Windowsでのブルースクリーンエラー0x0000001eの対処方法

WindowsPCを使用する中、画面が突然青くなり、白文字が出てしまった?ご安心!本文ではブルースクリーンエラー0x0000001eが表示される原因と対策を詳しくご紹介!データ復元ソフトRecoveritをおすすめ!

Windows環境を使用する場合、エラーは非常に一般的です。Windowsユーザーとして、パソコンを利用する間に様々なエラーに遭遇したかもしれません。これらのエラーのほとんどはWindows自体が原因ではありませんが、欠陥のあるソフトウェアとハ​​ードウェアの原因です。本文ではは、ブルースクリーン0x0000001eエラーの発生原因と対処方法を詳しくご紹介します。

Part1、0x0000001eが表示されるエラーについて

パソコンの不具合で、画面が青くなってしまいエラーコードが表示されるというブルースクリーンを経験された方も多いと思います。
ブルースクリーンはパソコンに異常があると表示されるもので、メモリーの異常や不具合、ハードディスクの破損、OSの異常などで起こります。
ブルースクリーンのエラーコードは0x00000050、0x000000F2、0x0000001e、0x000000EDなど様々ありますが、これらのエラーコードが表示された場合、初心者はどうしたら良いか迷ってしまうと思われます。
エラーコードは表示されるものによって原因が分かるようになっていますが、これらの中でも「stop 0x0000001e」というエラーコードをよく見かけると思います。
0x0000001eはメモリーの異常や不具合によって起きるものとされていますが、初めてエラーコードが出た方などは対応に困ると思います。
そこで、0x0000001eが表示される原因と対処方法を紹介したいと思います。

Part2、0x0000001eのエラーコードが表示される原因

・アクセス違反や無効なメモリーアドレスが原因で0x0000001eが表示

アクセス違反や無効なメモリーアドレスが原因の場合、「STOP 0x0000001E KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED」というエラーメッセージが表示されます。
このメッセージはCPUの無効な命令をカーネルが検出した可能性があり、0x0000001eのエラーでは最も多いものと言えるでしょう。

・Windowsのシステムなどが原因で0x0000001eが表示

0x0000001eのエラーは、システムの破損やwindows10などのバージョンと互換性がない場合に起こります。
特に0x0000001e は、新しくインストールしたものがwindows7などの古いバージョンだと頻繁に起こる様です。

Part3、0x0000001eのエラーコードが表示された時の対処方法

・アクセス違反や無効なメモリーアドレスが原因で起こる場合の対処方法

まずメモリーに異常がないかを確認し、エラーメッセージで表示されているドライバを確認します。
新しいドライバが出ていれば最新のものに更新すると解決する場合がありますが、更新の際は製品をよく確認しましょう。
この方法で解決しない場合はセーフティモードでパソコンを起動させ、どのドライバが原因かを一つ一つ探していきますが、この方法は非常に手間がかかり面倒な作業と言えます。

・0x0000001eが解消されなかった場合の最終手段

0x0000001eの原因を見つけられなかった場合も考えられます。
その場合、パソコンを初期化して元の状態に戻さなくてはなりません。
パソコンの初期化は、インストールしてあったソフトなどを入れ直さなければならず非常に手間がかかります。
更に、パソコンの初期化自体の作業も手間がかかり、初心者にとっては困難な作業と言えます。
他にも、初期化するとパソコン内に入っていた画像や動画のデータなども失ってしまいます。
大事なデータは日頃からバックアップを取っておき、初期化しなければならなくなった時でも対応できるようにしておくことをおすすめします。

Part4、0x0000001eエラーでデータを失った場合ーー「Recoverit」

0x0000001eの原因は様々ですが、これらにより大事なデータやお気に入りのデータを失った方も少なからずいると思います。
データを失った場合、簡単な方法はデータを復元ソフトで元に戻すことですが、Recoveritならだれでも簡単に扱えるのでおすすめです。
このRecoveritはどのような形式のデータもほぼ完全に復元することができ、操作も簡単なので初めての方でも安心して使うことができます。
パソコン上級者の方は復元スピードも気になるところですが、Recoveritの復元速度は非常に早く、納得できるものとなっています。
そして気になるのは価格ですが、Recoveritは多くの機能を搭載しているのにもかかわらず、非常にリーズナブルなものとなっています。
使ってみたいが一歩が踏み出せないという方は、無料体験版もあるので是非試してその良さを実感してください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、削除したファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

ブルースクリーン0x0000001eエラーで消えたファイルの保存先を選択

ステップ2 ブルースクリーン0x0000001eエラーで消えたファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、ブルースクリーン0x0000001eエラーで消えたファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

ブルースクリーン0x0000001eエラーで消えたファイルをスキャン

ステップ3 ブルースクリーン0x0000001eエラーで消えたファイルをプレビューして復元します。

ブルースクリーン0x0000001eエラーで消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

ブルースクリーン0x0000001eエラーで消えたファイルを復元

以上簡単な操作でブルースクリーン0x0000001eエラーで消えたファイルが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

ブルースクリーン0x0000001eエラーで大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windowsでのブルースクリーンエラー0x0000001eの対処方法

すべての記事