解決済み:Windowsはフォーマットを完了できませんでした

エラーメッセージ「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」について解説。エラーが表示される原因や対処法を紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

エラーメッセージ「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」について解説。エラーが表示される原因や対処法を紹介します。

「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」は、ディスクが使用できないため非常に不便なエラーです。さまざまな原因から、適切な対処法を試す必要があります。データを削除した場合は、データ復元ソフト「Recoverit」がおすすめです。安心して対処しましょう。

Part1:「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」エラーについて

「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」は、ディスクやリムーバブルディスクを接続した際に表示されるエラーです。基本的にディスクはパソコン内蔵の記憶媒体、リムーバブルディスクは取り外しが可能な記憶媒体を指します。主なディスクの例は、以下のとおりです。

ディスクの例

リムーバブルディスクの例

ディスクに「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」エラーが発生するとパソコンの起動すらできません。基本的にリムーバブルディスクの接続時に起こるエラーと考えて良いでしょう。

Part2:「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」エラーが生じた原因

「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」エラーが生じる理由は、さまざまな原因があります。

USBメモリやSDカードは、データを編集できなくする「書き込み禁止」設定ができます。権限のないユーザーは閲覧のみが可能。第三者によるデータ編集を禁止します。書き込み禁止に設定すると、フォーマットできません。そのため「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」と表示されます。

またウイルス感染やディスクが物理破損した場合も、フォーマットできません。なにかしらのシステム障害で、運悪くディスクのフォーマットに関するシステムが破損したと考えられます。

セクタとは、記憶媒体に書き込むデータ数の最小単位です。なにかしらの原因で読み書きできないセクタを「不良セクタ」と呼び、フォーマット時にエラーを生じさせます。ディスクを誤った手順で抜いたり、過度にクリーンアップしたりすると発生します。

Part3:「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」修正方法

「Windowsはフォーマットを完了できませんでした」を修正するには、原因にもとづいて対処する必要があります。もし不適切な対処法を実行しても、原因にあっていなければ修正できません。原因を知り、正しい方法で修正しましょう。

対処法1.Windowsの標準機能「ディスク管理」でディスクを初期化する

「ディスク管理」は、「ディスクがパソコン上でどのように認識されているのか」を把握できる便利な機能です。名前のとおり、ディスクの詳細について管理できます。Windowsに標準搭載されている機能なため、誰でも使用が可能です。

「ディスク管理」でディスクを初期化する方法は、以下の手順です。

手順1.デスクトップ画面左下の検索ボックスに「ディスク管理」と入力し、「ディスクの管理(ハードディスクパーティションの作成とフォーマット)」を選択する

ディスクの管理を選択

手順2.フォーマットするディスク名を右クリックする

フォーマットするディスク名を右クリック

手順3.「ボリュームの削除」を選択し、削除する

「ボリュームの削除」を選択し、削除する

手順4.「未割り当て」になったディスクを右クリックし、「新しいシンプルボリューム」を選択する

「新しいシンプルボリューム」を選択

手順5.「新しいシンプルボリュームウィザード」を設定し、「完了」を選択すると完了する

「新しいシンプルボリュームウィザード」を設定し、「完了」を選択する

対処法2.Windowsの標準機能「コマンドプロンプト」でディスクを初期化する

「コマンドプロント」は、一画面でパソコンのさまざまなシステムにアクセスできる機能。特殊なコマンドを使い、システムの変更や設定が可能です。「コマンドプロンプト」を使えば、対象のディスクを初期化できます。必要なコマンドは以下に記載しますので、コマンド操作ができない人は参考にしてください。

「コマンドプロンプト」でディスクを初期化する方法は、以下の手順です。

手順1.「Windows」と「R」キーを同時押しし、「diskpart」と入力する

「diskpart」と入力

手順2.以下の順にコマンドを入力する(各コマンドごとに「Enter」キーを入力する)

  1. list disk
  2. select disk ◯(◯は初期化するディスクのディスク番号)
  3. clean
  4. create partition primary
  5. format FS=FAT32 quick」( または「format FS=NTFS quick」)
  6. assign letter ◯:(◯は割り当てたいドライブのドライブ文字
  7. 「exit」

コマンドを入力する

対処法3.ディスクを修理する

物理破損が原因でフォーマットできないディスクは、すぐに修理することをおすすめします。手遅れになると使用できなくなる危険性があるためです。当然、修理依頼には相応の費用がかかります。しかし専門知識や修理器具が必要なく、分解やパーツ交換などの手間がかかりません。なにより安全に修理を任せられるため、非常に安心感があります。

また物理障害は事前に防ぐことが大切です。ディスクとリムーバブルディスク、どちらも衝撃や水濡れによって発生する傾向があります。とくにSDカードやUSBメモリなどのリムーバブルディスクは、小型で使い勝手の良いディスクです。持ち運ぶ機会が多いため、物理障害が起こらないよう大切に扱うことが対処法といえます。

Part4:豆知識:うっかり削除したパソコンのファイルを復元する方法

ディスクのフォーマットは、初期化をともなう操作です。事前にバックアップしなければ、ディスク内のデータがすべて削除されます。もしもうっかりデータを削除してしまった場合は、データ復元ソフトを使うと便利です。

データ復元ソフトなら「Recoverit」がおすすめ。「Recoverit」は誰でもひと目で理解できる画面、案内に従って操作するだけの簡単操作が特徴です。復元前のデータをプレビューし、必要なデータを効率よく復元できます。パソコン初心者にもおすすめなソフトなので、ぜひ参考にしてください。

以下は、「Recoverit」 で間違って消してしまったファイルやフォルダを復元する手順です。

ステップ1 復元場所を選択

パソコンで「Recoverit」 を起動すると、左側のサイドバーに「HDDやデバイスから復元」が表示されます。ここでは、「場所」タブから特定のファイル・フォルダを選択してください。

スキャンしたいフォルダをクリックすると、選択した場所をスキャンし始めます。

復元したいフォルダを選択

ステップ2 パソコンの消えたデータをスキャンします。

スキャンしたいハードディスクをクリックすれば、スキャンが始まります。

スキャンは数分かかりますが、サイズの大きいファイルが多数存在する場合、数時間かかる場合もあります。

復元されたいフォルダをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイル・フォルダがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元する」をクリックすれば完了です!

復元したいフォルダ・ファイルをプレビュー

以上簡単な操作でパソコンから削除してしまった大事なデータが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、パソコンの復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元SDカード復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

HDD復元ソフト

Recoverit - 強力なパソコン復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > 解決済み:Windowsはフォーマットを完了できませんでした