ブルースクリーンstopエラー「0x0000000a」の直し方

エラーコードで、Windows起動する時のブルースクリーン問題の発生原因と対策を判断します。本文では、「0x0000000a」エラーコードについて詳しくご紹介!消えたデータの復元方法もご説明!

パート1、stopエラー「0x0000000a」の発生原因

一般的にWindowsの起動時に発生します。
画面全体がブルーになりSTOPコードとして様々な英数字ナンバーが表記されます。
そのナンバーは不具合の原因を示すものです。このメッセージの中ではもっとも重視しなくてはならないのが、STOPと呼ばれるエラーコードです。
今回はそんなコードナンバーの中でも「0x0000000a」を取り上げたいと思います。
不良なドライバー、あるいはハードウェアまたはソフトウェアの故障または非互換性のいずれかが一般的には原因と思われます。Windowsのバージョンによって様々な症状や原因が考えられます。
まずは、パソコンが普通に立ち上がる所、画面がブルーになってしまい、そのままの状態が続きます。そんな状態に遭遇してしまったらどうしていいか焦ってしまいます。特に初心者の人では治し方もわからずに途方に暮れてしまうでしょう。もしかしたら治るものも諦めてしまうかもしれません。
ブルースクリーンが発生したら、まずブルースクリーン内のエラーコードナンバーを控えることをおすすめします。

パート2、ブルースクリーンのエラーコード0x0000000aの直し方

ブルースクリーンになったら、画面上に出ているエラーコードナンバーを確認することから始めます。
・0x0000000a windows 10では、
症状:「問題が発生したためPCを再起動する必要があります」とブルースクリーン表記になり、パソコンが意図もしないで勝手に再起動を繰り返してしまう、電源が勝手に落ちてしまう場合があります。
せっかくの作業中にも関わらず作成していた資料もダメになってしまいます。
原因:主にデバイスドライバーの不具合で発生する場合があります。
一般的な対処法:使用しているデバイスドライバーにトラブルがあり、BSODエラーが発生する場合もあります。
特定のデバイスが原因でBSODが発生していて、デバイスドライバーを更新できないときには、今お使いのデバイスドライバーを再インストールすると問題が解消する場合があります。

0x0000000a windows 7では、一般に次のような状況でブルースクリーンの問題が発生します。
症状:PCに Bluetooth デバイスを接続します。
次にスリープ状態または休止状態にしてから、再開をしてみます。
そして、コンピューターが応答を停止してブルースクリーンが出ます。
原因:Bluetoothのデバイス、Bluetooth コントローラーのどちらもアクティブな状態を返さない。
Bthport.sysファイルが複数の接続要求をしているためです。
一般的な対処法:オペレーティング システムやMicrosoft Updateの更新プログラムのインストールで対応します。

パート3.ブルースクリーンエラー「0x0000000a」でデータが消えたら?「Recoverit」をご利用!

4種類のバージョンがあり、Recoverit無料版/Pro/Ultimate/Ultimate Plusがあります。
もちろん、OSがWindowsとMacに対応しております。
こちらのソフトではPC、HDD、SDカード、USBメモリなどから不可抗力で作成していたデータやメールが消えてしまいます。
もしくは間違ってゴミ箱から削減してしまったとしてもその高い復元率でデータを復元してくれます。
データ復元ソフトウェアとしてユーザー様からも高い評価をいただいています。世界中のユーザー様がご利用いただいております。
復元作業には難しい操作は要りません。画面の指示通りに行っていけば、初心者の方でも手軽になおかつ敏速に復元できます。
学生や教職員では別途メールで問い合わせしてください。

いかがですか、ブルー画面が表示されて治ったとしても大切なデータや画像、動画が消えてしまっては泣くに泣けないと思います。
頻繁にそのようなことは起きるとは思いませんが、いざという時に役立つのがWondershare社のデータ復元ソフトです。一家の1PCに1ソフトをダウンロードしておくと安心してパソコン作業に取り掛かれると思います。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、削除したファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

ブルースクリーンエラー「0x0000000a」で消えたファイルの保存先を選択

ステップ2 Shift+Deleteキーで削除したファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、Shift+Deleteキーで削除したファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

「0x0000000a」で消えたファイルをスキャン

ステップ3 Shift+Deleteキーで削除したファイルをプレビューして復元します。

Shift+Deleteキーで削除したファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

「0x0000000a」で消えたファイルを復元

以上簡単な操作でShift+Deleteキーで削除したファイルが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

Shift+Deleteキーで大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > ブルースクリーンstopエラー「0x0000000a」の直し方