MP4音が出ない問題の発生原因と修復方法

MP4形式の動画を再生しようとすると、画面が流れているが、音声が出なくなった経験ありますか。本文ではMP4動画の音が出ない問題の発生原因と修復方法をご紹介、専門な修復ソフトRepairitをおすすめ!

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ修復可能

パソコンなどでビデオを再生しようとしたら、動画は見れるものの、MP4形式で記録されている音声が再生できないという経験をしたことがあるという方は多いのではないでしょうか。データが壊れてしまって回復不能なのではと考えてしまうかもしれませんが、実は原因を知ったうえで適切な対応を行えば修復できるケースも少なくないのです。以下では音が出なくなる原因と修復方法について紹介していきます。

パート1:MP4ファイルの音が出なくなる原因は何なのか

まず最初に、MP4形式で記録されている音声が再生できなくなる原因は必ずしも一つではないという点を頭に入れておくようにしましょう。そのうえで、代表的な原因として考えられるものの一つは、パソコンなどの再生機器に必要なオーディオコーデックが入っていないということです。オーディオコーデックとは、デジタル化された音声データをアナログに変換して出力するためのプログラムで、これがなければMP4データを再生できないのです。

また、もう一つの原因は、再生しようとしている機器が、そもそもMP4データに対応していないということです。機器そのものが対応していなければ、オーディオコーデックを入れられませんので、どうやっても音声を出すのは難しくなってしまうのです。

また、これら2つの原因に加えて、データそのものが破損してしまっているケースも考えられます。ビデオデータの中には動画を記録している部分と音声を記録している部分が存在しており、そのうち後者のみが破損してしまうと、動画は見られるのに音が再生されないという事態が生じ得るのです。

パート2:MP4ファイルの音が出ない場合にとり得る解決策とは

では、実際に音が出なくなってしまった場合にとり得る解決策にはどういったものがあるのでしょうか。

#1.MP4に対応しているオーディオコーデックのインストール

まず、オーディオコーデックが入っていないのが原因である場合には、単にコーデックを再生機器にインストールするだけですぐに動画が再生できるようになる可能性が高いです。コーデックはインターネット上からダウンロードできますので、それほど手間はかからないでしょう。

#2.他のビデオ形式にMP4ファイルを変換

次に、ビデオを再生しようとしているプレーヤーがMP4に対応していない場合には、データを他のビデオ形式に変換することで音声が再生できるようになる場合があります。例えば、代表的なプレーヤーの一つであるVLCメディアプレーヤーの場合、古いバージョンだとMP4に対応していないものがありますので、そういったものを使っているのであればMP4ファイルを変換するか、プレーヤーをバージョンアップするとよいでしょう。

#3.再生するメディアプレーヤーを変更

自分が使っているメディアプレーヤーがそもそもMP4に対応していないというのであれば、対応しているものに変更してみるというのも一つのやり方です。データが壊れていなければ、プレーヤーを変えるだけで簡単に再生できるようになるケースは少なくありません。

パート3:音声データが破損してしまった場合の解決策とはーー「Repairit」

様々な方法を試してもMP4の音が出ない状態が解消できないという場合には、データそのものが破損してしまっている可能性が考えられます。そのような場合には、専用のデータ修復ソフトを使って壊れたデータの復旧を行う必要があるのですが、そのようなときにおすすめなのが「Wondershare Repairit」というソフトウェアです。

このソフトは、文字通り、動画データの修復に特化したもので、細かな設定を行わずに壊れたデータを回復することができます。具体的には、修復したいデータをソフトの画面上から読み込み、修復開始ボタンを押したうえで、修復後のファイルを保存するというわずか3つのステップを行うだけですので、コンピューターやプログラムが苦手であるという方でも簡単に使用できるでしょう。無料版もございますので、ぜひごダウンロードして体験しましょう。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は「Wondershare Repairit」で破損した動画を修復する手順です。

ステップ1  音が出ないMP4動画を追加します。

WindowsでRepairitソフトを起動します。サイドバーから「動画修復」をクリックして、画面真ん中にある「追加」をクリックしたら、破損した動画ファイルを読み込みます。

音が出ないmp4動画を追加

ステップ2  音が出ないMP4動画を修復します。

右下にある「修復」をクリックすると、動画修復が開始されます。修復完成できましたら、メッセージがポップアップされ提示します。

音が出ないmp4動画の修復完了を待ち

ステップ3  修復されたMP4動画をプレビューして保存します。

修復された動画をプレビューし、「保存」ボタンをクリックすると、修復できた動画ファイルを保存できます。

修復されたmp4動画を保存

ご注意:動画を元の保存場所に保存しないでください。(上書き保存を避けます。)

また、Wondershare Repairitは音の出ないMP4動画を修復できるだけではなく、音声ズレの補正動画エラーの修復再生できない録画の修復などにも対応できます。ぜひお試しください。

破損した動画ファイル修復ソフト

Wondershare Repairit - 動画修復ソフト

  • Windows/Macで再生できない、破損した動画・写真ファイルを修復
  • MOV、MP4、M2TS、MKV、MTS、3GP、AVIなど多種類の形式に対応
  • JPEG、JPG、CR3、CR2、NEF、NRW、RAFなど多種類の写真形式に対応
  • 写真撮影中、転送中、編集中、変換中に破損した動画・写真を修復
人気記事
Home > Resources > ビデオ・写真復元/修復 > MP4音が出ない問題の発生原因と修復方法