エクセルの読み取り専用を設定・解除する方法

Excelファイルがいきなり読み取り専用状態となった?!ご安心、本文では、その解除方法をご紹介します。その上、エクセルが消えた後の復元方法をご紹介します。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップだけ復元可能

はじめに

エクセルの読み取り専用にしたい、急に読み取り専用モードになってしまいどうすればいいかわからない。そんな方いらっしゃいませんか?本記事では読み取り専用の設定の仕方と解除の仕方について説明していきますので是非参考になさってください。

Part1:エクセルの読み取り専用の必要性と設定する方法 

Excelでインターネットからファイルを開いたときにと読み取り専用モードになっていたなんてことはありませんか?この読み取り専用モードというのはWordやExcelなどで見られ、ファイルが誤って削除されたり内容変更されないようにして保護することができる、というものです。

この読み取り専用モードは意外と便利です。例えば会社などで共有して扱っているエクセルファイルが有るときに、誰かが見るためだけに開いているとファイルを更新したい人ができなくなってしまう場合があります。そんなとき閲覧目的の人が読み取り専用モードを使えば、更新したい人が後からファイルを開いても編集を行えるようになるのです。

では設定方法を説明させていただきます。

・読み取り専用を推奨する

  1. 対象となるExcelファイルを「名前を付けて保存」する画面を開きます。
  2. ツール → 全般オプションの順に選択
  3. 「読み取り専用を推奨する」にチェックをつけ、「OK」をクリック
  4. そのまま「保存」を選択

以上で設定が可能です。これで対象のファイルを開いたユーザーは読み取り専用モードにするか否かを選ぶことができます。しかし自分以外の誰にも編集されたくない、という方がいらっしゃた場合はもう一つの設定方法を試すといいでしょう。

・読み取り専用に設定

  1. 対象となるExcelファイルを「名前を付けて保存」する画面を開きます。
  2. ツール → 全般オプションの順に選択
  3. 「書き込みパスワード」の右側のボックスにパスワードを入力、「OK」をクリック
  4. そのまま「保存」を選択

以上で設定が可能です。こうしますとファイルを開くときに読み取り専用でなければパスワードを要求されますので他の方は勝手に内容を書き換えることができなくなります。

Part2:エクセルの読み取り専用を解除する方法

読み取り専用モードをつけたはいいけど必要がなくなった、毎回表示されるメッセージが少しめんどくさい。そういった場合のために読み取り専用の解除のしかたを説明させていただきます。

・読み取り専用を推奨するを解除する

  1. 対象となるExcelファイルを「名前を付けて保存」する画面を開きます。
  2. ツール → 全般オプションの順に選択
  3. 「読み取り専用を推奨する」にチェックをはずし、「OK」をクリック
  4. そのまま「保存」を選択

以上で設定が可能です。流れは推奨をつけたときとほぼ同じとなっています。

・読み取り専用を解除

  1. 編集したいファイルを右クリック、 プロパティ を選択。
  2. 全般タブ内の 「属性」 にある 「読み取り専用」 に入っているチェックを外し、[OK] を選択

以上で設定は終わりです。非常に簡単ですがこれですと一つずつしかできませんので、今度は複数まとめて解除する方法を説明します。

・全てのファイルの読み取り専用を一括解除

  1. 編集したいファイルを右クリック、 プロパティ を選択。
  2. 全般タブ内の 「属性」 にある 「読み取り専用」 に入っているチェックを外し、[OK] を選択
  3. 「属性変更の確認」 が表示されたなら、[変更をこのフォルダ、サブフォルダおよびファイルに適用する] を選択、[OK] をクリックして終了

この方法ですと全てのファイルの読み取り専用が解除されますので、解除したくないファイルが存在する場合はお気をつけください。

一通り解除方法を述べてまいりましたが、実はこれだけでは解除できないこともあります。例えば自分では設定していないはずなのに、ファイルを開いたら読み取り専用モードになっていた、なんてことはありませんか?このような場合に原因として考えられるのは、アンチウィルスソフトが問題を起こす可能性のあるファイルからユーザーを保護するために、読み取り専用モードでファイルを開いた。

または、OSやOSのバージョンによっては編集しているさなかでも勝手に読み取り専用になってしまう。もしくは、誰も使用していないにもかかわらず「編集のためにロックされています」とでて読み取り専用にしかできないことがあるなど、様々な原因が考えられます。アンチウィルスソフトが問題の場合ならソフトのプロバイダーを確認する。OSの問題ならばプレビューウィンドウを表示させないようにするなどで回避が可能です。

これらような問題は、元を正さねばこの強制的に読み取り専用モードに設定されているのが繰り返されますので、そのケースに応じた対策が必要になってきます。

豆知識:万が一エクセルファイルが消えたらーデータ復元ソフトRecoveritで復元する

ファイルが消えてしまうのはよくあるのは操作ミスで間違えて消してしまったというパターンでしょう。もしくは論理障害で一部のデータが破損してしまったということもあります。どちらにせよ、データが重要なものであったなら特に、失ってしまったデータを復旧させなければなりません。こちらではその復旧方法に「Recoverit」をおすすめさせていただきます。

「Recoverit」はデータ復元ソフトです。Wondershare社が開発したもので、全てのファイル形式に対応しており3STEPで済む簡単でわかりやすい操作が特徴です。無料版もありますのでぜひお試しください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」でパソコンから消えたエクセルファイルを復元する手順です。

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

パソコンで「Recoverit」を起動してから、削除したファイルの元場所を選択します。ここでは、「HDD」タブでハードディスクを選択するか、[場所]タブでデスクトップを選択してください。「開始」をクリックして、選択した場所をスキャンし始めます。

消えたエクセルの保存先を選択

ステップ2 パソコンの消えたデータをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、パソコンから消えたデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

復元されたいデータをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

エクセルファイルを復元

エクセルファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なパソコン復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > ファイル復元 > エクセルの読み取り専用を設定・解除する方法