「このデバイスは現在使用中です」と出る時、USBメモリを安全に取り外す方法

パソコンからUSBメモリを取り外すときに「このデバイスは現在使用中です」と表示されるトラブル。本ページでは、「このデバイスは現在使用中です」と出たときにUSBメモリを安全に取り外す方法を紹介します。

データ復元100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし データ復元 3ステップだけ復元可能
内野 博

• カテゴリ: USB復元

パソコンからUSBメモリを取り外すときに「このデバイスは現在使用中です」と表示されるトラブル。このトラブルが起きる原因は、Windowsシステム不具合かソフトがUSBメモリを使用していることが基本線です。そのため、解決方法は難しくありません。

本ページでは、「このデバイスは現在使用中です」と出たときにUSBメモリを安全に取り外す方法を紹介します。


Part1: 「このデバイスは現在使用中です」が出る原因

「このデバイスは現在使用中です」と表示されてUSBメモリが取り出せないときは、以下のどれかが原因と考えられます。
● Windowsのシステム不具合
● ソフトがUSBメモリを利用中
● USBメモリのデバイスドライバーの不具合

それぞれの原因を詳しく解説します。

1)Windowsのシステム不具合

よくある原因はWindowsのシステムで発生した一時的なエラーです。「このデバイスは現在使用中です」と表示されるときのエラーは深刻なものではなく、PCを再起動するだけで解消できます。

2)ソフトがUSBメモリを利用中

パソコンで使用しているソフトのどれかがUSBメモリを利用しており、取り外せないパターンもあります。気づかないところで他の起動中のソフトがUSBメモリを利用していることは多いので、パソコンの状態はチェックしておきましょう。

3)USBメモリのデバイスドライバーの不具合

USBメモリはパソコンにデバイスドライバーがインストールされて、はじめて認識されます。そのため、デバイスドライバーにエラーが発生すると、USBメモリが取り外せない問題が起きる可能性が生じます。


Part2: 「このデバイスは現在使用中です」と出る時、USBメモリを安全に取り外す方法

「このデバイスは現在使用中です」のエラーが出てUSBメモリが取り外せない場合、以下の方法で対処してみましょう。
● 異なる方法での取り外しを行う
● パソコンを再起動する
● 起動しているアプリ、プログラムをすべて終了させる
● デバイスドライバーの更新
● USBメモリのファイルシステムを変更

それぞれの方法の手順を紹介します。

1)異なる方法での取り外しを行う

Windows10のパソコンでは、以下3つのツールでUSBメモリの取り外しが可能です。
● エクスプローラー
● タスクバー
● 設定

そのため、別の方法を試すとUSBメモリを取り外せる可能性があります。

ツール別での取り外し方法を紹介します。

● エクスプローラーでの取り外し方法

エクスプローラーを利用する場合、以下の手順でUSBメモリの取り外しが行えます。
1. エクスプローラーを起動
2. ウィンドウ左側で「PC」を左クリック
3. ウィンドウ右側で利用中のUSBメモリを右クリック
4. 「取り出し」を左クリック

● タスクバーでの取り外し方法

タスクバーを利用する場合のUSBメモリの取り出し方法は以下の通りです。
1. デスクトップ画面右下にあるタスクバーで上矢印のアイコンを左クリック
2. USBのアイコンを左クリック
3. 「(利用しているUSBメモリの名前)の取り出し」を左クリック

● 設定での取り外し方法

設定からUSBメモリを取り外す場合、まず以下の手順で設定画面を開きます。
1. スタートボタンを左クリック
2. 設定のボタンを左クリック

設定の画面が表示されたら、以下の手順を行ってください。
1. 「デバイス」を左クリック
2. ウィンドウの左側で「Bluetoothとその他のデバイス」を左クリック
3. ウィンドウ右側「その他のデバイス」の項目で「USBストレージ」を左クリック
4. 「デバイスの削除」を左クリック

