エラー0x80070422でWindows10 update失敗する時の対処方法

パソコンを使用している時、突然画面が真っ青になってしまいパニックになった経験はありませんか?今回は特にwindows10をupdateする際に生じやすいブルースクリーンエラーをご紹介!

パソコンを使用しているとき、突然画面が真っ青になってしまいパニックになった経験はありませんか?それは、ブルースクリーンエラーと呼ばれ、パソコン内で何らかのトラブルが生じていることを示しています。慌てて電源を切ってしまいそうになりますが、おちついて対処すれば解決できる場合が多くあります。
今回は特にwindows10をupdateする際に生じやすいブルースクリーンエラーについて説明します。

パート1:エラーコードは大切な情報

画面が突然真っ青になってしまい、画面上には英文のメッセージが表示される。初めてそんな画面を目の当たりにすると、焦って電源を切ってしまいそうになるかもしれません。しかし、パソコンの画面は停止しているように見えても、内部ではエラーのログを記録している最中である場合があります。そうした作業中にいきなり電源を切ってしまうと、大切な内容まで失われてしまう危険性があります。いきなり電源を切ることは避けるようにしましょう。

落ち着いて画面を読んでみるとTechnical Informationという文字の後ろに数字が並んでいるのが分かります。それがエラー コードです。エラー コードは、ブルースクリーンになった原因のヒントとなります。例えば、エラー コード0x80070422が表示されるのはwindows updateに失敗した時です。

パート2:エラーコード0×80070422が表示された時の対処法

エラー コード0x80070422が表示されるのは、windows updateのサービスが何らかの原因で停止していることを示しています。まず、windows updateサービスを起動して原因を突き止める必要があります。以下はwindows updateサービスを起動する手順です。

パート3:データが紛失してしまった!復元する方法は?ーー「Recoverit」

手続きを踏んで再起動しても、データの内容が失われる危険性が全くないとは言い切れません。仕事の資料や思い出の写真、メールアドレスなど、パソコンの中には数えきれないほどの大切なデータが詰まっていることが多く、それらを失ってしまうことによる影響は計り知れません。

パソコンのデータを守る方法は色々あります。一般的に利用されているものとしては、USBメモリやHDDなどにデータを保存する方法でしょう。これらは、手軽に購入することができ、簡単にデータを移すことができます。しかし、一方で紛失しやすいことやデータ量に限りがあるなどでメリットもあります。最近では、ネット上に保存するクラウドなどもよく利用されていますが、大切なデータを守るのにやりすぎということはありません。こまめに保存するようにしましょう。

それでも、データを損失してしまったらどうすればいいか。残念ながら、パソコンのプロでもない限り復元することは不可能といってよいでしょう。そんな時に役に立つのが、データ復元ソフトです。自宅で簡単に復元できる様々なソフトが販売されています。
Recoveritは2003年に発売され、500万以上の人々に支持されてきた復元ソフトです。復元できるデータはパソコンだけでなく、USBやHDDなどのデバイスからも写真や動画、Eメールなどを復元することができます。1000種類以上のファイル形式に対応しており、WindowsだけでなくMac版にも対応しています。簡単にダウンロードできるため、店まで行って購入する必要もありません。

Recoveritには無料版もあります。無料版にはスキャンとプレビューのみに対応しいるため、まず動作を確認するために無料版をダウンロードしてから、有料版を購入するとよいでしょう。Recoverit Proはスキャンとプレビューに加えてデータ復元の機能が含まれます。削除してしまったファイルや写真などを復元することが可能です。復元できる容量も無制限となっています。
さらに、一段階上のRecoverit Ultimateはそれらに加えてクラッシュしたパソコンからデータを復元することができます。windows updateなどに伴う思いもよらないトラブルでデータが失われても慌てないように、Recoveritのような復元ソフトを備えておくと安心です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、windows10をupdateする際に消えたデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、windows10をupdateする際に消えたファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

windows10をupdateする際に消えたファイルの保存先を選択

ステップ2 エラー0x80070422で消えたファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、エラー0x80070422で消えたファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

windows10をupdateする際に消えたファイルをスキャン

ステップ3 エラー0x80070422で消えたファイルをプレビューして復元します。

エラー0x80070422で消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

エラー0x80070422で消えたファイルを復元

以上簡単な操作でエラー0x80070422で消えたファイルが復元・復旧できます。
大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > エラー0x80070422でWindows10 update失敗する時の対処方法