Windows media playerで
MP4が再生できない時の対処法

Windows media playerでMP4動画を再生しようと、再生できない...そんな経験がありませんか。今回はWindows media playerでMP4動画を再生できない原因と対処法をご解説します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ修復可能

Windows media playerはマイクロソフトが提供している動画再生プレーヤーで、WindowsのOSが入っているパソコンで広く使われています。幅広いファイル形式に対応しており、起動がスムーズで読み込み速度が速いことが特徴です。

しかし、Windows media playerでMP4ファイルが再生できないことがあります。早く動画を見たいのに、再生されないとイライラしますよね。

今回は、なぜMP4ファイルが再生できないのか、その原因と対処方法を解説していきます。


パート1:Windows media playerでMP4を再生できない原因

Windows media playerで、MP4を再生できない主な原因を紹介します。

1)コーデックが不足している

さまざまなメディア プレイヤーには動画を再生するために必要なコーデックというプログラムがインストールされています。

Windows media player にもMP4に対応したコーデックがインストールされていますが、何らかの原因でコーデックが消去されてしまったり、うまく起動しないことがあります。なお、Windows 7用のWindows media player バージョン11以前は、MP4のコーデックが最初からインストールされていません。

2)動画が破損している

トラブルシューティングでWindows media playerには何も問題ない場合、動画が破損している可能性があります。動画編集中に発生した小さなエラーや、ほかのファイル形式からMP4へ変換する際に発生したトラブルが原因で破損してしまいます。

ダウンロードしたMP4が再生できない場合は、元々の動画が破損していた可能性があります。ある程度の破損なら、修復機能があるソフトやサイトで修復することが可能です。

3)パソコンの不具合

Windows media player、MP4ともに問題なくても、パソコンの不具合が原因で再生できないことがあります。メモリがいっぱいになっていたり、グラフィックボードがうまく機能していなかったりした場合に起こりやすく、診断ソフトを使わなければ原因を特定できないことが多いです。

パート2:Windows media playerでMP4を再生する方法

MP4を再生できないときに行うべき対処方法を解説していきます。

1)コーデックをインストール

上記の通り、バージョン11以前のWindows 7用windows media playerはMP4に対応していません。そのため、MP4に対応したコーデックをインストールする必要があります。

コーデックはマイクロソフト公式HPには無いため、ほかのサイトからダウンロードしましょう。「windows media player MP4 コーデック ダウンロード」で検索するといくつか出てきます。野良サイトなので、ウイルス対策をしてからダウンロードすることをオススメします。

Windows 8や10でコーデックが不足している場合、コーデックをインストールするよりもWindows media playerの再インストールをしたほうが簡単です。

2)UniConverterでファイル形式を変換

UniConverterというソフトを使えば、ファイル形式を変換するだけで、再生できるようにする場合があります。UniConverterを起動したら、ドラッグ&ドロップで変換したい動画を読み込ませます。

画面の下部で出力形式をwmvやaviなどに決め、あとは「変換」ボタンをクリックするだけです。変換中にソフトを消したり、サイズの大きいソフトを起動させたりすると、上手く変換できず動画が破損してしまうことがあります。

変換した動画を壊れた動画のあるフォルダと同じ場所に保存しないでください。壊れた動画が上書きされてしまいます。

動画が破損した原因と修復方法は、下記の動画でもご覧できます!

recoverit

Wondershare Repairitで破損した動画復元する

ガイド>

パート3:破損して再生できないMP4をWondershare Repairit(リペアリット)で修復

Wondershare Repairitは破損した動画を修復できる機能が付いており、MP4だけでなく様々なファイル形式を修復することができます。通常の修復機能に加えて、さらに修復率を高める高度修復も使うことが出来ます。

変換ミスで出やすいブロックノイズや音声と映像のずれ、音声は流れるものの映像が止まってしまうなど、重度の破損にも対応しています。無料体験版では、壊れた動画を修復できるか確認することができますので、ぜひ体験してみましょう。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は「Wondershare Repairit」で破損した動画を修復する手順です。

ステップ1  破損した動画ファイルを追加します。

「Wondershare Repairit」を起動した後、壊れた動画ファイルを追加します。
追加後、右下の「修復」をクリックします。

破損した動画ファイルを追加

ステップ2  修復の完了を待ちます。

「修復」ボタンをクリックし、修復作業が始まります。修復完了まで、少しお待ちください。

修復の完了を待ち

ステップ3  プレビューして修復された動画を保存します。

「プレビュー」ボタンをクリックして、修復された動画をプレビューします。保存する前に、ビデオコンテンツをチェックして、修復された動画が再生できるかどうかを確認できます。

無料プレビューして修復された動画を保存

以上の操作で破損したTwitter動画を修復する操作は完了です。

また、Wondershare「Repairit」を利用すると、動画の修復だけでなく、写真ファイルの修復にも対応できます。データ破損に困っている方は、ぜひ利用してみてください。

バージョンアップを怠らないのが一番の秘訣

Windows media playerは、毎年バージョンアップを行っています。年に数回あるため、何回かはバージョンアップしなくても構いませんし、3つや4つ先の新しいバージョンへ一気に更新しても問題ありません。

しかし、1年~2年程度アップデートしていないと再生できるはずの動画も再生できなくなることがあるため、バージョンアップの通知が来たら、その都度に更新しておくことをオススメします。

破損した動画ファイル修復ソフト

Wondershare Repairit - 動画修復ソフト

  • Windows/Macで再生できない、破損した動画ファイルを修復
  • MOV、MP4、M2TS、MKV、MTS、3GP、AVIなど多様なの形式に対応
  • 撮影中、記録中、転送中、編集中、変換中、処理中に破損した動画を修復
  • Canon、Nikon、Sony、GoPro、DJIなどカメラで撮影された動画を修復
人気記事
Home > Resources > ビデオ・写真復元/修復 > Windows media playerで
MP4が再生できない時の対処法