データの紛失または誤削除された状況は珍しいことではありません。PC用のRecoverit データ復元ソフトは、Windowsパソコンのハードドライブ、デスクトップ、ごみ箱、外付けデバイス、さらにクラッシュしたパソコンなど、さまざまなストレージデバイスにある1000種類以上の形式のデータを復元するのに役立ちます。また、あなたの失われたビデオを取り戻すために高度ビデオ復元という専用の機能を提供します。さまざまなシナリオで破損したビデオを修復できるビデオ修復ツールも含まれています。


HDDから削除したデータを簡単に復元する方法|Recoverit 9.0新バージョン発表

Wondershare Recoverit でデータを復元する


1. WindowsでRecoveritを起動する

ファイルを復元するには、パソコンでRecoveritを起動する必要があります。

WindowsでRecoverit データ復元ソフトを実行するには、デスクトップの「Wondershare Recoverit」アイコンをダブルクリックしてください。

Recoveritがデスクトップにない場合は、Windowsパソコンの検索ボックスに「Recoverit」を入力してください。次に、出てきたアプリをクリックして、「開く」を選択します。下の画像はWindows 10の例です。

run recoverit

2. Windowsパソコンからデータを復元する

パソコンでデータを復元するには、次の3つの手順に従ってください。

  • 復元場所を選択
  • 復元場所をスキャン
  • ファイルをプレビューと復元

ステップ1復元場所を選択

  • パソコンでのデータを復元するには、紛失したデータの元保存の場所を選択する必要があります。
  • ここでは、「HDD」タブでハードディスクを選択するか、[場所]タブでデスクトップを選択してください。
  • 「開始」をクリックして、選択した場所をスキャンし始めます。
select a location

ステップ2復元場所をスキャン

Recoveritは失われたデータのスキャンが始まります。通常、スキャンが完了するまで数分かかります。サイズの大きいファイルが多数存在する場合は、数時間かかる場合があります。ご了承ください。

scan the location

スキャンプロセス中に、ファイルを特定したり、スキャンを停止したりすることもできます。

紛失または削除されたビデオを探している場合は、メイン画面にある「高度ビデオ復元」オプションを選択できます。それをクリックしてディープスキャンを実行し、ビデオを広範囲で探します。本ページの後半で、高度ビデオ復元機能について詳しく知ることができます。

1スキャン中にファイルを特定する

スキャン中に、表示するファイルをフィルタリング、選択、および特定することは可能です。方法は「ファイルパス」と「ファイルタイプ」をクリックすればいいです。ちなみに、フォルダー詳細を確認するには、右矢印をクリックします。

ファイルパスは、データを保存するためのパソコンのルートです。たとえば、「C:\ Program Files \ Wondershare \ Wondershare Recoverit Pro \ log」です。

ファイルタイプは、データのタイプ・形式です。ファイルの種類は、写真、ビデオ、オーディオ、ドキュメント、Eメール、データベース、Webファイル、アーカイブ、その他、拡張子が無いファイルです。簡単に言えば、ファイル形式は、JPG、PNG、MP3、MP4、XLSX、DOCXなど、さまざまなタイプのファイルの特定の拡張子です。

スキャン結果が圧倒的で多くのファイルを取得した場合は、右側のフィルターを使用できます。タイプ、ファイルサイズ、変更日、その他の機能に基づいて抽出されたファイルをフィルタリングして、結果を絞り込むことができます。

files filter
  • ファイル表示: すべてのファイルまたは削除されたファイルのみを表示する
  • ファイル種類: 写真などの特定のファイルの種類の結果をフィルター処理するか、各種類のファイルをすべて表示する
  • システムファイル: システムファイルを表示するか非表示にする機能を切り替える
  • ファイルサイズ: すべてのサイズかサイズを特定するのか(100M-500Mなど)にかかわらず、表示できる
  • 変更日: ファイルが変更された特定の日付でファイルをフィルタリングできる

