パソコンの消えたデータを復元する方法

パソコン上の大切なデータが突然消えてしまうことや誤って削除されたことは非常に困る事態です。しかし、焦らずに復元方法を試してみることで、失われたデータを取り戻すことができることがあります。この記事では、パソコンの消えたデータを復元するための4つの方法をご紹介します。ぜひ一度お試しください。

安全なソフトプライバシー保護 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけで復元可能
内野 博

Apr 10, 2024 • カテゴリ: パソコン復元

皆さんは、パソコンのデータが突然消えたことはありませんか?例えば、間違ってデータが消してしまったり、システムの不具合でデータ消去されたことは一度はも経験したことがあるのではないでしょうか?操作ミスやパソコンのエラーで消えたデータを復元したいと思う方は、多いはずでしょう。しかし、「パソコンのデータの復元なんてやったことない…」と途方に暮れてしまう方もいるのでは?
今回は【データを復元したいけど、どうすればいいか分からない】という方に向けて、パソコンの消えたデータを簡単に復元する方法について紹介します。


Part1:ゴミ箱からパソコンの消えたデータを復元

誤ってパソコンのデータを削除してしまった場合は、すぐにゴミ箱を確認しましょう。パソコンで削除したデータはゴミ箱へと送られるので、完全にデータを削除しない限りゴミ箱から復元する事ができます。

ゴミ箱からパソコンのデータを復元する手順は簡単で、デスクトップのゴミ箱を開いて、復元するデータを右クリックして「元に戻す(E)」を選択すればいいです。これで、削除したデータが元の場所に復元できます。

ゴミ箱からパソコンのデータを復元

しかし、「Shift」+「Delete」で削除したデータは、ゴミ箱に送られないため上記手順では復元できないので注意が必要です。

Part2: 専用のデータ復元ソフトRecoveritを利用する

上記で紹介した方法を使えば、一部のパソコンから消えたデータを復元できます。しかし、データがパソコン上から完全に削除されている場合では、上記の手順では復元できる確率は大きく下がってしまいます。そこで、データ復元ソフトRecoverit(リカバリット)を使用すれば、データが完全に削除されてしまっても復元することができます。

2003年に創立したWondershare社が開発したデータ復元ソフトRecoverit(リカバリット)は、
・誤操作
・システムのエラー
・ウイルスの感染
など、様々な原因でパソコンから消えたデータを簡単かつ安全に復元できます。

復元ソフトと聞くと、「難しい操作が必要なのかな…?」と思いがちですが、「Recoverit」はたった3ステップだけでデータを復元できます。初心者の方でも操作に迷う事はないので、安心です。無料版では消えたデータが復元できるか確認が出来ますので、まず無料版をダウンロードしてデータが復元できるかチェックしてみてはいかがでしょうか?

パソコンのデータを復元|Win Windows版 パソコンのデータを復元|Mac Mac版

下記の操作に従って、簡単に消えたデータを復元できます。パソコンやソフトに慣れていない初心者でも、Recoveritの画面を見るだけでパソコンの消えた画像、音楽、動画、ドキュメント、メールなどを復元できます。さっそく、自分で操作してみましょう。

ステップ1消えたファイルの元の保存場所を選択します。

パソコンからRecoveritを起動します。起動できた後、下記の製品画面で、消えたファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「開始」をクリックします。

場所を選択

ステップ2 消えたファイルのデータをスキャンします。

そうするとRecoveritは自動的にデータのスキャンをスタートします。

ファイルをスキャン

ステップ3スキャンしたファイルをプレビューして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。「復元」ボタンをクリックするとデータを復元します(一部のデータはプレビューできます)。

ファイルを復元

消えたファイルをプレビューで確認して復元すれば完了となり、非常に簡単な操作となっています。
また、このソフトを使うことで、パソコンから消えたデータの復元だけではなく、SDカード外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

Part3:「以前のバージョン」を使ってパソコンの消えたデータを復元

ファイル名が分からない、もしくはデータがいつ削除されたか分からなくなった場合は「以前のバージョン」を使って復元しましょう。
「以前のバージョン」では、パソコンから消えたデータを時間で選択して復元できるので、初心者の方や操作に不安な方でも安心して復元する事が可能です。

手順1.まず、エクスプローラを開き、データが消えたフォルダを探してください。

手順2. データの消えたフォルダを右クリックし、「以前のバージョンの復元」タブを選択します。ここでは例として「デスクトップ」というファイルを選択します。

以前のバージョンの復元

手順3. 以前のバージョンのリストが表示されますので、消えたデータが存在していた時点のバージョンを選択して「復元」ボタンを押して、データを復元します。

「復元」ボタンを押す

復元が完了すると、そのフォルダ内に消えていたデータが復元されます。

注意点:「以前のバージョン」機能は、Windowsのシステムリストアポイントが有効になっている場合に利用できます。この方法は、消えたデータが復元できる確率が高いですが、常に成功するわけではありません。データの重要度に応じて、定期的なバックアップをお勧めします。

Part4:システムの復元ポイントからパソコンのデータを復元

Windowsの「システムの復元」機能を使って、コンピューターのシステムファイルや設定を特定の時点に戻すことができます。これにより、間接的にパソコンのデータを復元できるようになることが可能です。しかし、この機能が個別のユーザーデータの復元には直接適用されないため、データが消えた原因がシステムの問題や不具合でない場合は、効果は期待できません。そして、システムの復元を実行すると、復元ポイント以降にインストールされたプログラムやシステム変更が失われることがあります。具体的な操作は下記の通りです。

手順1.デスクトップ画面の左下にある検索ボックスに「復元」と入力して「復元ポイントの作成」を選択します。

復元ポイントの作成

手順2.「システムの保護」タブから「システムの復元」にアクセスします。

システムの復元

手順3.「次へ」を選択し、システムの復元を進行します。

システムの復元を進行

手順4.保存している復元ポイントを選択し、「次へ」を選択します。

復元ポイントを選択

復元ポイントを確認

手順5.最終確認「いったんシステムの復元を開始したら、中断することはできません。続行しますか?」が表示するため、「はい」を選択します。

システムの復元を開始

手順6.しばらくするとパソコンが再起動し、システムの復元が完了です。

→関連記事: 【Windows10/11】復元ポイントを作成してシステムを復元する方法

SDカード復元ソフト

Recoverit - 強力なパソコンデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > パソコン復元 > パソコンの消えたデータを復元する方法