Windows10でファイルシステムエラーが出る原因と修復方法

Windows10で画像やファイルを開けようとすると、「ファイルシステムのエラーです」と表示され、ファイルを開けないこともあります。本記事では、その原因と対処法をご説明します。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップだけ復元可能

長い間に渡ってWindows10パソコンを使っていると、「ファイルシステムエラーのエラーです」と表示されることがあります。ファイルシステムエラーが出るときは、Windows10のシステム上に問題が起きている可能性が高いです。このページですWindows10でファイルシステムエラーが出る原因と、その修復方法を紹介します。

Part1:Windows10でファイルシステムエラーが出る原因

Windows10でファイルシステムエラーが出る原因は、パターンによって違います。ファイルシステムエラーの種類を把握すると、具体的な原因予測が可能です。

1)ファイルシステムエラーの種類

Windows10のファイルシステムエラーには4つの種類があり、それぞれで発生するときの状況が異なります。

ファイルシステムエラーの種類

発生する状況

-2018375670

Windows10でシステムエラーが発生しているとき

-805305975

特定のファイルを開くとき

65535

フォルダの作成、ファイルやフォルダの削除をするとき

-1073741819

パソコンにプログラムをインストールするとき

ファイルシステムエラーが発生したときに表示されるコードが原因を探るヒントになります。

2)ファイルシステムエラーが出る原因

ファイルシステムエラーの種類ごとに発生する原因をまとめました。

ファイルシステムエラーの種類

エラーの原因

-2018375670

・システムファイルの破損や不一致

・マルウェアやウイルス感染

・競合するアプリケーションの干渉

・ドライバーのバージョンが古い

・セクターの不良

-805305975

・ファイルシステムの破損

・セクターの不良

65535

・ファイルシステムの破損

・セクターの不良

-1073741819

・システムファイルの破損や不一致

・セクターの不良

可能性が高いのはWindows10のシステムファイル、およびデータのファイルシステムの破損です。セキュリティソフトが2つインストールされていて、システムエラーを招く場合もあります。

Part2:Windows10でファイルシステムエラーを修復する方法4つ

Windows10でファイルシステムエラーが発生したときは、下記の方法でシステムの修復を試みてみましょう。

ドライブをスキャンして修復する

最初はパソコンのドライブをスキャンして、エラーのチェックと修復を試みてください。Windows10では以下の手順でドライブのスキャンと修復を行えます。

  1. スタートボタンを左クリック
  2. 「Windowsシステムツール」を左クリック
  3. 「PC」を左クリック
  4. 「ローカルディスク」を右クリック
  5. 「プロパティ」を左クリック
  6. プロパティのウィンドウで「ツール」のタブを左クリック
  7. 「エラーチェック」の項目にある「チェック」を左クリック
  8. 表示される「エラーチェック」の画面で「ドライブのスキャン」を左クリック

以上の手順を行うと、ドライブのスキャンと修復が行われます。

コマンドプロンプトを使う

コマンドプロンプトを使って、以下の手順でファイルシステムの修復を試みるのも1つの方法です。

  1. スタートボタンを左クリック
  2. 「Windowsシステムツール」を左クリック
  3. 「コマンドプロンプト」を左クリック
  4. コマンドプロンプトの画面で末尾に「sfc /scannow」と入力してEnterキーを押す

この方法を使って警告が出ずにファイルシステムエラーが出なくなればOKです。

「修復できませんでした」と表示されたら、画面の末尾に「Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」と入力してEnterキーを押してください。その後に「~修復できます」と表示されたら、画面末尾に「Dism /Online /Cleanup-Image /Restorehealth」と入力してEnterキーを押しましょう。無事にシステムが復元出来たら「復元操作は正常に完了されました」と表示されます。

「復元操作は正常に完了されました」と表示されたら、最初に行った下記の手順を再度行ったうえでパソコンを再起動してください。

  1. スタートボタンを左クリック
  2. 「Windowsシステムツール」を左クリック
  3. 「コマンドプロンプト」を左クリック
  4. コマンドプロンプトの画面で末尾に「sfc /scannow」と入力してEnterキーを押す

ウイルスの除去

ファイルシステムエラーが発生したときは、パソコンがマルウェアやウイルスに感染している可能性もあります。ですので、セキュリティソフトを利用してウイルスの除去もしておきましょう。

不良セクターのチェック・修復をする

システム上で不良セクターが発生している可能性もあるので、こちらのチェックや修復も選択肢に入ります。不良セクターのチェック・修復は下記の手順で可能です。

  1. Windows10修復用ディスクをパソコンにセット
  2. パソコンを起動する
  3. BIOS設定に入る
  4. ブートの順番でパソコンにセットしているメディアの種類を1位に変更する
  5. パソコンを再起動させる
  6. 表示されるWindowsセットアップ画面で「コンピューターを修復する」を左クリック
  7. 「トラブルシューティング」を左クリック
  8. 「詳細オプション」を左クリック
  9. 「コマンドプロンプト」を左クリック
  10. コマンドプロンプトの画面で末尾に「chkdsk C: /f /x /r」と入力してEnterキーを押す

Part3:ファイルシステムエラーで消えたデータを復元する

Windows10のファイルシステムエラーに対処するときは、大事なデータを消失するリスクが伴います。Windows10には消失したデータを復元する機能はありません。しかし、WondershareのRecoveritを使うと、失ったデータを取り戻せます。100種類以上のファイル形式に対応しており、操作は簡単なのでパソコン初心者の人でも安心です。

 500万以上のユーザーに利用されていて、160を超える国で販売されており実績も申し分ありません。ソフトの開発には17年以上の月日が費やされているので、復元精度の高さは良好です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Recoveritで誤って削除したデータを復元する手順

ステップ1 消えたファイルの元の保存場所を選択します。

Recoveritを起動します。起動できた後、下記の製品画面で、消えたファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「開始」をクリックします。

場所を選択

ステップ2 消えたファイルのデータをスキャンします。

そうするとRecoveritは自動的にデータのスキャンをスタートします。

ファイルをスキャン

ステップ3 スキャンしたファイルをプレビューして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。「復元」ボタンをクリックするとデータを復元します(一部のデータはプレビューできます)。

ファイルを復元

消えたファイルをプレビューで確認して復元すれば完了となり、非常に簡単な操作となっています。
また、このソフトを使うことで、誤って削除した復元だけではなく、SDカード外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

SDカード復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windows10でファイルシステムエラーが出る原因と修復方法