USBメモリ復旧-USBメモリを復旧させる方法について

1USBメモリのデータ復旧ソフト

USBメモリを使ってデータのバックアップや移動などをしている方は大変多いのではないでしょうか。
使うことが多い分、トラブルも発生してしまいます。

WondershareのUSBメモリデータ復旧ソフト 「Recoverit」はそんなトラブルの時に大活躍する復元ソフトです。
USBメモリに限らず、あらゆるシーンでの復元ができます。
使い方もいたって簡単ですので、大事なファイルを失くしてしまって困っている方は是非お試し下さい。

2どんな場合にUSBメモリは復旧できるのか?

ある時突然パソコンがUSBメモリを認識しなくなる事があります。
いろいろな原因がありますが、手に負えないケースが多いです。
特にUSBメモリ自体のトラブルにはパーティションのエラーやファイルシステムの破損など、パソコンに詳しい人じゃないと修復できないケースがほとんどです。

操作を間違った
・間違って削除した
・データの移動を繰り返しているうちに消えてしまった
・フォーマットしてしまった
・使用中に抜いてしまった

突然消えた
・突然パソコンがクラッシュした
・USBハブが電力不足で動作しなくなった
・ウィルスでデータが破壊されてしまった

など予期しないエラーでデータが損失する事もあります。
「データリカバリー」はこのような様々なデータの損失に対応し、データを復旧します。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なUSBデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応

3USBメモリのどんなデータを復旧できるのか?

550種類以上のファイル形式

音楽、動画、写真、ドキュメント、アーカイブ、メールなど様々なファイル形式をサポートしています。

USBメモリ復旧するほかに、あらゆる外部メディア

USBメモリ以外にも多種多様の外部メディアに対応しています。HDD,外付けHDD,iPodなどの携帯プレーヤー、デジカメ、デジタルビデオカメラ、フラッシュメモリ、SDカードなど様々なメディアの復元ができます。空にしたごみ箱からの復旧も可能です。

4USBメモリを復旧する方法

「Recoverit」でUSBメモリを復旧する実際の方法を見てみましょう。

ステップ1   読み込めないUSBからデータを復元するモードを選択します。

Wonderahare Recoveritをインストールして起動したらメニューウインドウが表示されます。 メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されるので、その中の「外付けデバイス復元」を選択してサブウインドウを表示します。

「外付けデバイスの復元」を選択

外付けデバイスにはUSBも含まれているので、USBがうまく認識できればデータの復元はできます。 サブウインドウには「USBフラッシュドライブ」「デジタルカメラ」「カムコーダ」「メモリーカード」「ipad/MP3/MP4プレーヤー」「CX/XD/MMCカード」「その他のデバイス」が表示されます。

外付けデバイスの復元のサブウインドウが表示される、外付けデバイスのメニューウインドウが表示されます。 ここで、データを復元したいusbをパソコンへ接続してウィンドウの右下の「次へ」をマウスでクリックします。 ウィンドウには、外付けのデバイスの一覧が表示されます。外付けデバイスが複数ある場合は、表示されているデバイスの中からUSBを見つけてUSBのスキャンするようにすればデータの復元は可能です。

「外付けデバイスの復元」を選択

ステップ2 読み込めないUSBのデータをスキャンします。

表示されているデバイスの中で、復元したいUSBにチェックを入れてウィンドウ右下の「開始」をクリックします。 すると、USBのスキャンを開始します。

該当する場所を選択

スキャン中の状態を右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。 復元可能の削除データの一覧がウィンドウの右側に表示され、左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。

データをスキャン

ウィンドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。

ステップ3  スキャンされた読み込めないUSBのデータを復元します。

スキャンされたusbに含まれているデータの一覧が表示されて、復元したいデータにチェックを入れて、ウィンドウの右下の「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

復元したファイルを保存するときには上書きされないように、別のメディアに保存して下さい。

5USBメモリ復旧ソフトの使いやすさについて

USBメモリ復旧ソフト 「Recoverit」の使いやすさについて説明します。

一時停止、保存、再開
スキャンは停止や一時停止ができ、保存できます。保存した所から再開できるので時間の節約になります。

検索機能
ファイル名や日付、サイズから検索できるので効率よく検索できます。

安全な復元
修復や書き込みなどはしないので、データに損傷を与えず安全な復元ができます。

復元力の高さ
パーティションの破損やRAWファイルの復元も簡単にできます。

USBメモリが開かなくなった、データが消えてしまった、といったトラブルの時には、ワンダーシェア社の復元ソフト 「Recoverit」を使ってみて下さい。
パソコンのトラブルなどはいつ起きるかわかりません。大事なファイルやデータを守り、安心と安全を確保するためにも「データリカバリー」があると、大変心強いです。
あなたのパソコンにもインストールしておく事をお勧めします。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版
人気記事
表示する隠す
Home / USB復元 / USBメモリ復旧-USBメモリを復旧させる方法について

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?