NTFSボリュームやNTFSファイルってなんだ?NTFSのご紹介

Aug 13,2019 • カテゴリ: ファイル復元

ファイルを管理する機能としてFAT 16やFAT 32などがありますが、最近ではNTFSという物が出始めました。NTFSが新しいファイルシステムであることは理解可能です。しかしどのような利点があるのかは分からない人も多数居るかもしれません。そこで、NTFSについて詳細にご紹介しますので、参考にして下さいい。

NTFSボリュームとは?

まず宣言する事としては、はNTFSとはハードディスクなどのストレージに対して番地化を行うシステムの事です。嘗ては、FAT 16やFAT 32が嘗て使用されている時代が存在しました。これらのシステムではファイルアロケーションテーブル(FAT)というものが存在し、ファイル一つ一つを番地化して格納していました。そのため、ファイルを消去するのもFATを操作するだけで終了可能だったのです。 NTFSではでは、いわゆるFATの概念が無くなりました。ファイル其々にファイルシステムという領域が取られ、其処にファイルの属性が記載されています。

FATとの違いを具体的に

現存するストレージ管理システムでもFAT 32とNTFSが混在していますよね。どちらが一体い良いのか、それはNTFSを推奨しておきます。FAT 32では、4GB以上のデータを扱えないという難点が存在します。フロッピー時代であれば4GBなんて大きなデータを扱うことは無かったかもしれませんが、最近では動画データなどを扱うことで4GBのデータを扱うことも稀ではありません。大きなファイルを扱いたい時にはNTFSシステムを利用するのがお勧めです。また、大は小を兼ねますので、今後はNTFSを利用してみては如何でしょうか。

おさらい!NTFSとはなんだろう

NTFSとは一体何なのか。それは、WindowsNT系の標準ファイルシステムのことで、現在主流のファイルシステムの事なのです。NT系のシステムであるため、WindowsNT以降のOSでは確実に利用することができます。ただし、Windows95やWindows98では使用することができないので注意が必要です。その装備は、ファイルやディレクトリごとに暗号化できたり、ファイル単位で圧縮ができたり、ファイル名を拡張することができたりなど、受けられる恩恵は多数です。

このファイルシステムの仕様について

ここで、NTFSボリュームの仕様について再確認しておきます。基本的にNTFSファイルとはこのシステムに基づいて作られたファイルのことを言います。このファイルシステムの仕様は、2TB以上のドライブサイズを管理可能で、最大16TBのNTFSボリュームを管理可能です。クラスタサイズとしては512Kbyteから64Kbytemade.再々ファイル名は255文字までとなります。更に、圧縮暗号化機能などの実装があります。ファイルやディレクトリに対して暗号化や圧縮ができますのでセキュリティー性が高くなります。

このファイルシステムの将来について

パソコンユーザーにとっては、このファイルシステムがいつまで続くのかが興味深いところだと思います。嘗て信じられていたFATシステムのように時代遅れになってしまわないかは気になりますよね。結論から言うとこのファイルシステムはは暫く続くファイルシステムです。多少のセキュリティー上の問題が発生し始めていて、その動作を補おうとするとプログラムの動作に影響を与えてしまう等問題も発生しているようです。しかし、今の所セキュリティーパッチにてなんとか動作していますので、今後もこのファイルシステム続くことが予想されます。安心して使用していて良いでしょう。

NTFSは、これまでのFAT概念を覆す素晴らしいファイルシステムと言えます。暗号化も容易にできますし、何より大きなファイルを扱うことが出来ます。このファイルシステムには多少のセキュリティーホールは存在しますが、今後も活躍するファイルシステムと言っていいでしょう。今後は古いFAT16やFAT32には頼らず、この新しいファイルシステムを利用することをお勧めします。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / ファイル復元 / NTFSボリュームやNTFSファイルってなんだ?NTFSのご紹介

すべての記事