USBデータ復元 - USBから消えたデータを復元
できる方法とフリーソフト

USBメモリをよく使うものだからこそ、USBのデータが破損したり、データが消えたり、トラブルを経験する方も多いのではないでしょうか?そんな時、USBメモリデータ復元ソフト「Recoverit」をおすすめ!

安全なソフトプライバシー保護 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能
内野 博

Jan 18, 2024 • カテゴリ: USB復元


Part1:USBから消えたデータを無料で復元できるソフトはありますか?

データを持ち運ぶ際、USBメモリを使えませんか?様々のメディアの中で、USBメモリは価格が非常に安価で手に入れられるので、使っている方もとても多いのではないでしょうか?

よく使うものだからこそ、USBのデータが破損したり、データが消えたり、トラブルを経験する方も多いのではないでしょうか?そんな時には、Wondershare「Recoverit」というUSBメモリデータ復元ソフトを利用して、簡単にUSBメモリのデータを復元できます。また、SDカード復元外付けHDDデータ復元もできます。

データ復元ソフト「Recoverit」は?この動画を見てみよう!

「Recoverit」はUSBデータ復元フリーソフトではないですが、500MBのデータを無料で復元できます。また復元率が業界トップなのに、有料版の料金は業界低いレベルです。

無料体験版では、USBから消えたデータをプレビュー確認ができますので、まずはお試し版を無料ダウンロードして試してみましょう。「Recoverit」でUSBのデータを復元する方法はとても簡単で、わずかの3ステップでおしまいです。

USBデータを復旧|Win USBデータを復旧|Mac

USBデータ復元ソフト「Recoverit」の特徴

Part2:USBデータ復元方法:「Recoverit」があれば超簡単

「Recoverit」でUSBメモリから削除したデータを復元する方法を紹介します。

ステップ1「外付けデバイス」にUSBメモリを選択します。

USBメモリを選んで、「開始」ボタンをクリックしてスキャンを始めます。

USBメモリを選択

ステップ2 削除したデータのスキャンをします。

USBから削除したファイルをスキャン

ステップ3 「復元」ボタンをクリックして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。復元したいファイルをクリックしてプレビューで確認します。問題がなければ「復元」ボタンをクリックし復元します。

USBメモリーを復活

上記はUSBデータ復元の手順でした。
また、このソフトを使うことで、パソコンの復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

USBデータを復旧|Win USBデータを復旧|Mac

Part3:USBメモリからデータを復元する他の方法

方法 1:「以前のバージョンを復元」機能で復元する

「以前のバージョンを復元」とは、Windowsオペレーティングシステムで提供されている機能の一つで、USBメモリ内のデータを復元する方法です。この機能を使用することで、削除されたデータや以前の状態のファイルを復元できます。具体的な手順は以下の通りです。

1. USBメモリをコンピュータに接続します。ファイルやフォルダを削除した場所(USBメモリ内)に移動します。

2. 削除したファイルやフォルダを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

「プロパティ」を選択

3. プロパティダイアログボックスで「以前のバージョン」タブをクリックします。

4. 利用可能な以前のバージョンのリストが表示され、復元したいバージョンを選択します。

復元したいバージョンを選択

6. 選択したバージョンを復元ボタンをクリックし、復元プロセスを開始します。

この方法は、Windowsのファイル履歴やシャドウコピーを使用して以前のバージョンを復元するため、削除されたデータを簡単に回復できます。

方法 2:コマンドプロンプトを活用する

USBメモリからデータを復元する際、コマンドプロンプトを活用することができます。コマンドプロンプトを使って、以下のキーワードを含めた具体的な手順を説明します。

1. USBメモリをコンピュータに接続します。「スタート」メニューから「コマンドプロンプト」または「cmd」と入力し、コマンドプロンプトを起動します。

2. コマンドプロンプトウィンドウが表示されたら、「chkdsk」コマンドを使用してUSBメモリをスキャンし、エラーを修正します。

「chkdsk」コマンドを使用

3. スキャンが完了したら、「attrib」コマンドを使用して隠しファイルやフォルダを表示し、削除されたデータを見つけます。

「attrib」コマンドを使用

4. 削除されたデータを特定したら、「copy」コマンドを使用してデータを別の場所にコピーします。

「copy」コマンドを使用

この方法により、コマンドプロンプトを利用してUSBメモリ内のデータを復元できる可能性があります。

方法 3:信頼できる専門業者に復元を依頼する(自力での復元が難しい場合)

データの復元作業が複雑で難しい場合、プロの専門家のサポートを受けることが非常に重要です。信頼できる専門業者に依頼することで、以下のような利点が得られます。

専門知識と経験: データ復元のプロフェッショナルは、さまざまなデータ損失のシナリオに精通しており、データ復元に必要な知識と経験を持っています。彼らはさまざまなデバイスやファイル形式に対応しています。

適切なツールとリソース: 専門業者は、データ復元に必要な適切なツールやリソースを持っており、高度なテクノロジーを利用してデータを回復します。

安全なデータ処理: プロの手によるデータ復元は、データの損傷や損失のリスクを最小限に抑えます。彼らはデータの安全な処理とプライバシーに注意を払います。データの紛失はしばしば緊急を要する問題です。専門業者は通常、素早い対応が可能で、重要なデータをできるだけ早く復元します。

Part4:USBメモリ復元の際の注意点

USBメモリからデータ復元する際の注意点は、以下の3つ。

どれもデータ復元の成功率を高めるための大切なポイントです。それぞれ詳しく解説します。

3-1 USBメモリ内のデータにアクセスしない

USBメモリに論理障害が発生しているとはいえ、まだUSBメモリにアクセスできる状態です。そのためパソコンに接続していると、データが上書きされる可能性があります。データを上書きされてしまうと、復元がより困難です。パソコンに接続せず専門業者へ依頼する、またはデータ復元ソフトで早急に復元しましょう。

3-2 フォーマットを変更しない

フォーマットの変更とは、簡単に言うと「初期化」のことです。データ復元したい気持ちから闇雲に操作すると、まれにフォーマットを変更してしまう場合があります。一度フォーマットを変更するとUSBメモリ内のデータはすべて失われ、データ復元は困難です。

3-3 物理障害は早急に対応する

前述でも解説したとおり、物理障害に対応できる方法はほとんどありません。重度の物理障害はなおさら難しく、時間経過とともに重症化する傾向にあります。水濡れや外的破損が見られる場合は、早急に専門業者へ依頼しましょう。

USBのデータ復元についてよくある質問

なぜUSBに保存したデータは消えますか?

誤操作、ファイルシステムの破損、USBメモリ自体の故障、ウイルスやマルウェアの感染などの原因によって、USBに保存されたデータが消えることがあります。

USBメモリが認識しない場合、どうすればいいのか。

USBメモリが認識されない場合、ファイルシステムが破損している可能性があります。その場合は、USBメモリを再フォーマットしてみます。ただし、再フォーマットすると、保存されたデータが消去されてしまうため、注意が必要です。

USBから削除したデータの復元

Recoverit - 強力なUSBデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > USB復元 > USBデータ復元 - USBから消えたデータを復元
できる方法とフリーソフト