USB消えたデータ復元:USBの消えたデータを復元させる「recoverit」がすごい

パソコン回りの周辺機器で持っているものは何ですか? あるネット調査によるとマウスを抜いてUSBメモリが1位となっています。 これだけ浸透していて誰もが使っているUSBですが、データが消えてしまうようなトラブルが多いのも事実です。

Wondershar社のUSB消えたデータを復元できるソフト「Recoverit」はそんな時にまず使ってほしい復元ソフトです。 このそのUSB消えたデータを復元できるソフトは無料体験が可能です。もちろん、HDDのなくしたデータを復元することもできます。まずはお使いのパソコンにダウンロードしてお試しください。凄さをご説明しましょう。

Part 1.USBのデータが消えた?

USBはデータの移行や持ち運びをする時に大変便利ですが、リスクも生じます。

〇データをパソコンに送る時、または書き込み中にエラーが起きた
〇共有パソコンで誰かが消してしまった

操作のミスによって、USBのデータが消えてしまったケースも多いです。

〇大事なファイルを間違って削除した
〇違うUSBにデータを出し入れしてしまった
〇使用中にUSBを抜いてしまった

不具合は突然起こり、USBのデータが消えてしまった

〇パソコンがクラッシュした
〇USBが反応しなくなった
〇ウィルスに破壊された

など、データが消えてしまうケースはたくさんあります。USB消えたデータを復元できるソフト「Recoverit」は突然のトラブルでもすぐに使えるので安心です。

Part 2.USBの消えたデータを復元できるソフト

USB消えたデータを復元できるソフト「Recoverit」は以下の特徴があります。
◎高度な技術による、データに損傷を与えない安全な復元
◎誰もが使いやすいウィザードモードによる進行
◎日付、ファイル名、サイズによる検索ができるのでより早い検索が可能
◎フォーマットされたファイルや削除されたファイルを元のパス名と名前で復元
◎パーティションによる損傷も復元 ◎RAWファイルもファイル名を指定しない深い検索で復元
◎プレビュー機能により、復元前の確認ができる

Part 3.USBの消えたデータを復元する方法

「データリカバリー」はUSBから削除された550種類以上のファイル形式の復元ができます。音楽、動画、写真、ドキュメント、メール、アーカイブなどあらゆるファイルの復元が可能です。 USBの他にも様々な外部メディアの復元ができます。HDD、外付けHDD、デジカメ、デジタルビデオ、SDカード、携帯プレーヤーリムーバブルメディア、ごみ箱など様々な種類のデータ復元に対応しています。

では、実際にUSBの消えたデータを復元してみましょう。

ステップ1   読み込めないUSBからデータを復元するモードを選択します。

Wonderahare Recoveritをインストールして起動したらメニューウインドウが表示されます。 メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されるので、その中の「外付けデバイス復元」を選択してサブウインドウを表示します。

「外付けデバイスの復元」を選択

外付けデバイスにはUSBも含まれているので、USBがうまく認識できればデータの復元はできます。 サブウインドウには「USBフラッシュドライブ」「デジタルカメラ」「カムコーダ」「メモリーカード」「ipad/MP3/MP4プレーヤー」「CX/XD/MMCカード」「その他のデバイス」が表示されます。

外付けデバイスの復元のサブウインドウが表示される、外付けデバイスのメニューウインドウが表示されます。 ここで、データを復元したいusbをパソコンへ接続してウィンドウの右下の「次へ」をマウスでクリックします。 ウィンドウには、外付けのデバイスの一覧が表示されます。外付けデバイスが複数ある場合は、表示されているデバイスの中からUSBを見つけてUSBのスキャンするようにすればデータの復元は可能です。

「外付けデバイスの復元」を選択

ステップ2 読み込めないUSBのデータをスキャンします。

表示されているデバイスの中で、復元したいUSBにチェックを入れてウィンドウ右下の「開始」をクリックします。 すると、USBのスキャンを開始します。

該当する場所を選択

スキャン中の状態を右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。 復元可能の削除データの一覧がウィンドウの右側に表示され、左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。

データをスキャン

ウィンドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。

ステップ3  スキャンされた読み込めないUSBのデータを復元します。

スキャンされたusbに含まれているデータの一覧が表示されて、復元したいデータにチェックを入れて、ウィンドウの右下の「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

Part 4.USBの消えたデータを復元できるソフトについて

USBの消えたデータを復元できるソフトwondershare「Recoverit」にはより深い検索方法があります。
「ディープスキャン」でデータを深く検索するという方法です。通常のスキャンで復元できなかったファイルや、フォーマットされたファイルの復元などに使って下さい。より深く検索するので時間がかかります。ですが、スキャン中でも一時停止や停止、保存ができるので、また次にスキャンする時は保存場所から再開できます。同じスキャンをやらなくてもいいので、時間の短縮になります。

復元した後ファイルを保存する際に、上書き防止のため同じUSBに保存しないで下さい。
復元率を高めるためにも、USBに不具合が起きたらUSBドライブの使用を中止して下さい。

突然起こるトラブルや、予期せぬ事でのファイルの消失にはワンダーシェア社の「Recoverit」をお勧めします。
うっかりUSBを削除してしまい、その後ごみ箱を空にしてしまっても、データはまだ残っています。そのデータを探し出し復元させます。

USBのデータが消えた場合、どなたでも使える簡単操作や高い復元力のwondershare「Recoverit」を試してみてはいかかでしょうか。USBがフォーマットされても復元することもできます。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なMacデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / USB復元 / USB消えたデータ復元:USBの消えたデータを復元させる「recoverit」がすごい

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?