BitLockerで暗号化したドライブの解除方法と
データ復元方法

Windows OSにはデータ暗号化機能として搭載されている「BitLocker」を活用する方が多いでしょう。本記事ではBitLockerで暗号化したドライブの解除方法とデータ復元方法をご紹介します。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップだけ復元可能

Windows OSにはデータ暗号化機能として搭載されている「BitLocker」。ご自宅や、オフィスの固定地でパソコン操作をされる方には、あまり馴染みがないでしょう。

しかし、営業やノマドワークなど外部でパソコンを利用する際、紛失や盗難による情報漏えいを防ぐためにも、セキュリティ対策として、BitLockerを活用する企業やユーザーも少なくありません。ここでは、BitLockerで暗号化したドライブの解除方法とデータ復元について、ご紹介します。

Part1: BitLockerとは

BitLockerとは、Windowsに標準搭載されているドライブ暗号化機能の名称です。パソコンが紛失や盗難にあった場合でも、ハードディスク内の情報が抜き取られるのを防ぐことができ、BitLockerに対応したバージョンのWindowsOSであれば無料で利用できるため、企業内での導入コストが抑えられるという点が大きなメリットです。

外部に持ち出されたパソコンから盗難などで、情報が漏えいするリスクは企業にとっても深刻な問題です。万が一、第三者にパソコン内に保存されたデータや、社内サービスにログインするための情報など、機密情報が抜き出されてしまわれないためにも、対策としてハードディスク暗号化のニーズは必要とされています。

BitLockerのようにハードディスクそのものを暗号化してしまえば、データの不正な読み取りが困難となり、流出が防げるのです。BitLockerはWindowsが起動しているブートドライブに加え、内蔵されたハードディスクやSSDなども暗号化の対象となります。更には、外付けUSBメモリーなどのポータブルドライブを暗号化するBitLocker To Goという機能も備わっています。

手軽に利用できる反面、企業で運用する上ではいくつかの注意点が挙げられます。

BitLockerではパスワードを忘れた場合に備えて48桁の回復キーが発行されますが、持ち出し用パソコンの台数が多いと、管理が煩雑になるというデメリットが発生します。BitLocker以外の技術も含めた暗号化ポリシーの適用が必須であれば、社内の管理台数の多さに比例して、負担が大きくなる可能性も考慮しなくてはいけせん。

Part2: BitLockerで暗号化したドライブを解除/無効にする方法

お使いのパソコンが、社外用から社内用に用途が変更され、暗号化の必要がなくなったり、他人にパソコンを譲渡する場合はBitLocker を無効にし、ディスクの暗号化を解除しなければなりません。こちらでは、その方法をご説明します。

  1. タスクバーの検索ボックスに「cont」と入力→コントロールパネルが起動
  2. 「システムとセキュリティ」をクリック→一覧より「BitLocker の管理」をクリック
  3. BitLocker が有効になっている状態→「BitLocker を無効にする」をクリック
  4. ポップアップが表示されるので再度「BitLocker を無効にする」をクリック

Part3: 豆知識:パソコンから失われたデータを復元する方法

【Wondershare Recoverit】データ復元ソフトは、Windowsパソコンから失われたファイルと削除されたファイルを3ステップと数分で復元可能です。※ドライブをスキャン完成した後、ドライブが暗号化された場合、パスワードが求められます。1000種類以上のデータ形式を対応できます。パソコン、ごみ箱、内蔵ハードドライブ、 外付けストレージメディア、さらにはクラッシュしたパソコンからデータを復元することができます。

無料版のリカバリットは、復元したい対象のデータ容量が100MBまで利用することができます。無料版でお試しになってみて、便利な機能を数台のパソコンでも利用してみたい、復元するデータやファイル等の容量を無制限にしたいと思われたらご購入されてはいかがでしょうか?

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Recoveritでパソコンから誤って削除されたデータを復元する手順

ステップ1 データの元保存場所を選択します。

Recoveritを起動します。起動できた後、下記の製品画面で、データの元の保存場所を選択して、右下にある「開始」をクリックします。

場所を選択

ステップ2 消えたデータをスキャンします。

そうするとRecoveritは自動的にデータのスキャンをスタートします。

ファイルをスキャン

ステップ3 スキャンしたファイルをプレビューして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。「復元」ボタンをクリックするとデータを復元します(一部のデータはプレビューできます)。

ファイルを復元

消えたファイルをプレビューで確認して復元すれば完了となり、非常に簡単な操作となっています。
また、Recoveritを使うことで、データの復元だけではなく、SDカード外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

SDカード復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > BitLockerで暗号化したドライブの解除方法と
データ復元方法