Windows10のシステムUpdateでエラーコード0x80004005を修正する方法

Windowsシステム更新中「0x80004005」というエラーが発生した時、パソコンにあるデータが紛失した場合、そのデータを復元可能でしょうか?今回は簡単に使える復元・復旧・復活ソフトRecoveritでその復元する方法を紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

Windows10でシステムアップデートを行なって際に、エラーコード0x80004005が発生する場合があります。エラーコード0x80004005が発生する原因はさまざまで、複数の方法を使って修正しなければいけません。このページでは、Windows10のアップデートでエラーコード0x80004005が発生したときの修正方法を紹介します。

1.Windows10のシステムUpdateでエラーコード0x80004005が出る原因

Windows10のシステムアップデートでエラーコード0x80004005が発生したときは、以下の原因が考えられます。

Windows Update自体に不具合が発生してエラーが起きる場合があります。Windows Updateの更新内容かUpdateのシステム上のどちらかで不具合があると、エラーを招く可能性は高いです。直近に導入したアプリがWindows10との互換性がない、相性が悪いというパターンも珍しくありません。Windows10のシステムファイルが破損している可能性もあるので、あらゆる対処法を試す必要があります。

2.Windows10のシステムUpdateでエラーコード0x80004005を修正する方法

まずWindows  Updateの再実行をしてみましょう。それでもエラーコード0x80004005が発生する場合は、以下の方法で修正してみてください。

Windows Updateのトラブルシューティングを活用する

ベターなのはWindows10のトラブルシューティングを活用する方法です。トラブルシューティングを使うとシステムがパソコンの状態を診断のうえ、どのように対処するべきか教えてくれます。トラブルシューティングの利用方法は以下の通りです。

  1. スタートボタンを左クリック
  2. 設定メニュー画面で「更新とセキュリティ」を左クリック
  3. ウィンドウの左側にある「トラブルシューティング」を左クリック
  4. トラブルシューティングのウィンドウで「Windows Update」を左クリック
  5. 「トラブルシューティングの実行」を左クリック

以上の手順を行ったら、画面に表示される指示に従って対処してください。

Windows Updateフォルダ内のファイルを削除

Windows Updateフォルダに保存しているファイルを削除して改善する場合もあるので、選択肢に入れておくといいでしょう。Windows Updateフォルダ内のデータ削除は以下の手順で行えます。

  1. エクスプローラーを開く
  2. アドレスバーに「C: Windows SoftwareDistribution Download」と入力してEnterキーを押す
  3. フォルダに保存されているすべてのデータを削除

直近に導入したアプリのアンインストール

最近、新しいアプリを導入したのであれば、そのアプリのアンインストールも試しておきたいところです。Windows10と互換性がない、または相性が悪いアプリを利用している場合、アンインストールすると改善できる可能性があります。アプリのアンインストール方法は以下の通りです。

  1. スタートボタンを左クリック
  2. 設定ボタンを左クリック
  3. 設定メニューで「アプリ」を左クリック
  4. 「アプリと機能」の画面でアンインストールしたいアプリの項目を左クリック
  5. 「アンインストール」を左クリック

アプリをアンインストールして問題が解消された場合、Windows10と互換性が高く相性が良い類似アプリへの移行をおすすめします。

SFCコマンドを使う

Windows10のシステムファイルが破損している可能性もあるので、SFCコマンドの利用もやっておきたいところ。SFCコマンドを使うとシステムファイルの状態チェック、破損したシステムファイルの修復が行えます。SFCコマンドを利用する方法は以下の通りです。

  1. スタートボタンを右クリック
  2. 「WindowsPowerShell(管理者)」を左クリック
  3. 表示されるユーザーアカウント制御画面で「はい」を左クリック
  4. 表示される画面の末尾で「sfc /scannow」と入力してEnterキーを押す

3.パソコンエラーで消えたデータを復元する方法

Windows Updateを実行してエラーコード0x80004005が発生すると、対処することで保存していたデータやファイルが消えてしまう恐れがあります。Windows10では基本的に失ったデータ・ファイルの復元が不可能と断言できます。しかし、WondershareのRecoveritを使えば消失したデータ・ファイルの復元が可能です。

Recoveritを使うと、Windows10から消えたデータをスキャンし、出現したデータはプレビューで復元前に確認可能。復元ボタンを押すと復元できます。Windows10ではいつどのようなエラーが起きるかわからないので、そういう時に信頼できる対処法として、Recoveritがおすすめです。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」でパソコンエラーで消えたファイルを復元する手順です。

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、パソコンから消えたデータの元保存場所を選択します。

Recoveritを起動します。起動できた後、下記の製品画面で、消えたファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「開始」をクリックします。

消えたファイルの元保存場所を選択

ステップ2 パソコンから消えたデータをスキャンします。

そうするとRecoveritは自動的にデータのスキャンをスタートします。

復元したいデータをスキャン

ステップ3 パソコンから消えたデータをプレビューして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。「復元」ボタンをクリックするとデータを復元します(一部のデータはプレビューできます)。

復元したデータをプレビュー

以上簡単な操作でパソコンから消えた大事なデータが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、パソコンから消えたデータの復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

SDカード復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windows10のシステムUpdateでエラーコード0x80004005を修正する方法