seagate社製のhddが認識されなくて困った時のデータ復元方法

多くのパソコンには、seagate社製のhddが導入されています。 seagate社製のhddは非常に高性能で信頼性も高いです。しかし、時々認識しないなどのトラブルが起こることもあります。 hdd内に収められている画像や書類などデータが取り出せなくなってしまうと、大きな困りになりますでしょう。 では、本文は、seagate社製のhddが認識されない時の適切な対処方法とおすすめのデータ復旧ツールについてご紹介します。

Part1. seagateのhddが認識されない原因について

seagate社製のhddが認識されなくなってしまう原因は、いろいろとあります。

  1. hdd本体が劣化している場合や故障しています。
  2. 外付けタイプの場合にはUBSケーブルや電源アダプタなどが原因となっていることもありますので、まずはじっくり状態をチェックしてみてください。
  3. 長く使っている場合にはhdd本体の故障を疑ってみたほうが良いかもしれません。
    hddは長年使用していると、ほこりが溜まる場合や経年劣化が起こり、壊れやすくなってしまいます。 寿命については個体差がありますが、だいたい3年から5年くらいだと言われています。

Part2. seagateが認識されない場合の対処法

seagateのhddが認識されないときには、一度電源を落としてみてください。 パソコンを再起動させることで、認識できる場合があります。 それでも認識しないときには、hdd周りのほこりなどをエアダスターなどできれいに掃除してみると良いでしょう。

Part3. seagateのデータが失われた時の解決策

hdd本体が壊れている状態だと、再起動しても、ほこりを飛ばしても、認識しません。 認識しなくなったとしても、中のデータが取り出せる場合もあるので、焦らなくて大丈夫です。 hddのデータを復旧させる方法はいくつかありますが、一番簡単でおすすめの方法はRecoveritを使うことです。

Recoveritは、Wondershare社が開発したデータ復旧ツールです。 復元したいデータの元保存場所を指定して、スキャンを行うだけで、消えてデータがすぐに復旧させることができます。 復元率は、96%と非常に高いのが特徴です。 画像、ドキュメント、マルチメディアファイルなど、さまざまなデータの復旧に対応しています。 メール、ZIPやexeなどのアーカイブの復旧も可能です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Recoveritでスキャンして検出したデータは、復元する前にプレビューも可能です。 Windows版、Mac版の両方が用意されていますので、お使いのパソコンに合ったものを選んでダウンロード、インストールしてご利用ください。パソコンに詳しくない方でも、直感的に使うことができますので、ぜひ試してみてください。3つの簡単な復元ステップは以下の通りです。

ステップ1 復元したいデータが保存されている場所を選択します。

復元したいデータが保存されている場所を選択

ステップ2 失われたデータをスキャンします。

失われたデータをスキャン

ステップ3 復元したいデータを復元します。

復元したいデータを復元

まとめ

hddは精密機器ですので、突然認識しなくなってしまうことがあります。 そんなときは、まずhddやパソコンの電源を落とし、再起動してみてください。 どうしても認識しないときには、弊社のRecoveritを使うことで、hdd内のデータを復元させることができます。

復元可能なデータは、 JPEGやPNGなどの画像ファイル、MP4やWMVなどの動画ファイル、AACやMP3などの音声ファイルなどです。 Word、Excel、PDFなどのオフィスファイルなどにも対応しています。 弊社のRecoveritは96%の復旧率となっていて、失ったデータを高確率で取り戻すことができますので、ぜひ利用してみてください。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元
  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応
  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元
  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > seagate社製のhddが認識されなくて困った時のデータ復元方法

すべての記事