Windowsでのstopコード「0x00000024エラー」への対処方法

WindowsPCを使用している中、画面がいきなりブルーになってしまったらどうしよう?さて、本文ではstopエラーコード「0x00000024」の発生原因と対処方法を詳しくご紹介!データ復元ソフトRecoveritをおすすめ!

パート1.はじめに(不具合発生)

ブルースクリーンになってしまうと、お使いのパソコンにトラブルが発生したことを表しています。しかし、ブルースクリーンだけでは原因を特定することは、いかにパソコンに詳しい人でも、困難な作業かと思います。そこでブルースクリーンにSTOPコードが表示されていると原因を特定でき処置することが容易になります。
ただパソコンに詳しい人が対応することをお勧めします。パソコンの専門用語がかなりあるためです。
何はともあれSTOPコード番号は沢山あります。必ず控えておくことです。後々対応するためには必要になるキーワードです。
今回はSTOPコード0x00000024の番号が表示された時の対応方法を紹介します。

0x00000024エラー

パート2.stopコード:0x00000024 win7で発生する原因

ブルースクリーンの中にSTOPコードで 0x00000024のエラーがwindows7を使っているときに出た場合はNTFSファイルで問題が起きていると思われます。もちろんサポートやアップデート等の配信は現在ありませんが、0x00000024では xpでも同様に出ます。

それではstopエラーの停止コード0x00000024で考えられる原因をチェックしてみましょう。
以下に3つほどあります。

① ディスクでのデータの破損が考えられます。

② メモリーでのデータの破損が考えられます。

③ メモリー不足の状態でもシステムが実行されていると考えられます。

Ntfs.sysファイルは何かというと、NTFS パーティションの読み取りや書き込みを行うためのドライバファイルのことを言います。
NTFSファイルシステムの破損やHDDの破損なども同じ原因になる可能性が考えられます。

ntfs_file_systemエラー表示でも同様に、ハードディスク・ドライブが壊れていることがありえます。

パート3.stopコード:0x00000024エラー表示の時の直し方

ブルースクリーンでSTOPコード番号0x00000024が表示したら下記のコマンドを実施してみることをお勧めします。もしかしたらチェックディスクだけで直るときがあります。

3-1 CHKDSKを使用する

ハードドライブの問題は、コンピュータのブルースクリーンエラー0x00000024のような問題の最も基本的な発生原因です。したがって、これらの種類の問題を解決しようとする場合は、整合性をチェックすることが不可欠です。

    • Windowsの[スタート]をクリックし、[実行]を選択します。
    • 空白のフィールドに「cmd」と入力し、[OK]を選択します。
    • 「chkdsk drive:/ f」と入力します。
    • Enterキーを押して確認します。

3-2 破損したドライバーを更新する

ブルースクリーンエラーに直面している間、それはシステム内のドライバで行われた可能性のある破損をチェックすることが重要です。この問題に苦しんでいる場合、ドライバーを通常の生活に向かわせるためにいくつかの対策を実行することは確実です。PCで破損したドライバーを更新するためのガイドがあります。以下が手順です。

    • [スタートメニュー]をクリックし、[デバイスマネージャ]を選択します。
    • マウスを右クリックして、ハードディスクドライブのエラーを確認します。
    • エラーチェックセクションにある[今すぐチェック]ボタンを選択します。
    • ファイルシステムエラーを自動的に修正するオプションがあります。

上記を実行してもどうしても回復しない時は、HDDの交換作業が必要になる場合があります。交換作業後はリカバリ作業も必要になります。
しかし、初心者の方が行うのはリスクが高いと思います。
その場合は業者などにエラーの停止コードを伝えて回復してもらう方が無難かと思います。
どうしても、トライしてみたいと思った方は他のPCやスマホでHDDの交換方法など書いてあるWEBを参考にしてみるといいかもしれません。

0x00000024と表示されていますが一般的に0x24といった略称で呼ぶ場合もありますので念のために参考に書き留めておきます。

パート4.stopコード:0x00000024で消えてしまったデータをWondershare社のRecoveritソフトで復元

ブルースクリーンエラー0x00000024の発生で、パソコンでの貴重なデータ/ファイルが消えてしまう可能性があります。そのため、念のために、強力的なデータ復元ソフトRecoveritを備えましょう。データ復元ソフトRecoveritはOSのWindowsとMacのいずれの場合でも、選んでダウンロードが可能です。PC、HDD、SDカード、USBメモリーなど、あらゆるデバイスから、誤削除のファイルや、写真、ビデオ、オーディオ、Eメールなどを簡単に復元可能のソフトです。

17年間の研究開発歴史があり、世界中の500万ユーザーからダウンロードして愛用されている復元ソフトなので、、安心してお使いいただけると思います。
ぜひ、無料版をダウンロードして体験してみましょう。動作に問題がなければ、有料版にアップグレードしてみてはいかがでしょうか。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、削除したファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

ブルースクリーンエラー0x00000024で消えたファイルの保存先を選択

ステップ2 ブルースクリーンエラー0x00000024で消えたファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、ブルースクリーンエラー0x00000024で消えたファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

ブルースクリーンエラー0x00000024で消えたファイルをスキャン

ステップ3 ブルースクリーンエラー0x00000024で消えたファイルをプレビューして復元します。

ブルースクリーンエラー0x00000024で消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

ブルースクリーンエラー0x00000024で消えたファイルを復元

以上簡単な操作でブルースクリーンエラー0x00000024で消えたファイルが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、外付けHDDの復旧USBデータ復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

ブルースクリーンエラー0x00000024で大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windowsでのstopコード「0x00000024エラー」への対処方法