2スキャンを一時停止または停止する

選択した場所で失われたデータのスキャンを開始した場合でも、いつでも一時停止または停止できます。一時停止ボタンをクリックしてスキャンを一時停止しpause the data recovery、再生ボタンをクリックした後に処理を続行できますcontinue data recovery

必要なものが見つかった場合は、停止ボタンをクリックして、いつでもプロセスを停止できますstop data recovery

ステップ3 ファイルをプレビューして復元する

Recoveritを使用すると、ユーザーは、復元手順に進む前に復元可能なファイルをプレビューできます。ターゲットファイルを選択し、「復元」ボタンをクリックしてファイルを取り戻します。

1 スキャン後にファイルをプレビューする

Recoveritユーザーは、ファイルをクリックしてデータをプレビューできます。サムネイルが右側のパネルに表示されます。

また、「プレビュー」ボタンのクリック、ファイルをダブルクリックすることにより、プレビューウィンドウがポップアップします。

さらに、ファイルをクリックすると、ファイル名、ファイルサイズ、ファイルパス、変更日など、ファイルに関するいくつかの情報が表示されます。

Recoveritは、そのインターフェイスで写真の幅広いプレビューを提供します。インターフェースには、下部に参照用に他の似っている写真も表示されます。さらに、写真を全画面で表示したり、拡大、縮小、回転したりすることもできます。

recover files back

Recoveritは、画像、ビデオ、オーディオ、Outlookメール、ドキュメントなど、ほとんどすべての一般的なタイプのファイルのプレビューをサポートしています。

  • 写真をプレビューする
  • preview a photo
  • ビデオをプレビューする
  • preview a video
  • オーディオファイルをプレビューする
  • preview an audio
  • PowerPointファイルをプレビューする
  • preview a ppt
  • Wordファイルをプレビューする
  • preview a word
  • Excelファイルをプレビューする
  • preview an excel
  • PDFファイルをプレビューする
  • preview a PDF

ファイルをプレビューできない場合は、次の操作ヒントを提供されます。それに従って、問題を修正してください。

2 Windowsパソコンからファイルを復元する

ファイルを確認し、必要なものであるかどうかを確認したら、Recoveritを使用してファイルを復元できます。

「復元」ボタンを直接押して失われたデータを取り戻し、復元されるファイルの保存先を選択します。

使用上のご注意:データを削除または紛失したハードディスクにファイルを保存しないでください。

save recovered files

: この手順は、Windowsパソコンの内蔵ハードドライブからデータを復元するためのものです。ごみ箱、外付けデバイス、またはクラッシュしたパソコンからデータを復元する必要がある場合は、以下の内容を読んでください。

3.高度ビデオ復元を実行する

このアプリケーションは、ディープビデオスキャン機能を利用して、広範囲で複雑なビデオをスキャンして復元できます。

ステップ1「高度ビデオ復元」を選択します

「高度ビデオ復元」はソフトのメイン画面の右下にあります。

advanced video recovery

機能をクリックすれば、ディスクとフォーマットの選択画面がポップアップされます。コンピューターディスクを選択して、復元されたいビデオ形式を選択してから「開始」ボタンをクリックします。

click advanced video recovery

高度ビデオ復元でスキャンが始まりますと、次の画面が表示されます。

start advanced video recovery

ステップ2 ビデオのディープスキャンを実行する

すべてのビデオクリップを見つけて結合するには、2~3回のスキャンが必要です。少々お待ちください。スキャン結果を表示し、いつでも一時停止/停止できます。特定のファイルを検索し、使用可能なフィルターを使用してスキャンを絞り込むこともできます。

advanced video recovery scan

ステップ3 プレビューと復元

アプリケーションは高度ビデオ復元の結果を表示し、それらをプレビューできます。保存したい動画を選択し、「復元」ボタンをクリックします。これにより、参照ウィンドウが開き、ビデオファイルを保存する場所を選択できます。元の場所ではなく、安全な別の場所に保存することをお勧めします。

advanced video recovery scan

4.空になったごみ箱からファイルを復元する

「削除」オプションを選択してパソコンからファイルを削除するたびに、ファイルがごみ箱に移動されます。ゴミ箱にあるファイルは、内蔵/外付けハードドライブ、パーティション、セクターなどを含むパソコンのさまざまなソースからのものです。

