パワーポイントの読み取り専用を設定・解除する方法

どうやってパワーポイントを読み取り専用状態に設定するのか、その状態を解除するのか本文で詳しくご紹介!その上、誤って削除して消えてしまったファイルの復元方法も、ご紹介します。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップだけ復元可能

PowerPointで使える読み取り専用ってどんなものなのだろう、どうやって設定すればいいかわからない。そんな疑問はありませんか?本記事ではPowerPointでの読み取り専用について説明させていただきます。参考になれば幸いです。

Part1:パワーポイントの読み取り専用の必要性と設定する方法

PowerPointやExcel、Wordにはファイルを読み取り専用にする機能があります。使いみちはあるのか?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、複数人で同じファイルを共有するなどといった場合には非常に便利で、パスワードを知っているユーザー以外は編集することができなく、ファイルを見るだけに留められると言った効果があります。

それでは読み取り専用にする操作方法を説明していきます。

・読み取り専用に設定

  1. PowerPointを起動してファイルを作成します
  2. ファイルタブから「名前を付けて保存」を選択→ツールをクリックし、「全般オプション」を選択
  3. 共有ファイルの設定の「書き込みパスワード」に使用したいパスワードを入力し、「OK」を選択
  4. パスワードの確認が表示されるので、もう一度書き込みパスワードを入力して「OK」を選択
  5. 保存先を指定し、「保存」する

以上で読み取り専用モードにすることができました。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、ExcelやWordにはファイルを開く際に読み取り専用か編集するか、どちらか選べるダイアログが出るという「読み取り専用を推奨する」機能があります。しかし残念ながらPowerPointではこちらの機能はありませんので、読み取り専用モードにしたい場合はこちらの操作方法で読み取り専用モードにする必要があります。

ただし、もう一つ読み取り専用モードにすることができる方法があります。それはファイルを最終盤にするというやり方です。

・ファイルを最終盤にする

こちらは厳密にはセキュリティの機能ではなく、ファイルを読み取り専用にしてあるだけであり完成版なので修正の必要性が無いということを知らしめる意図が強いです。あくまで完成したものに利用される機能ですので自分も書き込みはできませんし、解除もやろうと思えば最終盤にするのと同じ手順を繰り返すだけで簡単にできてしまいます。

  1. 「ファイル」タブを選択
  2. 「情報」から「プレゼンテーションの保護」を選択、「最終版にする」をクリック

後は表示されるメッセージを「OK」していけば終了です。これでファイルが最終版として保存されます。ファイルを開くと情報バー表示されで最終盤であることが強調されていますので、確認してみてください。また、この状態でドキュメントを確認すると状態プロパティが最終に設定されます。

Part2:パワーポイントの読み取り専用を解除する方法

それではさっそく解除の手順を説明させていただきます。

  1. 編集したいファイルを右クリック、 プロパティ を選択。
  2. 全般タブ内の 「属性」 にある 「読み取り専用」 に入っているチェックを外し、[OK] を選択

以上で読み取り専用は解除されます。最終盤を利用して読み取り専用にした場合はファイルを最終盤にしたときと同じ手順で解除することができますのでお試しください。しかしこれを行っても読み取り専用の状態が続く、という場合があります。自分で設定したわけでもないのにファイルが読み取り専用に設定されていたという場合の方に多く、なかなか直すことができないという事態に陥ることがあるそうです。

もちろんそのような状態になってしまうのにも理由はあります。主な原因としてよく考えられるのが以下となります。

などがあります。

Officeのライセンスが切れているや共有ファイルを他の人が開いているは非常にわかりやすいです。

かたやライセンスが切れているだけであり、共有ファイルの場合は編集できるのは同じファイルで作業できるのは一人だけですのでよくあることです。また、ネットからのファイルはセキュリティの観点から「保護ビュー」の形で自動表示されることがあり、プレビューウィンドウ機能が有効になっていると強制的に読み取り専用になるのはOSやOSのバージョンの問題によるものが多いようです。

アンチウィルスソフトに関しましてはユーザーを危険性のあるファイルから保護するために強制的に読み取り専用で開くので、ソフトの設定を変えれば直るはずです。基本的にこのような読み取り専用状態に強制的にされると言った自体であってもそこまで深刻な状態であることは少ないです。些細な問題から起きてしまうので、その原因に合わせて対策を立ててください。

豆知識:万が一パワポファイルが消えたら→データ復元ソフトRecoveritで復元する

何らかの論理障害か操作ミスかでファイルを消してしまった場合、新しく作り直すのは大変なことです。特に発表などがありその期日も近ければとてもではありませんが作り直すなんて悠長な手段は取りにくいでしょう。そのような時のためにこちらではデータ復元ソフトRecoveritで復元させることをおすすめします。

「Recoverit」は多くの実用的なソフトを開発してきたWondershare社の製品です。僅か3Stepで終わる簡単な操作と高い復元性から高い評価を受けています。こちらの製品は制限付きではありますが無料版も存在するため、よほど多くのデータが消えたという場合でもなければ十分対応できると思います。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」でパソコンから削除したパワポファイルを復元する手順です。

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

パソコンで「Recoverit」を起動してから、削除したファイルの元場所を選択します。ここでは、「HDD」タブでハードディスクを選択するか、[場所]タブでデスクトップを選択してください。選択してクリックすると、選択した場所をスキャンし始めます。

パワーポイントの保存先を選択

ステップ2 パソコンの消えたデータをスキャンします。

そうすると、パソコンから消えたデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

復元されたいデータをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたパウワポーイントファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元する」をクリックすれば完了です!

パワーポイントファイルを復元

以上簡単な操作でパソコンから削除してしまった大事なデータが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、パソコンの復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

パワポ復元ソフト

Recoverit - 強力なパソコン復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > ファイル復元 > パワーポイントの読み取り専用を設定・解除する方法