Windows 10回復ドライブまたはUSBドライブを作成する方法

パソコンが起動できなくなった際などに、とても便利となってくるのが回復ドライブの存在です。本文ではWindows10の回復ドライブもしくはUSBドライブを作成する方法を詳しくご紹介!

パソコンが起動できなくなった際などに、とても便利となってくるのが回復ドライブの存在です。
今回は、そんなWindows10の回復ドライブもしくはUSBドライブを作成する方法を基本に、対処方法やデータを復元する方法なども併せて解説していきます。

パート1:Windows 10回復ドライブまたはUSBドライブの重要性

パソコンが突然起動しなくなった、もしくは起動してもWindowsが立ち上がらなくなった、ブルースクリーンエラーばかり発生してしまうといった事態を解決できるのが回復ドライブ、回復ディスク作成です。通常、パソコンを購入したら、まず最初に作っておくべきとも評されるほどのとても大事な存在です。なぜならば、こういった回復ドライブ、USBドライブを使うだけで、それまで立ち上がらなくなっていたWindowsが正常に起動したり、ブルースクリーンエラーを解消することが可能になるためで、逆に回復ドライブ、USBドライブがなければPCのリカバリが難しくなります。

回復ドライブ、usbドライブにはWindowsを初期化するためのデータが入っています。この初期化データがあるからこそ、非常事態に初期化を図ったり、一部のデータのみを初期化することでPCの復元ができるようになるというわけです。Windows自体にも初期化や復元の機能はありますが、PCで問題が起きた際にその機能自体にアクセスできなくなるということは珍しくありません。だからこそ外部のUSBなどにデータを保存しておくことが求められてきます。

パート2:Windows 10のUSB回復ドライブを作成する方法

USBの回復ドライブを作成する上で、まず重要となってくるのがそのサイズです。8GBや16GBでは、Windowsのデータがおさまりきらない、仮におさまったとしても不具合が発生しやすくなってしまうので、必ず32GB以上のUSBメモリを用意します。逆に32GB以上の場合、64GBなどでは32GB以上の分を使用できなくなってしまうので、32GBがとてもベターな選択肢となります。回復ドライブを作成するとそれまでUSBメモリにあったデータは、すべて自動的に削除されてしまうので新しいUSBメモリやフォーマット済みのUSBメモリを使用することも重要です。

まず、Windowsの設定→更新とセキュリティなどからWindows Updateをおこないます。これは、PCを初期化するときに古いバージョンのWindowsだと不具合が起きたり、そもそも対応できないということが起きるのでその対処方法です。また、念の為に回復ドライブを作成するUSBメモリ以外の接続してある外部デバイスは外しておきます。回復ドライブ作成は、基本的にwindows10のコントロールパネルからおこないます。コントロールパネル→システムとセキュリティのメニューからです。そして表示されるメニューに沿って、次へを押すことによって回復ドライブが作成できます。この際に、特段と必要な入力や操作はありません。

回復ドライブの作成中に問題が発生した場合の対処方法

回復ドライブの作成中に問題が発生しましたというエラーが出て、回復ドライブの作成が中断された場合は、まずUSBメモリをチェックします。USBメモリの不具合が回復ドライブの作成に問題を起こすことが一番多いためです。プロパティなどから問題がないかチェックし、問題があった場合は修復します。また、Windows REが有効になっているのかも確認します。これは回復作業に必須なことであり、管理者として実行したコマンドプロンプトからreagentc/infoを入力し、有効かどうかをチェックします。

パート3:パソコンで消えたデータを復元する方法ーーRecoverit

パソコンでデータが消えてしまった際に、復元する方法としておすすめなのがRecoveriと呼ばれるソフトウェアを使う方法です。このソフトウェアは長年において、多くのユーザーに愛されており、対応できるファイル数も1000を超えています。主にダウンロード版が販売されており、ずっと使えるプランであったとしても価格は8000円前後で永久に利用できます。また、なにより誰でも使いこなせるようにとてもわかりやすいインターフェイスになっているのが特徴です。

まとめ

今回は回復ドライブUSBの必要性や作り方などを解説してきました。パソコンを使う以上、不具合に対応できるように回復ドライブの作成は必要です。そうした回復ドライブとRecoveriなどの復元ソフトを使うことで、パソコンの問題がクリアしやすくなります。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、消えてしまったデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、消えたファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

消えたファイルの保存先を選択

ステップ2 消えたファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、消えたファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

消えたファイルをスキャン

ステップ3 消えたファイルをプレビューして復元します。

消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

消えたファイルを復元

以上簡単な操作で消えたファイルが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、Recoveritで復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > データをバックアップ > Windows 10回復ドライブまたはUSBドライブを作成する方法

すべての記事