してください。

【Windows10 OSのブルースクリーン原因は.sysファイル】

対処法①更新プログラムをインストール
更新とセキュリティ→更新プログラムのチェックをクリックして、更新プログラムをインストール後にPCを再起動で動作確認します。

対処法②sysのドライバを更新する
画面に表示された「xxxxxx.sys」の名称をインターネットで検索して、ドライバを更新するとブルースクリーンが発生しなくなったとの報告があります。

対処法③ソフトウェアを削除する
「xxxxxx.sys」を問題なく使えていたバージョンに戻しても発生するなら、ソフトウェアを削除して解決するか確認します。

対処法④セーフモードで起動する
Windows10 PCをセーフモードで起動して、ブルースクリーンが発生しない場合はセーフモードで起動しないソフトウェアやハードウェアが原因なので削除します。

パート3. エラーstop:0x00000050で失われたデータをRecoveritで復元

Stop:0x00000050のブルースクリーンエラーにより、データを失ってしまう問題が発生する可能性があります。そのため、強力的なデータ復元ソフトRecoveritを備える必要があります。旧名は「データリカバリー」で、バージョンアップ後、Recoverit「リカバリット」に変更しました。バージョンアップ後、復元できるファイル形式が増え、操作の手順ももっとわかりやすくなりました。初心者でも、消えたデータを簡単に復元できます。無料版もありますので、ぜひごダウンロードして体験してみてください。無料版は消えたデータをスキャン、プレビューできます。その上、100M以内のデータを復元できます。

ソフトウェア業界からは、高度な復元能力が高評価を得ています。ご体験してみてください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、削除したファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

エラーstop:0x00000050で失われたデータの保存先を選択

ステップ2 エラーstop:0x00000050で失われたデータをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、エラーstop:0x00000050で失われたデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

エラーstop:0x00000050で失われたデータをスキャン

ステップ3 エラーstop:0x00000050で失われたデータをプレビューして復元します。

エラーstop:0x00000050で失われたデータをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

エラーstop:0x00000050で失われたデータを復元

以上簡単な操作でエラーstop:0x00000050で失われたデータが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

エラーstop:0x00000050で大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windowsでブルースクリーンエラー「stop:0x00000050」への対処法

すべての記事