ごみ箱から完全に削除または空にされたデータを復元するために、パソコン全体をスキャンすると、スキャン時間が非常に長くなります。

そのため、スキャン時間を節約するために、ごみ箱の復元は2つのスキャンモードがあります。標準スキャンとディープスキャンがあります。標準スキャンで何も見つからない場合は、ディープスキャンモードに切り替えることができます。ディープスキャンは、失われたデータを深く検索します。

ステップ1 ごみ箱を選択します

ごみ箱を復元したり、空になったごみ箱を復元したり、パソコンで完全に削除されたファイルを取得したりするには、ターゲットの場所として「ごみ箱」を選択する必要があります。

select the recycle bin

ステップ2 ごみ箱をスキャンする

前述のように、ごみ箱からファイルをスキャンして回復するには、2つのスキャンモードがあります。

1 標準スキャンモード

ごみ箱からファイルを検索するために、標準スキャンが自動的に開始されます。通常、標準スキャンは消えたデータの復元ニーズを満たすことができます。

scan recycle bin

2 ディープスキャン

標準スキャンの後で、希望する結果が得られない場合は、ディープスキャンモードを使用して、ごみ箱から失われたデータをさらに掘り下げることができます。

deep scan the recycle bin

スキャン中に、左側のバーのファイルタイプカテゴリからファイルをフィルタリングできます。同じように、いつでもスキャンプロセスを一時停止または停止するように選択できます。

より良いスキャン結果を得るために、アプリケーションにファイルをスキャンさせ、その間にファイルを閉じないでください。スキャンが完了したら、ファイルをプレビューできます。

ステップ3データをプレビューして復元する

1 ファイルを選択します

スキャンが完了すると、Recoveritは右側のファイルタイプを分類してすべてのファイルを一覧表示します。次のオプションを使用して、データをフィルタリングおよび検索できます。

  • ファイル表示: すべてのファイルまたは削除されたファイルのみを表示する
  • ファイル種類: 写真などの特定のファイルの種類の結果をフィルター処理するか、各種類のファイルをすべて表示する
  • システムファイル: システムファイルを表示するか非表示にする機能を切り替える
  • ファイルサイズ: すべてのサイズかサイズを特定するのか(100M-500Mなど)にかかわらず、表示できる
  • 変更日: ファイルが変更された特定の日付でファイルをフィルタリングできる

2 ファイルをプレビューする

復元する前に、プレビュー機能を利用して、ファイルが合っているかどうかを確認できます。

  • プレビュー方法:
  • 1、サムネイルでファイルをダブルクリックします
  • 2、「プレビュー」ボタンをクリックします
  • 2つのプレビュー方法を切り替えるアイコン - 2 preview methods

3 ファイルを復元して保存する

最後に、対象のファイルを選択して「復元」ボタンをクリックすると、ごみ箱からデータを取得できます。

データの上書きを避けるために、復元したデータを元の場所に保存しないでください。

recover files from recycle bin

5.外付けデバイスからデータを復元する

Windowsパソコンの外付けデバイスからデータが失われた場合、Recoveritはデータの復元にも役立ちます。外付けデバイスには、外付けハードドライブ、メモリカード、SDカード、デジタルカメラ、ドローンカメラ、USBフラッシュドライブ、音楽プレーヤー、サウンドレコーダーなどを含みます。

ステップ1 外付けデバイスを接続する

Recoveritを起動する前に、外付けデバイスをパソコンに接続する必要があります。認識または検出できることを確認してください。

ステップ2 外付けデバイスを選択する

紛失または削除されたファイルを外付けストレージメディアから復元するには、ターゲットの場所として「外付けデバイス」を選択してください。次に、「開始」ボタンを押して先に進みます。

