Windowsでブルースクリーンエラー「0xc0000005」の直し方

Windowsを使っている間にブルースクリーンエラーが発生したらどうします?本文ではエラー「0xc0000005」の発生原因と対処方法を詳しくご紹介!Recoveritデータ復元ソフトをおすすめ!

Windowsシステムがブルースクリーン0xc0000005の問題に直面していて、システム画面に表示されるエラーメッセージと混同されている場合でも、心配しないでください。本記事は、君のようなユーザーを支援するために作成されます。本記事をご参考に、不穏な状況から抜け出し、通常の作業システムに戻しましょう。

パート1:エラー0xc0000005とは?何度も起きます?

パソコンを使っているとトラブルが起こり表示されるブルースクリーンエラーですが、原因はいくつかあり、それを判断するには英数で表示されたエラーコードで判定します。その中にはBIOSと本体にある互換性のエラーもあればWindowsシステムファイルの誤った削除によるエラーもあります。
0xc0000005エラーの場合、アプリケーションによるエラーの可能性が高く、一度このエラーが出ると、それからは同じソフトを使っていると度々同じエラーが表示されます。
また同じようなアプリケーションエラーの0xc00000e5はアプリの起動時に起こり、ウイルス対策ソフトが常駐している時にブラウザなどを使うと起動されない現象になります。
これらの原因を深掘りすると、プログラムがメモリの領域に書き出しを行った時に、全く関係ない領域へ書き出しを行い、おかしな働きをした為に起きたエラーになります。
当然ながらそのプログラムは正しい動きをしないので、途中で停止します。
ではハードディスクには悪い影響を与えていないと言えば、そういう訳ではなく、度々の停止はハ-ドに悪影響を起こす事があります。
またWindowsで0xc0000005が出た場合、ウイルスが原因で引き起こしている可能性も高いです。
いくらメーカー製のセキュリティソフトを入れてあるパソコンでも、未検知のウイルスが入ってこないとは言えません。


パート2:ブルースクリーン0xc0000005エラーへの対処方法

0xc0000005の原因がアプリにあるならば、修復する時にチェックしておきたい事としてメーカーが新たな修正プログラムを提供しているか確かめた方が良いでしょう。通常、販売されているソフトというのはエラーが出ない製品が出回っています。しかし、フリーで提供されているものや、検証テストを十分に行われず市場に出る事もありますので、実際は何らかの問題を抱えたまま放置されているかもしれません。

「アプリケーション を 正しく 起動 できません で した」のメッセージと共に 0xc0000005が表示されたままなのは、特に注意が必要です。
アンインストールをして直るものであればいいのですが、システムであるWindowsが止まるようでは安全に使い続けるのは難しいでしょう。

ウイルスが入ったとなれば、悪意のある現象をわざわざ引き起こしているので、直すのは厄介な事です。
エラー0xc0000005の直し方として、Windowsには復元ポイントを作り、正常だった時に戻す機能がありますので、定期的な復元ポイントを作成しておくのも良いでしょう。
加えて容量に余裕のある外部HDD等を購入し、全体的なバックアップをすると、時間はかかりますが、作成した文書データなども丸ごと復元出来ます。
しかし、どうしてもエラーから脱出できず、Windowsシステムごと調子が悪くなっているとなれば「リカバリ」作業をして購入時の状態に戻す事が必要になります。
リカバリ作業は購入時に起動ディスクの作成か、マイクロソフトのサイトからダウンロードした起動専用ファイルの準備、プロダクトキーの有無やメーカー独自アプリのセットを用意するなど、手間と時間がかかりますが、完全な状態にするのには一番の方法でしょう。


パート3:簡単ソフト「Recoverit」で問題解決しよう

時間と手間がかかるリカバリ作業まで行うとなれば、個人で使っているパソコンならあまり気にしなくてもいいですが、仕事で使っているパソコンはそうはいきません。システム全体と大切なデータを早急に復旧させましょう。
しかし、Windowsに装備されたバックアップや復元機能は完全ではありません。
そこでデータ復旧ソフトのWondershare社製「Recoverit」を使ってみてはいかがでしょうか。
このソフトは本来、ゴミ箱等から消失したデータを復活させるアプリですが、Windowsのバックアップ&復元を簡単な操作で行ってくれます。
通常、業者などで行うデータ復旧は、かかる時間と予算のコストを考えるとなかなか手を出し難いものです。しかし、様々なリスクを負って作業をするのは先を考えると困ります。そう考えたならばWondershare社のサイトを見てください。
購入はクレジットカード決済になりますし、その日からフルに機能を使えます。
正常にWindowsが動いている内に揃えてください。無料版もありますので、ぜひソフトをダウンロードして体験してみてください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、削除したファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

ブルースクリーン0xc0000005エラーで消えたファイルの保存先を選択

ステップ2 ブルースクリーン0xc0000005で消えたファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、ブルースクリーン0xc0000005で消えたファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

ブルースクリーン0xc0000005エラーで消えたファイルをスキャン

ステップ3 ブルースクリーン0xc0000005で消えたファイルをプレビューして復元します。

ブルースクリーン0xc0000005で消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

ブルースクリーン0xc0000005エラーで消えたファイルを復元

以上簡単な操作でブルースクリーン0xc0000005で消えたファイルが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

ブルースクリーン0xc0000005で大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windowsでブルースクリーンエラー「0xc0000005」の直し方