映像と音声がズレる原因と補正方法をご紹介

撮影した映像を使って動画を編集していると、音ズレが発生してしまうことがあるでしょうか。どうやって修復でしょうか?本記事では音ズレの原因として考えられるいくつかのパターンと、それを補正する方法をご紹介します。専用的な動画修復ソフトRepairitをおすすめ~

動画の映像と音声がズレていると、気持ちが悪いですよね。録音したものや撮影した映像を使って動画を編集していると、音ズレが発生してしまうことがあります。見ている人に違和感を与えてしまうので、見つけたらすぐに修正する必要があります。音ズレの原因として考えられるいくつかのパターンと、それを補正する方法をご紹介します。

パート1:音ズレが起こる理由とは

映像と音声がズレてしまう原因にはいくつかのパターンがあります。動画と音声のコマ数が違うパターンや、録画機能に問題がある場合などがあります。それぞれの原因を説明すると、動画と音声のコマ数とは、動画のコマ数はフレームレートで、音声のコマ数はサンプリングレートがよく使われています。

映像レートのそれぞれ違う動画を繋げてしまった場合、出力の際に、映像だけが短い時間で出力されてしまうなどして、音声とズレてしまうことがあります。よく発生してしまうのは、29.97fpsと30fpsの映像を繋げた場合の音ズレです。ほんの少しのズレなので、短時間では分かりませんが、少しずつズレが広がってきてしまいます。同じようにサンプリングレートが違う動画を繋げた場合も、音声が早く終わってしまうなどのズレが生じてきます。

録画機能に問題がある場合は、スマートフォンなどで撮影した場合、端末のスペックの問題や、機器に負担がかかりすぎてしまい、音がズレてしまうことがあります。音ズレが発生してしまった場合は、他の機器でも録画してみましょう。その録画を再生してみることで、そのスマートフォンが原因なのかどうかが分かります。

パート2:音がズレた時に補正する方法とは

音ズレに気がついたら、まずは、原因を突き止めましょう。もし、編集ソフトに問題がありそうなら、編集ソフトを一旦デリートしてインストールし直すことで、音ズレがなくなる可能性があります。原因が分からない場合や、動画ファイル自体が音ズレしている場合などは、専用の動画修復ソフトを使用して、補正や修復をしましょう。

Wondershare Repairitは、撮影中や編集中、ファイルの転送中などに破損してしまったビデオを修復する専用のソフトです。難しいことが分からなくても、初心者でも簡単に操作することが出来ます。多種類な動画の形式に対応しており、短時間で動画を修復することが可能です。また、映像データと音声データのフレームレートとサンプリングレートを、撮影する前段階から決めてしまうということもお勧めです。

インターネット動画なら、音声のサンプリングレートを48kHzに、映像のフレームレートを30fps又は60fpsに統一してしまえば、いつもそのレートで撮影することになるので、動画を繋ぐときにズレる可能性が低くなります。
iPhoneの場合は、編集ソフトの誤操作や、環境によって音ズレが発生している場合があります。負荷がかかり過ぎているのかもしれないので、まずは、機内モードにしてみましょう。そして、省電力モードもオフにしておきましょう。案外これだけで音ズレが解消する場合があります。いらないアプリを消すことや、録画中にアプリを起動しないようにすることも有効です。

YouTubeにアップされた動画の音ズレについては、動画アップロード時の不具合や、エンコード時の不具合、グラフィックドライバの不具合などが考えられます。アップロード時やエンコード時の不具合は、もう一度アップロードし直す必要があります。グラフィックドライバの不具合がある場合は、更新することや、旧バージョンに戻す方法をとってみましょう。

パート3:音ズレには様々な原因が考えられます

音ズレが発生する原因と、その補正方法についてご紹介しました。映像のフレームレートの違い、音声のサンプリングレートの違いがあるのかもしれません。Wondershare Repairitなどの専用の修復ソフトを利用して、補正してみましょう。録画ソフトやパソコンなどの機器の側の問題があることもあります。その場合は、インストールし直すことや、機器の負荷を減らすことを考えてみましょう。無料版もございますので、ぜひごダウンロードして大切な動画を修復しましょう。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は「Wondershare Repairit」で破損した動画を修復する手順です。

ステップ1  破損した動画ファイルを追加します。

「Wondershare Repairit」を起動した後、壊れた動画ファイルを追加して、右下の「修復」をクリックします。

破損した動画ファイルを追加

ステップ2  修復の完了を待ちます。

修復の完了を待ち

ステップ3  無料プレビューして修復された動画を保存します。

無料プレビューして修復された動画を保存

破損した動画ファイル修復ソフト

Wondershare Repairit - 動画修復ソフト

  • Windows/Macで再生できない、破損した動画ファイルを修復
  • MOV、MP4、M2TS、MKV、MTS、3GP、AVIなど多種類の形式に対応
  • 撮影中、記録中、転送中、編集中、変換中、処理中に破損した動画を修復
  • Canon、Nikon、Sony、GoPro、DJIなどカメラで撮影された動画を修復
人気記事
Home > Resources > ビデオ復元/修復 > 映像と音声がズレる原因と補正方法をご紹介

すべての記事