デバイスのパーティションが失われた場合でも、Recoveritを使用して失われたデータを復元できます。

select the external device

ステップ3 外付けデバイスをスキャンする

外付けストレージメディアで標準スキャンが開始されます。スキャンが完了するまで数分待ちます。プロセス中に、対象のファイルを見つけたり、一時停止または停止したりできます。

Scan the external device

ステップ4 ファイルをプレビューして復元する

スキャンが終了したら、スキャン結果からファイルをプレビューできます。ファイルを元に戻すには、「復元」をクリックして別の安全な場所に保存します。

recover data from external device

6.破損したビデオを修復する

ロジカル、ストレージ、アプリケーション、またはその他の関連問題により、ビデオが破損する可能性があります。破損したビデオファイルを修正するために、Recoveritはビデオ修復機能を追加して提供しています。ツールは、ファイルサイズや破損原因に関係なく、ほとんどのビデオを修復できます。Recoveritを開き、「ビデオ修復」オプションを選択し、メイン画面から「開始」ボタンをクリックして起動します。

video repair

ステップ1 破損したビデオを追加する

まずは、破損したビデオファイルをアプリケーションに追加するだけです。
操作手順としては、「ビデオを追加して修復を開始する」をクリックします。破損したビデオが保存されている場所を参照して、アプリケーションに追加するだけです。さらに、破損したビデオファイルをインターフェイスにドラッグするだけでいいです。

video repair add videos

ステップ2破損したビデオを修復する

ソフトが追加されたビデオを修復するので、しばらくお待ちください。画面では進行状況を表示し、プロセスが完了するのを待つだけです。

video repair scan and repair

1 修復されたビデオをプレビューする

修復プロセスが完了すると、Recoveritで修復されたビデオをインターフェイスでプレビューできます。

video repair preview

2 高度修復-サンプル動画を追加

ビデオがひどく損傷しているか、標準スキャンで期待どおりの結果が得られない場合は、代わりに「高度な修復」オプションをクリックしてください。

video repair try advanced repair
1サンプル動画を追加

高度修復行うため、サンプル動画を追加する必要があります。サンプル動画は有効な動画ファイルであり、その上、破損した動画ファイルと同じ形式で、同じデバイスで撮影する必要です。

video repair add sample
2 修復

サンプル動画を追加したら、「修復」ボタンをクリックして、ビデオ修復プロセスを開始します。

video repair advanced repair success

ステップ3修復したビデオを保存する

修復プロセスが完了したら、修復したビデオを保存できます。保存ウィンドウが開き、保存されたい場所を選びビデオを保存(または新しいフォルダーを追加)できます。

7.クラッシュしたパソコンからデータを回復する

システムがクラッシュしたり、理想的な状態で機能しなくなったりした場合は、Recoveritを使用して、失われたデータやアクセスできないデータを復元できます。動作しているパソコンにRecoveritをダウンロードしてインストールし、空のUSBドライブまたはCD / DVDを準備して、パソコンに接続してください。

ステップ1準備

  • 別の動作可能なパソコン
  • 空のUSBドライブまたはCD / DVD
  • 起動ドライブをパソコンに接続する

ステップ2 起動可能なドライブを作成する

起動できないパソコンからデータを復元するには、まず起動可能なドライブを作成する必要があります。では、起動可能なドライブを作成する方法を見てみましょう。

1パソコンの「クラッシュしたパソコンからデータを復元」を選択して、開始する

最初のステップは、動作しているパソコンでRecoveritを起動し、「クラッシュしたパソコンからデータを復元」を選択することです。「開始」をクリックします。

computer crash recovery

2起動可能なドライブを作成する

Windowsパソコンを起動できない場合は、Recoveritを使用して起動可能なドライブを作成し、データを復元できます。

空のUSBドライブまたはCD / DVDが動作中のパソコンに接続され、認識できることを確認します。認識された場合は、「開始」をクリックして続きます。

Create a bootable drive

3起動可能なドライブの作成モードを選択する

次に、起動可能なドライブを作成するモードを選択します。起動可能なUSBドライブまたはCD / DVD可能なドライブを選択できます。ドライブが接続されている場合は、起動可能なドライブに表示されます。「作成」ボタンをクリックして開始します。

