パソコンがフリーズした時の対処法とは

Aug 12,2019 • カテゴリ: その他の復元

情報社会などと言われるようになり、全世界のほとんどの地域をインターネットがつながって、いろいろな事をパソコンやスマートフォンで検索できるようになった昨今はもう一家に一台から一人に一台、一人に一台から一人に複数やパソコンとスマートフォンの複数所持なんてのが当たり前になってまいりました。当然それに伴ったトラブルは多いもので、その一つ「フリーズ」について今回は解説していきます。

パソコンフリーズ

そもそもなぜフリーズするのか

まず基本として抑えなくてはいけない事は、どうしてパソコンはフリーズするのかという事です。パソコンは私たち人間よりも記憶や記録、その引き出しや読込に何らかの命令でそれらを活用することに掛けては、絶対に人間では真似のできない性能を誇ります。ですがSFの世界でもない現実ではまだ人工知能が確立されておらず、命令を受け取り実行することはできても、それらを自分の限界をどこまでで、どれが先でどれが後でという順番付けなどを命令や順序付けして貰わないとコンピューターは自己判断することが出来ません。人間は忘れたり、自己判断で力を抜いたり、疲労で眠ったり倒れたり症状や動作はさまざまでも無意識の生理現象も含めて過剰な労働に休息を取ろうとする機能が働きますが、自己判断で力を抜くことが出来ないためにパソコンは過剰な命令で思考停止を起こしてしまうという事です。

過剰な命令の原因はなにか

ではどんな時にそんな過剰命令が出てしまうのかという事を見て行きますと、まずは純粋に使用者の入力量の問題です。とはいえ単純な命令やその処理速度は一般的人間よりもコンピューターは正確で早いのが最近は当たり前ですので単純なキーボードやマウス操作での入力でパソコンがフリーズすることはまずありえません。入力量の過剰が起こるのとして考えられるのは、複数の動きを行う場合です。例えばですが「仕事用の書類を開き」「何か聞いて居たいから音楽を掛け」「合間を使ってゲームや動画を脇で見る」というこの三つなどや、さらにこの仕事用の書類を計算させようとしてなど、これらを繰り返すことで徐々に一時データが溜まり込んで行った結果として一時的フリーズが起こったりします。

さらなる原因と目に見えないデータ

インターネットをやっているとウィルスという言葉を誰しもが聞いたことは有るはずです。単純にウィルスと言ってもデータを破壊するモノもあれば、単純に内部データを覗くだけのモノやさらにそれをどこかに送り出したり、そういった不正介入を気づかせないために内部を少しずつ書き換えたりなどいろいろな内容があります。これらはインターネットでアクセスしたサイトやアドレスなどで開いたファイル等を通して入り込み、前述したような動作と合わせて自分が入力しているのとは別に勝手に命令を出したりします。当然これらは過剰命令の引き金に成ったり、最悪破壊系のウィルスで有るならパソコンそのものが起動できなくなるようなフリーズを引き起こすこともあり得ます。

主な傾向と対策を練れば怖くはない

まずは自己入力を分散させる事が一つの対策です。なんの動作をさせるでも1つの動作内容だけで過剰な状態が生まれることは有りません。それこそ最近のパソコンは大抵のソフトやアプリと相性を自己判断で合わせてくれるものもあるなど、高性能なプログラムを組まれていますのでよっぽどの相性が悪くない限り、一つの作業だけでフリーズの引き金になることはまずありません。

次にウィルスに対してですが、まずはインターネット内の接続をしないのが一番ですが、それでは仕事にならないという人もいますので、接続するサイトが安全で有るかやダウンロードしてきたファイルにウィルス感染の兆候が無いかを診断するツールやソフト、そして感染してしまってもウィルスをパソコンから削除するなど対策はいろいろ選択することができます。

仮に壊れてしまったらどうするか

過剰動作で熱暴走などを起こし物理的にパソコンが壊れてしまったなら、正直に復元は不可能です。しかし最近の放熱機能は優秀ですし、まず熱だけで物理的な破壊を引き起こすことはあり得ません。大抵は内部のデータが破損して、接続できない部分が出来たりして必要データを引き出せないという事が殆どで、単純にこれだけならHDDを取り出して別の場所に移すでも、壊れた内部を交換するだけで問題はないはずです。

ただ、それが不具合無く全て機能する状態にするのは、しっかりした知識を持って行わないと難しいもので、そこで「Recoverit」をはじめとして復元や今のシステムをバックアップデータとして残して置くソフトの導入が効果的です。こういったソフトは必要なデータをあらかじめどこまでかわかりやすく保存してくれたり、壊れてしまったデータを痕跡から復元出来たりもします。

簡単に説明して参りましたが、パソコンをフリーズさせないのはちょっとしたユーザーの気遣いと普段の注意で抑止できます。ですが本当にごくごく偶に、特に普段から使用する時間が長ければ長いほどそう言った危険に遭遇する機会は増えるわけですし、絶対に見落とさずに抑止行動をとり続けられるとは限りません。そんな時にもバックアップや最悪の場合に復元を出来るソフトの準備は転ばぬ先の杖として大切だと言えます。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / その他の復元 / パソコンがフリーズした時の対処法とは

すべての記事