2)パソコンを再起動する

Windowsのシステムエラーが発生している場合もありますが、これはパソコンを再起動させて解決する可能性が高いです。どのツールで取り外しを行ってもエラーが発生するのであれば、パソコンを再起動してみましょう。また再起動せずにパソコンをシャットダウンしてUSBメモリを取り外すことも可能です。

3)起動しているアプリ、プログラムをすべて終了させる

「このデバイスは現在使用中です」のエラーは名前の通り、どれかのソフトがUSBメモリを利用している状態を表わします。そのため、何かしらのアプリやプログラムを開いている場合、すべて終了させてみる方法もあります。

4)デバイスドライバーの更新

USBメモリのデバイスドライバーの現バージョンに不具合が起きている可能性もあります。そのため、デバイスドライバーの更新も試してみましょう。

デバイスドライバーは以下の方法で更新できます。
1. スタートボタンを右クリック
2. 「デバイスマネージャー」を左クリック
3. 「ディスクドライブ」をダブルクリックしてツリーを展開
4. 使用しているUSBメモリの名前を右クリック
5. 「ドライバーの更新」を左クリック

ちなみに⑤の手順で「デバイスのアンインストール」を選択して、USBメモリを取り外す方法もあります。

5)USBメモリのファイルシステムを変更

ファイルシステム形式がNTFSのUSBメモリを利用している場合、「exFAT」へ変更すると問題が解決する可能性があります。しかし、この方法ではUSBメモリをフォーマット(初期化)する必要があるので、保存データのバックアップが必須です。

ファイルシステムの変更は以下の手順で行えます。
1. エクスプローラーを起動
2. ウィンドウ左側で「PC」を左クリック
3. ウィンドウ右側で利用中のUSBメモリを右クリック
4. 「フォーマット」を左クリック
5. 表示される画面の「ファイルシステム」の項目で「exFAT」を選択
6. 「クイックフォーマット」にチェックを入れる
7. 警告メッセージの表示を確認
8. 「OK」を左クリック


Part3: USBのデータを復元できるツール

「このデバイスは現在使用中です」のエラーに対処する際は、USBメモリに保存していたデータが消える恐れがあります。万が一、USBメモリのデータが消えたら、「Recoverit」の利用がおすすめです。

RecoveritとはWondershareが提供するデータ復元ソフトで、あらゆる記憶媒体から失ったデータを取り戻せます。操作方法は3ステップだけで、簡単にUSBメモリのデータ復元ができます。データ復元成功率は95%と高く、500万人を超えるユーザーが利用するほど優秀です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

RecoveritでUSBメモリのデータを復元する手順

Step1 まず「Recoverit」を起動して、削除されたデータの保存場所を選択します。

USBメモリをパソコンに接続します。「Recoverit」を立ち上げ、削除したファイルの元場所を選択します。今回はUSBメモリのデータを復元するので、「外付けデバイス」のところに該当のUSBメモリを選択しクリックして下さい。

書き込み禁止されたUSBメモリーを選択

Step2 データが失われたUSBメモリーをスキャンします。

そうすると、USBメモリから消えたデータをスキャンし始めます。スキャン完了の後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

書き込み禁止されたUSBをスキャン

ステップ3 USBメモリの消えたデータをプレビューして復元します。

USBメモリのデータがスキャンされた後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。そして、復元したいUSBメモリのファイルにチェックを入れて、「復元する」をクリックすると完了です!(オリジナルファイルと同じ場所に保存しないでください。)

書き込み禁止されたUSBメモリーでのデータを復元

「Recoverit」ならデータが誤って削除されたUSBメモリーからデータを復元できるのでご安心くださいね。また、Recoveritを使うことで、USBメモリの復元だけではなく、外付けHDDの復旧SDカードデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

書き込み禁止されたUSBメモリーデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なUSB復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種以上のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからもデータを復元

  • 破損した動画を修復
人気記事
Home > Resources > USB復元 > 「このデバイスは現在使用中です」と出る時、USBメモリを安全に取り外す方法