create USB bootable drive

4データのバックアップとフォーマット

起動可能なUSBドライブを選択した場合USBフラッシュドライブをフォーマットしますかというアラートメッセージが現れます。

USBフラッシュドライブをフォーマットする前に必ず重要なデータをバックアップしてください。そして、「今すぐフォーマット」ボタンをクリックしてください。

backup and format data

5ファームウェアをダウンロード

「フォーマット」ボタンをクリックすると、ファームウェアがダウンロード始まります。ファームウェアは、一部のハードウェアデバイスに組み込まれた特定のクラスのコンピューターソフトウェアです。起動可能なドライブを作成するには、特定のファームウェアが不可欠です。

download firmware

6USBフラッシュドライブをフォーマット

Recoveritがファームウェアを正常にダウンロードすると、USBフラッシュドライブのフォーマットが開始されます。デバイスをフォーマットすると、デバイスに保存されているすべてのデータが消去されます。したがって、データのバックアップを先にしてください。

7起動可能なドライブを作成

起動可能なドライブの作成プロセスが完了するまで数分かかります。この間に、USBフラッシュドライブを取り出したり、CD / DVDドライブを引き出したりしないでください。

次に、クラッシュしたパソコンを起動するために使用される起動可能なドライブが作成されます。

created bootable drive

8クラッシュしたパソコンを起動可能なドライブで起動する

起動可能なUSBフラッシュドライブまたはCD / DVDドライブを作成したら、次の手順に従って、操作してください。

  • USBフラッシュドライブを接続するか、CD / DVDドライブをパソコンに挿入します。
  • USB / CD / DVDドライブから起動するようにBIOSを調整します。クラッシュしたコンピュータを再起動し、最初の画面が表示されたらBIOS入力キーを押します。(キーはパソコンによって異なる場合があります)
  • システムの電源が入っているときにBIOS Entryキーを押すと、BIOSオプションにアクセスできます。このページでUSBドライブまたはCD / DVDドライブから起動https://recoverit.wondershare.jp/windows-pe/how-to-set-computer-to-boot-from-usb-drive.htmlするようにコンピュータを設定する方法を確認できます。

ステップ3 クラッシュしたパソコンからデータを復元する

上記の手順を実行終わった後、クラッシュしたコンピューターが起動可能になります。必要に応じて、ハードディスクのコピーまたはデータの復元を選択します。

ハードディスクをコピー

  • ハードディスクコピーを選択すると、コピーディレクトリを選択できます。
  • クラッシュしたパソコンにもう一つUSBドライブを接続します。
  • 接続したばかりのドライブを選択し、右下にある「コピー」ボタンをクリックします。次に、クラッシュしたパソコンからハードドライブにデータをコピーするプロセスを示す画面が表示ます。
  • コピー処理が完了すると、「データのコピーが完了しました」というポップアップがあります。
  • データ復元

  • データ復元を選択した後、スキャンを開始するディスクを選択できます。
  • クラッシュしたパソコンにもう一つUSBドライブを接続します。
  • スキャンプロセスが終了したら、復元データを保存する場所を選択できます。クラッシュしたパソコンに接続するハードドライブを選択し、「復元」ボタンをクリックすると、Recoveritがクラッシュしたパソコンからドライブにデータを復元し始めます。
  • 復元出来上がった場合に、「おめでとうございます!ファイルの復元が完了しました!」と表示ます。
  • ご注意:

    写真、ビデオ、オーディオ、ドキュメントなど、さまざまなタイプのデータのプレビューできます。

    データを復元可能の場合、外付けハードドライブなどの別の安全な場所に保存してください。

    Recoveritが選ばれる理由

    世界中に

    5,000,000+

    ユーザー

    世界

    160+

    国で販売

    15年+
    開発の歴史

    7日間
    返金保証

    500万人のユーザー様
    にサービスをご提供

    安全で
    ウィルスフリー保証

    年中24時間
    無償技術サポート

    Top