削除した動画を復元する方法

Jul 25,2019 • カテゴリ: ファイル復元

動画を削除した場合復元する一般方法

撮影した動画データを間違って削除した場合、ごみ箱に移されます。 ゴミ箱を開いて、復旧したい動画データを見つけて元に戻す機能で簡単に戻せます。ただし、ごみ箱に転送しないで削除してしまった場合は、データがパソコン上に残っていないため別の方法をしなければいけません。ファイルを指定して復元するのではなく、システムごと過去に戻すことで失った動画データを復元できます。

  • システムをクリックして、「システムの保護」―>「システムの復元」をクリックします。
  • 表示されたウインドウの「次へ」をクリックします。
  • 復元可能のリストウインドウが表示されるので、復元したい動画データがあったときの復元ポイントを選択して「次へ」をクリックします。
  • 復元ポイントに間違いがなければ「OK」をクリックして最終確認ウインドウを表示します。下部にある「OK」ボタンをクリックして、復元を開始します。

  • Wondershare 「Recoverit」があれば、削除してしまった動画を復元できる

    上記の方法以外に、削除した動画データを復元できます。それがWondershare「Recoverit」ソフトです。 Wondershare 「Recoverit」ソフトを使って削除してしまった動画データを復旧するのは簡単です。ハードディスクの動画データを削除してしまったときの復旧手順を詳しく紹介します。動画データの削除はパソコンのハードディスクだけではなく、外部デバイス上の動画データも復旧できます。

    無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

    step1. データ復元ソフト「Recoverit」をインストールします。

    まず、Wondershare社のサイトから「Recoverit」 のセットアップファイルを手に入れましょう。無料体験版というところをクリックし、exeファイルをダウンロードします。 そのファイルを実行し、画面の指示に従っていけばインストールは終了です。

    step2. 「復元したいファイルの場所を選択してください」というウィンドウが表示されますので、復元したい動画を保存していた場所を選択し「開始」をクリックします。

    保存場所選択

    step3. 復元したい動画を検索します。

    デバイスをスキャン

    step4. 復元したい動画をプレビューして復元します。

    スキャン終了後にファイルが見つかれば画面にリストアップされるので、復元したいファイルをチェックし復元ボタンをクリックしてください。復元したファイルを保存する場所を指定するウィンドウが表示されますので、適宜保存場所を指定します。 これでファイルの復元が開始されるので、後は待つばかりです。復元が完了すると自動で指定したフォルダを開いてくれるので目視で確認してみてください

    プレビュー

    復元

    1223

    Recoverit - 強力な動画データ復元ソフト

    • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
    • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
    • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
    人気記事
    表示する隠す
    Home / ファイル復元 / 削除した動画を復元する方法

    すべての記事