Windows10起動しない問題の原因分析と解決方法

起動しないパソコンからデータを復元する方法として——データ復元・復旧・復活ソフトRecoveritを皆さんにご紹介しましょう。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

はじめに

近年、パソコンは仕事や生活においてなくてはならないツールであり、トラブルが発生すれば、すぐにでも解決したいとほとんどのユーザーは思ってます。今回はWindows 10が起動しない問題の原因や解決方法についてご説明します。

Part1: Windows10起動しない問題の発生原因

パソコン自体に電源が入らないのであれば、まずは初歩的なミスがないかを確認してみましょう。「バッテリーが空になっている」「電源ケーブルが抜けている」という状態が主な原因です。また、充電したり電源ケーブルを抜き差ししても電源が入らない場合は、ハードウエアが故障している可能性が考えられます。厄介なのは“パソコンの電源は入るがWindowsが起動しない”というケースです。このような時は、画面の状態を確認すると問題の原因がつきとめられます。

・黒い画面や青い画面のままになってる/何かしらのメッセージが表示される

USBメモリーなどの外部メディアの接が原因の可能性が高いので、メディアを取り外してから起動を試してみましょう。

・“くるくる回る表示”がいつまでも終了しない場合

Windowsが起動処理に失敗している可能性が挙げられます。この状態の時は「スタートアップ修復」を試してみましょう。Windows 10の起動処理に2回失敗すると自動的に起動する仕組みになっているので、まずはこの方法で解決できることもあります。

・ハードウェアの故障

経年劣化などが理由で、パソコンを物理的に構成しているハード部品に「物理的な障害」が発生していることが疑われます。パソコンに内蔵されているストレージ(HDD/SSD)の寿命は3〜5年と言われているため、経年劣化が原因で機器が物理的に故障することはたびたび起きます。

・BIOSの破損

BIOSとは、パソコンの動作の根幹を担う最も基本的なプログラムです。パソコンの起動時には、OSを立ち上げる前に、まずBIOSを読み込むことでデバイスの動作環境を整えます。この時BIOSの設定に異常があると、電源ランプはついているのに、パソコンは正常に起動しなくなります。

Part2: Windows10起動しない問題を解決する

Windows10が起動しない問題の解決方法をご紹介します。参考にしてみてください。

①電源コードの確認

初歩的な対処法として、まずコードやケーブルが正しく接続されているか確認しましょう。正しく接続されていた場合、パソコンから周辺機器を全て取り外して、再起動することで解決するケースもあります。

②放電してみる

パソコンは使用中に静電気が少しずつ帯電していきます。パソコンの動作に何らかの問題が起こる場合、放電の処置を行うことでトラブル解消となることがあります。主電源コードを抜き、パソコンを少し放置するだけで放電することができます。試して下さい。

③セーフモードで起動

お使いのパソコンがセーフモードで起動できる場合は、ハードウェアの異常ではなく、Windowsやソフトウェアのトラブルが挙げられます。以下の手順でセーフモードで起動させます。

④BIOSの初期化

Windows 10 が起動しない場合は、パソコンのデバイスを起動・制御する「BIOS」を初期化することで起動することも可能です。(※BIOS設定を変更すると、動作に支障をきたす可能性もあるので注意が必要です)BIOS初期化は、パソコンの電源を入れ、その直後にメーカーのロゴ画面で「F2」キー(ノートPCの場合「Fn」キー)を押し、BIOSの設定画面から行うことが出来ます。

⑤「システムの復元」「初期状態に戻す」を実行(最終手段)

ブルースクリーンの状態で「詳細オプション」(Shiftキーを押しながら再起動)から「システムの復元」または「初期状態に戻す」を実行することによって、以前の正常な状態に戻すことが可能です。

ただし「システムの復元」を実行すると、復元ポイント(バックアップを作成した時点)以降に保存したデータはすべて削除されるリスクが伴い、「初期状態に戻す」を実行すると、パソコンは工場出荷状態にリセットされるため、データや既存の設定、インストールしたソフトウェアはすべて削除されてしまいます。予めバックアップが外部デバイスに保存されている場合は、お試しください。

Part3:起動しないパソコンからデータを復元する方法

起動しないパソコンから、バックアップなどで保存されていないデータなどを復元する方法として便利なソフト「データ復元ソフトRecoverit(リカバリット)」をおすすめします。【Wondershare Recoverit】データ復元ソフトは、Windowsパソコンから失われたファイルと削除されたファイルを3ステップと数分で復元可能です。

初心者でも使いやすいインターフェースで、突然発生しうるデータ損失からデータを復旧するソフトです。
高度なディープスキャンアルゴリズムで、誤った削除、ウイルス感染、パーティションのフォーマット、予期しない停電など様々な状況で失われてしまったデータを復元できます。
失ったファイルの形式、保存する場所に関わらず各種類のデバイスからデータを復元でき、PCが起動しなくなった場合でも、起動ディスクからデータの復元を試みることも可能です。

また、Recoveritは検出されたデータを復元する前にプレビューが可能です。さらにiPod(Nano、Classic&Shuffle)や携帯電話など、様々なデータストレージデバイスから1000種類以上のデータとフォーマットデータが復元できます。無料版のリカバリットは、復元したい対象のデータ容量が100MBまで利用することができます。

無料版でお試しになってみて、便利な機能を数台のパソコンでも利用してみたい、復元するデータやファイル等の容量を無制限にしたいと思われたらご購入されてはいかがでしょうか? 

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」でシステムがクラッシュしたり、理想的な状態で機能しなくなったりしたパソコンデータを復元する手順です。

ステップ1  準備

別の動作可能なパソコン
空のUSBドライブまたはCD / DVD
起動ドライブをパソコンに接続する

ステップ2  起動可能なドライブを作成する

起動できないパソコンからデータを復元するには、まず起動可能なドライブを作成する必要があります。

詳細な操作手順はこちらまでご参考してください。

クラッシュしたパソコンからデータを復元する

起動しないパソコンを復元

ステップ3 クラッシュしたパソコンからデータを復元する

上記の手順を実行終わった後、クラッシュしたコンピューターが起動可能になります。必要に応じて、ハードディスクのコピーまたはデータの復元を選択します。

復元されたいデータをスキャン

以上簡単な操作でクラッシュしたパソコンから削除してしまった大事なデータが復元・復旧できます。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なパソコン復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windows10起動しない問題の原因分析と解決方法