【Windows】パソコン画面が真っ白になった!
その原因と対処法は?

Windowsのパソコンを使っている時に、突然画面が真っ白になってしまった…という経験がありませんか。この場合、どうすればいいでしょうか。今回はWindowsのパソコン画面が真っ白になったときの原因と対処法を紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

Windowsのパソコンを使っていると、突然画面が真っ白になることがあります。画面が真っ白になるときは、システム上かデバイスの接続状態どちらかに問題があるかもしれません。

このページではWindowsのパソコン画面が真っ白になったときの原因と対処法を紹介します。

Part1.パソコン画面が真っ白になった原因

Windowsのパソコン画面が真っ白になったときは、以下の原因が考えられます。

発熱による暴走

ありがちな原因は、本体の発熱による暴走です。パソコン本体が熱くなり内部に熱がこもると、暴走して画面が真っ白になることがあります。
パソコンの熱暴走は以下の状況で起こりやすいです。

本体が帯電している

パソコンを作動時間が長くなったり、内部にほこりがたまると本体が帯電して不具合を起こす場合があります。定期的にパソコンの電源を切っていても、コンセントを抜かない状態を続けると電気が溜まり帯電による不具合が起きるので要注意です。

ケーブルの故障や不具合

デスクトップPCを利用している場合、本体とディスプレイをつなぐケーブルに何かしらの不具合が起きているかもしれません。ケーブルは消耗品なので、長く使い続けると断線する可能性が高くなります。

デバイスドライバーの不具合

パソコンで利用するディスプレイは、WIndows10のシステム上でデバイスドライバーが動作してはじめて機能します。そのため、パソコンの画面が真っ白になったときはデバイスドライバーに不具合が発生しているかもしれません。

本体や内部パーツの故障

パソコンを使っている期間が長い場合、本体や内部パーツの故障も疑わなければいけません。
パソコンのディスプレイはマザーボードをはじめとした複数の内部パーツが動作することで映し出されます。ディスプレイに関するパーツが1つでも故障すると、画面は正しく表示されません。

Part2.パソコン画面が真っ白になった場合の対策

Windowsパソコンの画面が真っ白になったときは、以下の方法で対処してみましょう。

デスクトップ画面を表示できるか試す

パソコンの画面が真っ白になったときは、まずデスクトップ画面を表示できるか試してみましょう。デスクトップ画面が表示できるかは以下の方法で確認できます。

  1. 同時に「Ctrl」キーと「Shift」キーと「Esc」キーを押す
  2. タスクマネージャーが表示されるか確認
  3. 「ファイル」を左クリック
  4. 「新しいタスクの実行」を左クリック
  5. 「新しいタスクの作成」の画面で「explorer.exe」と入力
  6. 「OK」を左クリック

タスクマネージャーが表示されない場合、パソコンを強制終了して他の方法を試してみましょう。デスクトップ画面が表示できたとしても、一度電源を落として他の対処法を行うのが望ましいです。

本体の放電

パソコンの画面が真っ白になったときは、まず電源を落として放電をしましょう。

基本的には本体をコンセント外して電気が供給されない状態にして、5分以上時間が経てば放電は完了です。ただし、パソコンによって放電方法が違う場合があるので、メーカーの公式サイトも確認しておきましょう。

外付けデバイスを取り外す

利用している外付けデバイスが不具合を招いて、画面が真っ白になっている可能性もあります。そのため、再びパソコンの電源を入れるときはすべての外付けデバイスを取り外した状態にしてみましょう。
パソコンの電源を入れて問題がなければ、再度外付けデバイスを接続して様子を見てください。

パソコンの清掃

パソコン内部の清掃もやっておきたい対策です。
パソコンは冷却ファンが作動することで熱が排出されます。内部にほこりがたまると排気口がふさがり、熱がこもってしまいかねません。そのため、パソコン内部にたまっているほこりは取り除いておきたいところです。

BIOSの初期化

BIOSの設定やバージョンアップが原因で、パソコンの画面が真っ白になる場合もあります。そのため、以下の手順でBIOSを初期化させるのも1つの方法です。

  1. メーカーの定めた方法でBIOS画面を表示する
  2. F9キーを押す
  3. 「Load Optimized Defaults?」と表示されるのを確認
  4. 「Yes」を選択してEnterキーを押す
  5. F10キーを押す
  6. 「Save configuration and reset?」と表示されるのを確認
  7. 「Yes」を選択してEnterキーを押す

BIOS画面の表示方法はパソコンの種類ごとに違うので、メーカーの公式サイトで確認してください。

パソコンの画面が真っ白になった時の対処法は、以下の動画でもご覧できます。

recoverit

Wondershare Recoveritで削除されたファイルを復元する

ガイド>

Part3.画面真っ白現象で消えたデータの復元

パソコンの画面が真っ白になると、必要な保存データが消える恐れがあります。Windows10には消えてしまったデータを復元する機能が搭載されていないので、消えてしまったデータの復元は極めて困難なものです。しかし、Wondershareの「Recoverit」があればたったの3ステップで、データを復元できます!

ユーザーにとって使いやすい操作画面は復元のプロセスをより簡単なモノにした。Recoveritがあれば、様々な端末から消えてしまったあらゆる形式なデータを復元できるようになります。対応のファイル形式は1000種類以上あり、復元できないデータはゼロに近いです。

大切な思い出を復元したい人にオススメしたいほど安心できる「Recoverit」データ復元ソフト。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」でパソコンから消えたデータを復元する手順です。

ステップ1 消えてしまったファイルの元の保存場所を選択します。

Recoveritを起動します。起動できた後、下記の製品画面で、消えたファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「開始」をクリックします。

場所を選択

ステップ2 消えたファイルのデータをスキャンします。

そうするとRecoveritは自動的にデータのスキャンをスタートします。

ファイルをスキャン

ステップ3 スキャンしたファイルをプレビューして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。「復元する」ボタンをクリックするとデータを復元します(一部のデータはプレビューできます)。

ファイルをプレビュー

消えたファイルをプレビューで確認して復元すれば完了となり、非常に簡単な操作となっています。
また、このソフトを使うことで、誤って削除した復元だけではなく、SDカード外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

SDカード復元ソフト

Recoverit - 強力なパソコン復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > 【Windows】パソコン画面が真っ白になった!
その原因と対処法は?