失った大切なパワーポイント(PowerPoint)を復元・復旧する方法

時間をかけて作成したPowerPointを削除してしまった、もしくはフリーズしてしまった、間違えて上書き保存してしまった経験はありませんか?今回は、そんなお悩みを解決する削除・上書き保存してしまったPowerPointの復元する方法についてご紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけで復元可能

近年はパソコンの普及により会社の会議や大学の授業等で、プレゼンテーションの資料作成にPowerPointがよく使われています。パワーポインの使い方に詳しい方が多くなっておりますが、時間を掛けて苦労して作成されたPowerPointのファイルがパソコンで応答なしフリーズして消えてしまう経験があるでしょうか…なぜパワーポイントは消えてしまうでしょうか、復元したいならどうやって復元しますでしょうか。本文では、そんなお悩みを解決する削除・上書き保存してしまったPowerPointの復元する方法についてご紹介します。

Part1:パワーポイントファイルが消えた原因

PowerPointが消えて無くなる原因は色々あるかと思います。その多くは予期せぬ誤操作による削除や、保存を忘れてパソコンを終了してしまうからです。またファイルを間違って上書きしてしまう事も考えられます。 他にもPowerPointのデータをパソコンからメディア機器に移す時に、予期せぬトラブルで保存せずに消えて見つからなくなる事が考えられます。また作成中にパソコンの電源が切れたら最悪でしょう。 しかしこのような事態が起こっても幾つかの対処法があります。

Part2:あなたのパワーポイントは復元できる方法4選!

削除・上書き保存してしまったPowerPointを簡単に復元できる方法をご紹介します。

一つ目は、PowerPointの標準機能を利用する方法です。

この機能は、保存せずに閉じてしまったPowerPointを復元できる機能です。以下の手順に従って操作してください。

1.PowerPointを開き、「ファイル」タブをクリックする。
2.「情報」を選択し、「プレゼンテーションの管理」をクリックする。
3.「保存されていないプレゼンテーションの回復」をクリックする。
4.「ファイルを開く」画面で、復元したいファイルを選択する。

パワーポイントファイルを復元

二つ目は、「以前のバージョンの復元」を利用する方法です。

「以前のバージョンの復元」を利用して上書きされたパワーポイントファイルを復元することも可能です。しかも、操作は非常に簡単です。

1.上書きされたパワーポイントファイルを右クリックして、「以前のバージョンの復元」をクリックする。

パワーポイントファイルを復元

2.復元したいファイルを選択して、「復元」をクリックする。

三つ目は、Windowsの標準機能を利用する方法です。

Windows7やWindows10には、削除してしまったファイルを元に戻す事が出来る機能があります。この機能は、削除したデータを復元したり、データを以前の状態に戻すことができる機能です。Windows7とWindows10では操作方法や機能が多少違うものの、以下のWindows10の手順を紹介します。

1.「スタート」から「設定」をクリックし、「システム」を選択する。

パワーポイントファイルを復元

2.一番下の「詳細情報」をクリックし、「システムの保護」を選択する。

パワーポイントファイルを復元

3.システムのプロパティ画面で、「システムの復元」をクリックすると復元が開始する。

パワーポイントファイルを復元

保存せずに閉じた/削除したパワーポイントファイルを復元する操作手順を知りたい方、ぜひ下記の動画をご覧ください!

recoverit

Wondershare Recoveritで削除したファイルを復元する

ガイド>

四つ目は、専用のデータ復元ソフトを利用するーー「Recoverit」

今までご紹介した方法でデータ復元できなかった場合、データ復旧業者かデータ復元ソフトを利用する必要があります。データ復旧業者を利用する場合、まず店舗へ行かなければならないかつ、費用が高価です。すぐにデータを復元したい、もしくはなるべく安く済ませたい方には、あまりおすすめできません。逆に、データ復元ソフトならダウンロード後すぐに復元でき、費用も安く抑えられます。コスパ良くデータを復元したい方には、データ復元ソフトがおすすめです。データ復元ソフトはいくつかありますが、おすすめは「Recoverit」です。Wondershareが開発した「Recoverit」は、17年の研究開発、世界で500万人のユーザーに利用されているデータ復元ソフトです。もちろんPowerPointも復元可能です。PowerPointなどのドキュメントだけではなく、写真、動画など1000種類以上のファイル形式を対応でき、3ステップだけの操作でとても簡単です。ぜひおためしてくださいね~

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Part3:「Recoverit」を使ってパワーポイントを復元する手順

step1. PowerPointの保存場所を選択する

「Recoverit」を起動して、失われたPowerPointの保存場所を選択して、クリックします。

削除してしまったPowerPointの元の保存場所を選択

step2. スキャンが開始する

選択した保存場所のスキャンが開始されます。スキャンが完了すると、結果がファイルの種類によって表示されます。

パワーポイントの保存デバイスをスキャン

step3. PowerPointを復元する

復元したいPowerPointにチェックをして、「復元する」をクリックします。復元したいPowerPointは、復元前にプレビューして確認することが可能です。復元するPowerPointの保存場所を選択すれば、完了です。(オリジナルファイルと同じ場所に保存しないでください。)

パワーファイルをプレビュー

削除・上書き保存してしまったPowerPointは復元できましたか?「Recoverit」は、PowerPointだけでなく写真や画像、動画、ドキュメント、音楽など1000形式以上のファイル形式のデータを復元することが可能です。無料体験版もありますので、試しに利用してみてはいかがでしょうか?

パワーポイント復元ソフト

Recoverit - 削除したパワーポイントを簡単に復元

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > ファイル復元・修復 > 失った大切なパワーポイント(PowerPoint)を復元・復旧する方法