Windows7、8、10で128GBのUSBメモリーをFAT32にフォーマットする方法

usbメモリーをWindowsだけではなく、Macでも使えるよう、FAT32にフォーマットする必要があります。そこで今回は、Windows7/8/10で128GBのusbメモリーをfat32にフォーマットする方法をご紹介!

• カテゴリ: USB復元

128GBのUSBメモリーをFAT32で利用したい場合があると思います。
usbメモリーをFAT32で利用する際は、USBメモリーをフォーマットする必要があります。
そこで今回は、Windows7/8/10で128GBのusbメモリーをfat32にフォーマットする方法を紹介します。

パート1.USBメモリーをFAT32にフォーマットする理由

usbメモリーをfat32にフォーマットするのは以下の理由が挙げられます。

・WindowsでもMacでも使える
FAT32はWindowsでもMacでも双方のOSで利用できます。

・古いパソコンで利用できる
Windows98/Me時代から使用されているシステムのため、古いパソコンでも利用できます。

・ドライブ領域を2TBまで利用できる
HDDなどでは最大2TBまでのドライブ領域を利用できます。

FAT32は汎用性が高いファイルシステムなので、現在でも多くの方が利用しています。さらに多くの理由がありますが、全体として、問題を抱えることなく幅広いプラットフォームでドライブを使用したい場合は、FAT32が最適なファイルシステムです。

パート2.Windows7/8/10で128GBのUSBメモリーをFAT32にフォーマットする

ここからWindows7/8/10で128GBのusbメモリーをfat32フォーマットする方法を紹介します。

結論から言いますと、Windowsで128GBのUSBメモリーをFAT32にフォーマットすることはできません。
Windows標準搭載のフォーマットツールでは、32GBを超えるFAT32のフォーマットに対応していません。
128GBのUSBメモリーをフォーマットする場合は、Windows PowerShellを利用します。

PowerShellでフォーマットする方法を紹介する前に、「ディスクの管理」で32GB以下のUSBメモリーをフォーマットする方法を紹介します。

・方法1 「ディスクの管理」で32GB以下のUSBメモリーをFAT32にフォーマットする方法

1. フォーマットするUSBメモリーをパソコンに接続します。
2. 画面下部のタスクバーから「エクスプローラー」をクリックします。
3. 画面左側から「PC」を選択し、該当するUSBメモリーが表示されていることを確認します。
4. USBメモリーを右クリックし、「フォーマット」を選択します。
5. ファイルシステムから「FAT32」を選択し、「開始」をクリックします。
6. 警告のメッセージが表示されたら「OK」をクリックします。
7. フォーマットが完了したら「OK」をクリックします。

・方法2 Windows PowerShellで128GBのUSBメモリーをFAT32にフォーマットする方法

1. フォーマットするUSBメモリーをパソコンに接続します。
2. 「スタート」を選択し、一覧から「Windows PowerShell」をクリックします。
3. PS C:〇〇〇〇>の後ろに「 format /FS:FAT32 ドライブレター:」と入力し、Enterを押します。ドライブレターはUSBメモリーに付けられた名前で、FやGなどの英字のことです。
4. フォーマットが完了するまでしばらく待ちます。

Windows7で起動する場合は「スタート」から「すべてのプログラム」→アクセサリ→Windows PowerShellの順にクリックします。
お使いのOSが64ビットなら「PowerShell」を、32ビットなら「PowerShell(x86)」をクリックします。

Windows8で起動する場合は「Windowsキー+X」を押し、「検索」をクリックします。
「PowerShell」と入力し、OSが64ビットなら「PowerShell」、32ビットなら「PowerShell(x86)」をクリックします。

パート3.Recoveritを使ってUSBメモリーのフォーマットで失ったデータを復元する方法

大切なデータを保存してあることを忘れて、うっかりUSBメモリーをフォーマットしてしまうことがあると思います。そんな時はWondershare社のデータ復元ソフト「Recoverit」を利用することで失ったデータを復元してくれます。

Recoveritは3ステップの簡単操作でデータを復元でき、フォーマットされたUSBメモリーからデータを復元できます。
1000種類以上のファイル形式に対応していますので、どんなデータでも復元が可能です。
そして、復元する前にプレビューを確認できますので、復元したいデータのみを指定して復元できます。

フォーマットで失ったデータを復元するならRecoveritをおすすめします。無料体験版も用意されているので、気になった方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、削除したファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

FAT32にフォーマットしたUSBメモリーを選択

ステップ2 フォーマットで消えたファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、フォーマットで消えたファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

フォーマットで消えたファイルをスキャン

ステップ3 フォーマットで消えたファイルをプレビューして復元します。

フォーマットで消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

フォーマットで消えたファイルを復元

以上簡単な操作でフォーマットで消えたファイルが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

フォーマットで大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > USB復元 > Windows7、8、10で128GBのUSBメモリーをFAT32にフォーマットする方法

すべての記事