Windowsパソコンが熱くなる原因と熱暴走対策

熱暴走でシャットダウンしたパソコンから消えたデータなどを簡単に復元する方法として、優れたデータ復元・復旧・復活ソフトRecoveritで復元する方法を紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

はじめに

Windowsパソコンの長時間の使用で、本体が熱くなったり、長時間使用していなくても動画閲覧やゲームをしていると場合によっては、電源が勝手に落ちて再起動を繰り返したりするなどの経験はあると思います。今回はパソコンの熱暴走の原因や対策についてご説明しましょう。

Part1: Windowsパソコンが熱くなる原因

電流が流れるという現象は、その際の電子同士の摩擦によって熱が発生します。つまり電気を使う機器には発熱はつきものです。ましてや精密機械であるパソコンのプロセッサー部分などは、集積回路とよばれる髪の毛より細い導線による回路が積層されており、小さな面積に多くの電線を組み込んである作りなので、大きな熱が発生するのです。そのため、パソコンには熱を除去するためのヒートシンクとよばれる装置が設置されています。

実際は、数多くの部品が複雑に組み合わされているので、パソコン内部には充分な通気性は保たれません。特に、軽さや薄さが求められるノートパソコンの場合は、気流による放熱には限界があります。そうなると、筐体内部に熱がこもりやすくなり、温度が一定以上に達するとパソコン内のCPUの判断で、熱によるダメージを避けるため動作が停止します。これが、いわゆる「熱暴走」とよばれる現象です。

「画面がブルースクリーンになる」「突然電源が落ちて再起動」「エラーが頻発」などの不具合には、熱暴走が関連する場合が多いです。

Part2: Windowsパソコンの熱暴走対策

Windowsパソコンが熱くなる現象は、熱を上手く外に逃がせていないか環境が原因である事が多いで、以下の熱暴走対策をお試し下さい。

①パソコンの通風孔のクリーニング

通風孔というのは、パソコン内の熱を逃がす場所で、大概ノートパソコンでは裏側の底面に位置します。この通風孔にゴミや埃がたまっている場合、通風孔を塞いでしまって、放出したい熱がうまく通れなくなります。通風孔をきれいにすることで熱の放出がスムーズになります。通風孔のクリーニングは掃除機を使って埃を吸引したり、ウェットティッシュのようなものでゴミや埃を除去したり、パソコン用のエアーダスターによってほこりを取る事を心がけましょう。

通風孔にゴミや埃が溜まり汚れていると、熱を放出されないためにパソコンの動作に悪影響を与える場合があります。

②パソコンを使用する室内の温度調整

パソコンは電子機器のため熱に弱いというのが定石ですが、パソコン内部の温度は30℃前後が適正です。パソコンの温度は室温から7℃~8℃高いため、もしパソコンを長時間使用する際は、室温は23℃くらいを保つように気をつけましょう。

③パソコンを置く場所にも注意

パソコン使用中の環境にも注意が必要です。もしパソコンを置いている場所が、直射日光のあたる場所ならば、パソコンに外部から熱を与えてしまいますので、別の場所でのパソコン作業をおすすめします。できるだけ室温が安定していることが理想なので、エアコンなどで温度調節可能な場所にパソコンを置きましょう。

また、ノートパソコンを使用する際は、冷却ファンを使って補助的に熱を放出させれば、より効果的です。

④不要なアプリの起動を控える

パソコン使用時に多くのアプリを起動していると、パソコン内のCPUに負担がかかり、発熱する場合もあります。他にも、インターネットブラウザを使用する場合、複数のタブやウィンドウでさまざまなWebページを開いてしまうと、この状況もメモリを消費しているので、閲覧が終わったらタブやウィンドウは閉じるように習慣づけましょう。

⑤上記を試しても熱暴走が収まらない場合

様々な対応しても熱が収まらない場合は、部品の故障である可能性が高いので、故障パソコン修理の専門会社に相談するのがおすすめです。

Part3:熱暴走でシャットダウンしたパソコンから消えたデータを修復する方法

熱暴走でシャットダウンしたパソコンから、行方不明になったファイルや失ってしまった閲覧履歴などを簡単に復元する方法として「データ復元ソフトRecoverit(リカバリット)」をおすすめします。Dell、IBM、HP、東芝、SonyなどのコンピューターのOSやメーカーを問わず、コンピューターまたはラップトップで失われたデータを復元できます。

【Wondershare Recoverit】データ復元ソフトは、Windowsパソコンから失われたファイルと削除されたファイルを3ステップと数分で復元可能です。1000種類以上のデータ形式を対応できます。パソコン、ごみ箱、内蔵ハードドライブ、 外付けストレージメディア、さらにはクラッシュしたパソコンからデータを復元すること ができます。無料版のリカバリットは、復元したい対象のデータ容量が100MBまで利用することができます。

無料版でお試しになってみて、便利な機能を数台のパソコンでも利用してみたい、復元するデータやファイル等の容量を無制限にしたいと思われたらご購入されてはいかがでしょうか?

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」で熱暴走でシャットダウンしたパソコンから消えたデータを復元する手順です。

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、消えてしまったデータの元保存場所を選択します。

パソコンで「Recoverit」を起動してから、消えたファイルの元場所を選択します。ここでは、「HDD」タブでハードディスクを選択するか、[場所]タブでデスクトップを選択してください。「開始」をクリックして、選択した場所をスキャンし始めます。

Windows熱暴走で消えたデータの保存先を選択

ステップ2 パソコンの消えたデータをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、パソコンから消えたデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

復元されたいデータをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

Windowsのデータを復元

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なパソコン復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windowsパソコンが熱くなる原因と熱暴走対策