usbが認識しないの原因および対処法

usbが認識しないケース

usbが認識されない現象として、デバイスマネージャーで表示されないことがあります。 過去に認識していたはずのデバイスが、急にwindowsのデバイスマネージャーで認識できなくなることがあります。

ドライバーのバージョンの問題で認識されていないと思って、公開されている最新のデバイスドライバーをインストールしても改善されないことがあります。

パソコン側のusbポートが動作していない状態で接続しても認識されません。 usbポートには外付けのデバイスだけではなく、キーボードやマウスを接続して使うことがあります。

無線LANによる接続をしてもうまく認識できないことがあります。 通常usbを接続するとランプが点灯しますが、ランプが点灯しないときがあります。 windowsにはデバイスとして認識されているのに、アクセスできないということもあります。

usbが認識しない原因

usbが認識できない原因として、接続するデバイスのドライバーが最新になっていないことが考えられます。

最新をインストールしているつもりでも、実際には古いドライバーをインストールしているときもあります。 usbへ接続する端子の欠損によって認識できないときもあります。

パソコン側のusbポートがosにうまく認識されていないこともあります。 パソコン側のusbポートが壊れているときに認識できません。 usbポート自体が壊れているときは、どんなデバイスを接続しても動作しません。 usbのランプが点灯しない場合は、電源が供給されていない可能性が考えられます。

原因として、他のusbに何かデバイスを接続していて、その影響で電源が供給できないことがあります。 デバイスマネージャーに接続したデバイスとして表示されないのは、接続したデバイスのドライバーの不具合か、デバイス自体が壊れている可能性があります。

Windowsでデバイスとして認識されているのにアクセスできない原因として、外付けhddやusbメモリーなどの場合は、フォーマットがされていないことが考えられます。

usbが認識しないの対処法

usbへ接続してから認識できないのはデバイスドライバーが古いための場合、デバイスの最新のドライバーをインストールすれば問題は解決されます。 最新のドライバーを公式HPからインストールしていても、公式HPが最新バージョンのドライバーを公開していない可能性もあります。 最新のドライバーを手に入れることで解決します。

パソコン側のusb端子が壊れている場合は、そのusb端子を使わないで、他の端子を使うようにするとうまく認識できます。 壊れたusb端子は今後使えないので、他のusb端子を使えば解決します。

usbランプが点灯しない場合は、他に接続しているusbデバイスを切断してみて、ランプが点灯するかどうか確認します。 usbランプが点灯する場合は、接続するusbデバイスの数が多すぎるために十分な電源を供給できないケースなので、接続するデバイス数を少なくします。

Windowsにデバイスとしては認識されているのに、デバイスにアクセスできない場合は、デバイス自体がフォーマットされていない可能性があるため、フォーマットすることでアクセスできるようになります。 フォーマットしても問題が解決されない場合は、usb自体が壊れている可能性が高くなります。

usbを交換してもう一度パソコンに接続すると、アクセスできるようになる可能性が高くなります。 usb接続時にトラブルが発生した場合の対処法を紹介してきましたが、ここまでの対処法を行っても解決できない場合は、usb自体に問題がある可能性が高くなります。

usbを交換してから接続してみて正常にアクセスできるのであれば、usb側の問題ということになります。 usbを交換しても問題が解決できなければ、パソコン自体に問題がある可能性があります。 パソコンの修理か新しいパソコンを購入するしか方法はありません。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / USB復元 / usbが認識しないの原因および対処法

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?