Windows10でSSDをフォーマット・
初期化する方法

Windowsパソコンを長くつかっていると、パソコンが重くなることがあります。今回は、その対策として、Windows10でSSDをフォーマット・初期化する方法を紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

Windows10でSSDを利用していると動作不良を解消するためにフォーマット・初期化が必要なことがあります。SSDのフォーマットが必要な場面は主に新品SSDの増設や、利用中のSSDがパソコンに認識されなくなった場合です。SSDのフォーマットは簡単にできますが、保存データが消えるのでバックアップ対策はしておきましょう。

このページではWindows10でSSDをフォーマット・初期化する方法を紹介します。

Part1: SSDをフォーマット・初期化する必要がある場合

Windows10では以下の場面でSSDのフォーマット・初期化が必要になります。

新品で購入したSSDすぐにパソコンで利用できるわけではなく、最初にフォーマットしなければいけません。フォーマットしないとパソコンがSSDを認識しないからです。そのため、HDDからSSDへの換装を行うとき、SSDを交換するときは最初にフォーマットをしてください。またパソコンが使用しているSSDを認識しなくなった場合も、基本的にフォーマットが必要です。

Part2: Windows10でSSDをフォーマット・初期化する方法

Windows10でSSDをフォーマット・初期化する方法は簡単ですが、状況によって手順が異なる場合があります。

▼基本的なSSDのフォーマット手順

Windows10でSSDのフォーマットをするやり方は、基本的に以下の通りです。

  1. SSDをパソコンに接続
  2. スタートボタンを右クリック
  3. 「ディスクの管理」を左クリック
  4. フォーマットしたいディスクを右クリック
  5. 「フォーマット」を左クリック
  6. 表示されるウィンドウでファイルシステムを選択
  7. アロケーションユニットサイズを入力
  8. 「クックフォーマットする」にチェックを入れる
  9. 「OK」を左クリック

ファイルシステムは「NTFS」を選択し、アロケーションユニットサイズは4096と入力してください。

▼新品のSSDをフォーマットする場合

新品のSSDをフォーマットする場合も、最初は以下の手順を行います。

  1. SSDをパソコンに接続
  2. スタートボタンを右クリック
  3. 「ディスクの管理」を左クリック

すると「ディスクの初期化」の画面が表示されることがあります。

ディスクの初期化

この画面が表示された場合は「OK」を左クリックすればSSDをフォーマットできます。選択項目となっている「MBR」と「GPT」はSSDの仕組みとなる規格を決めるポイントです。MBRとGPTの特徴は以下の通りで、利用できるWindowsOSや認識できる容量が異なります。

規格

特徴

MBR

・各Windowsの32・64ビット版で利用できる

・認識できる容量は2TBまで

・作成可能なパーティションは最大4区画

GPT

・WindowsVista以降の64ビット版やWindows8以降32・64ビット版で利用できる

・2TB以上が認識可能

・作成可能なパーティションは最大128区画

簡単に説明するとGPTが新しく、MBRが古い規格です。Windows10を利用している場合、GPTを選ぶといいでしょう。古いOSを利用する機会がある人はMBRも要検討です。

▼SSDのフォーマット・初期化ができない場合

SSDのフォーマットができない場合、以下の原因が考えられます。

そのため、以下の方法で対処してみましょう。

パソコンとSSDを繋ぐケーブルの故障はありがちなのでチェックする価値があります。SSDがフォーマットできない場合の初期化は、Windows10のディスクの管理・コマンドプロンプトを使うと可能です。どの方法で対処してもSSDをフォーマットできない場合、メーカーに問い合わせてみましょう。

Part3: フォーマットしたSSDからデータを復元する方法

使用しているSSDをフォーマットするときは保存データが消えるため、できるならバックアップを取っておきたいところ。しかし、パソコンがSSDを認識しない場合はバックアップが取れず、保存データの消去は避けられません。Windows10にはSSDから消去されたデータを復元する機能がないのが実情です。しかし、Wondershareの「Recoverit」があればSSDをフォーマットした後に必要なデータを復元できます。Recoveritを使うとデータを保存していたSSDをスキャンして、失ったファイルを取り戻せます。

「Recoverit」が対応しているファイル形式は1000種類で、SSDだけでなく、HDD、USB、SSD、SDカード、外付けハードディスク、CD、DVD、各メーカーのデジカメなど、あらゆるデバイスに保存されたデータを復元できます。Windows10ではSSDのフォーマット以外に予期せぬエラーでデータが消える恐れもあるので、Recoveritを用意しておくのがおすすめです。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」でフォーマットしたSSDから消えたデータを復元する手順です。

ステップ1 消えてしまったファイルの元の保存場所を選択します。

Recoveritを起動します。起動できた後、下記の製品画面で、消えたファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「開始」をクリックします。

場所を選択

ステップ2 消えたファイルのデータをスキャンします。

そうするとRecoveritは自動的にデータのスキャンをスタートします。

ファイルをスキャン

ステップ3 スキャンしたファイルをプレビューして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。「復元」ボタンをクリックするとデータを復元します(一部のデータはプレビューできます)。

ファイルをプレビュー

消えたファイルをプレビューで確認して復元すれば完了となり、非常に簡単な操作となっています。
また、このソフトを使うことで、SSD復元だけではなく、SDカード外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

SSDデータを復元

Recoverit - 強力なSSD復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windows10でSSDをフォーマット・
初期化する方法