拡張子CR2とは?CR2またはRaw画像ファイルの復元方法

拡張子CR2とは?CR2またはRaw画像ファイルを復元するには?

パソコンで使うファイルには必ず「拡張子」が付いており、そこでパソコンがどのプログラムで扱えるファイルなのかを判断してくれます。写真だと拡張子は「JPEG」、動画だと「AVI」「MP4」などがありますが、中にはあまり知られていない拡張子もあります。

その中で拡張子「CR2」というものがあるのですが、実は「CR2」の拡張子が付いたファイルはキャノンのデジタル一眼レフカメラで取り扱う画像ファイルの一種になります。主だったデジタルカメラの画像は「JPEG」形式で保存されているのですが、キャノンの場合は特有のファイル形式を使っているという事になります。

では、なぜキャノンのデジタルカメラは独自のファイル形式を使っているのでしょうか。CR2ファイルの詳細を知っていけば、これからの写真撮影や画像加工の扱いをより深く知ることになります。

1、拡張子CR2とは

拡張子CR2とは、キャノン特有のデジタル一眼レフカメラで撮影した全く加工以前で、データが間違った使い方で破損しても、条件次第で復元可能なRaw画像ファイルがCR2ファイルという事になります。

カメラ内の撮影データはカメラの性能によりますが、性能の良い多機能なカメラで撮影した画像は、普通のモニタで見るよりはるかに容量が大きく、微細なデータになっています。例えば、カメラの裏側についている小さなモニタではすべての色彩を表示してくれるわけではありません。

また本格的な画像加工をパソコンでしようとすれば、それなりの高画質な画像素材や専用ソフトが必要になります。キャノンの場合はDigital Photo Professionalという付属ソフトで素材を加工するというように独自の方法をとっています。モニタなどの目で見る画像は「JPEG」という省略表示された画像で、実際にカメラに入った生のデータは容量が大きく微細なCR2形式(Raw画像ファイル)だと解釈してください。

2、CR2またはRaw画像ファイルの復元方法

「データ紛失」という現象ですが、そこには考えられるパターンがいくつかあります。よくやってしまうのは「カメラの電源」を切らずにメモリカードを抜いてしまう事です。

通常デジタルカメラは記憶方法がいくつかあり、カメラ本体に記録される時はUSBケーブルでパソコンに繋ぎ、カメラ本体と画像データを直接やり取りするもの、カメラがメモリカードに撮影データを直接記録するもの、カメラ本体とメモリカード両方にデータを記録できるものといったように様々です。

一番データが壊れずに復元できるのはどれかというのは本体とメモリカード両方に記録できる方式なのですが、メーカーやデジタルカメラの種類によって変ってきます。またカメラのバッテリーが切れかけた状態で撮影を続けているのもデータ紛失の原因になります。予備バッテリー交換がすぐに出来るタイプのカメラが必要になってくると思いますが、すでに持っているカメラがそうであるとは限りません。

そして記録されたデータを間違って削除してしまう事もあります。これらは使い方に慣れている人でもうっかりやってしまい、後でメモリカードをパソコンなどに入れても画像が見られなくなっていると、先の作業もできなくなります。

せっかく撮影した画像データが壊れてしまうのは、喪失感もあって心にダメージが残ってしまいます。しかし壊れたデータや削除したデータを何とか復元したいと思うのは誰も同じです。

そこで数あるデータ復元ソフトの中でWondershare社が販売している「Recoverit」を使ってみてはいかがでしょう。この「Recoverit」はメモリカードだけではなく、PC、HDD、USBメモリからの復元も出来る様になっています。では、メモリカードを例に取って、復元方法を説明しましょう。

注意ですが、データというのは破損したとなると必ず復元できるかどうかは確実ではありません。また、水没など物理的な破損は復元自体不可能です。機器は正しく大切に扱う事が重要です。

3、「Recoverit」でCR2ファイルを復元する方法

① 事前準備

「Recoverit」を無料ダウンロードしてインストールします。復元したいメモリカードを読み込む為のカードリーダーがパソコン本体に内蔵されている場合はセットしてください。カードリーダーが外付けの場合は接続してからメモリカードをセットしてください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

② 復元したいCR2ファイルの場所を選択

Recoveritを起動すると復元するメディアや場所の一覧が表示されますので、パソコン本体にカードリーダーが備わっているならドライブとして認識されます。また、外付けカードリーダーは「外付けデバイス」に表示されますのでメモリカードがセットされた印をクリックして下さい。

復元したいCR2ファイルの場所を選択

③ 紛失したCR2ファイルをスキャン

右下の「開始」ボタンをクリックすると画面が変わり復元作業が開始されます。作業の進行具合と経過時間が表示されますのでしばらく待ちましょう。

紛失したCR2ファイルをスキャン

④ 復元したCR2ファイルをプレビューして保存

復元作業が終わるとファイルの一覧が表示されますので、それをクリックすると右側にあるプレビュー画面が表示され、復元状態を確認できます。

復元したCR2ファイルをプレビューして保存

ファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元
人気記事
Home / ファイル復元 / 拡張子CR2とは?CR2またはRaw画像ファイルの復元方法

すべての記事