書き込み禁止のUSBメモリーを解除する方法

仕事中やプライベートでよく使っているUSBメモリーにデータを書き込み禁止となってしまった?!どうやって修復できるでしょうか。さて、本文では、書き込み禁止となった原因と解除方法をご紹介!

• カテゴリ: USB復元

情報社会の発展に伴い、USBメモリなどの使いが多いです。USBメモリを使い中、お困りになるとこはありますか。例えば、メモリーにデータを突然書き込み禁止となってしまった。元々保存としてのものなのに、書き込みできなくなったら困りますよね。さて、今回は、そんな時のためにUSBメモリーが書き込み禁止になった原因と対処方法をご紹介します。

Part1: USBメモリーが書き込み禁止になった原因

USBメモリーとは、パソコンなどに差し込むだけでデータのやり取りができるものです。データの移行も高速でスムーズに行うことができ、サイズもコンパクトなので持ち運びも簡単です。このように非常に便利なUSBメモリーですが、usbの書き込みが禁止になっていて使うことができないという経験をされた方も多いと思います。
USBメモリーが書き込み禁止になった原因は、主に2つあります。1つ目は、USBメモリー自体が物理的に故障が原因のケース。2つ目は、USBメモリーで書き込み禁止の設定が原因のケースがあります。
そこで、usbの書き込みが禁止になっている時の解除の方法を紹介するので、書き込めない時の参考にして頂けたらと思います。

Part2:USBメモリーの書き込み禁止設定を解除する

1・USBメモリーのロック機能を確認する

USBメモリーには様々な種類があり、その中にはロック機能(ロックスイッチ)というものが付いているものがあります。
ロック機能がオンになっていると、USBメモリーが読み込み専用の状態になってしまいます。使用しているUSBメモリーでロック機能がオンになっていないか確認しましょう。
読み込み専用の状態では書き込むことができない為、USBメモリーにロックスイッチがついている場合は必ずオフになっているかを確認しましょう。

2・CMD(コマンドプロンプト)でUSBメモリーの書き込み禁止設定を解除する

USBメモリーにアクセス制限などが設定してある場合、そのUSBメモリーには書き込むことができません。
CMD(コマンドプロンプト)を使って、USBメモリーの書き込み禁止設定を解除しましょう。
CMD(コマンドプロンプト)を使った解除方法は、以下の手順を参照してください。

  1. パソコンで「Windows」キーとRキーを同時に押します。
  2. 「ファイル名を指定して実行」に「diskpart」と入力します。
  3. コマンドプロンプト画面で「list disk」と入力し、USBメモリーのディスク番号を確認します。(ここでは、nとします。)
  4. 「select disk n」と入力します。
  5. 「attributes disk clear readonly」と入力したら、完了です。

3・レジストリキーを変更してUSBメモリーの書き込み禁止設定を解除する

USBメモリーが書き込み禁止になっている場合、操作ミスなどでレジストリの設定が変更されてしまっていることがあります。以下の手順を参照して、レジストリキーを変更してください。

  1. パソコンで「Windows」キーとRキーを同時に押します。
  2. 「ファイル名を指定して実行」に「regedit」と入力します。
  3. レジストリエディター画面で「コンピューター¥HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥StorageDevicePolicies」にアクセスします。
    ※「StorageDevicePolicies」フォルダがない場合、レジストリで書き込み禁止設定は行われていません。
  4. 「WriteProtect」をダブルクリックします。
  5. 「値のデータ」で「0」と入力すれば、完了です。

Part3: USBメモリーのデータをRecoveritで復元

USBメモリーの書き込み禁止設定を解除できましたか?もし上記の方法でUSBメモリーの書き込み禁止を解除できなかった場合、フォーマットするしかありません。「USBメモリーのデータが削除されてしまう…!」とお悩みの方、「Recoverit」ならフォーマットされたUSBメモリーからデータを復元できますよ。

Wondershare Recoveritは復元精度が非常に高く、復元速度も速く、特に操作が簡単なのでストレスなく使うことができます。
そして1000種類以上のファイル形式に対応しており、様々なデータを復元することが可能となっています。
他にも、Macパソコンと携帯のSDカードなどの様々なデバイスデータも復元できます。
無料で復元可能なデータをプレビューできる無料体験版もあるので、興味のある方は是非ソフトをダウンロードして使ってみてください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Step1 まず「Recoverit」を起動して、削除されたデータの保存場所を選択します。

USBメモリをパソコンに接続して、「Recoverit」を起動してから、削除したファイルの元場所を選択します。今回はUSBメモリの復元なので、「外付けデバイス」にUSBメモリを選択して、「開始」をクリックします。

「外付けデバイスの復元」USBメモリーを選択

Step2 フォーマットされたUSBメモリーのスキャンが始まります。

「開始」ボタンをクリックして、USBメモリから消えたデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

usbでの復元されたいデータをスキャン

ステップ3 USBメモリの消えたデータをプレビューして復元します。

USBメモリのデータをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいUSBメモリのファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!(オリジナルファイルと同じ場所に保存しないでください。)

USBメモリーでのデータを復元

USBメモリーの書き込み禁止を解除できましたか?
書き込み禁止を解除できず泣く泣くフォーマットすることになっても、「Recoverit」ならフォーマットされたUSBメモリーからデータを復元できるのでご安心くださいね。また、Recoveritを使うことで、USBメモリの復元だけではなく、外付けHDDの復旧SDカードデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

USBメモリーデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なUSBメモリーデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種以上のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからもデータを復元

  • 破損した動画を修復
人気記事
Home > Resources > USB復元 > 書き込み禁止のUSBメモリーを解除する方法

すべての記事