Onedriveから完全に削除されたファイルを復元する方法

Onedriveとはパソコン同士で情報共有できる機能のことで、自宅と学校もしくは企業のパソコンを連結することから作業効率が上がります。ただ膨大な情報を整理する際に、誤って大事なデータを削除してしまったという経験をする人が意外に多いです。そこでこの記事では、誤ってデータを消してしまったときの対処法を紹介します。

Part1. Onedriveから完全に削除されたファイルを復元することは可能?

Onedriveから完全に削除されたファイルを復元することが可能な理由は、このOnedriveは情報のやり取りを一度マイクロソフトのサーバーに送ってから別のパソコンに転送するからです。そのためパソコン上で削除をしてしまっても、Onedriveにアクセスしてサーバーの中に情報が残っていれば復元することができます。

ただし復元するにも期限があって、マイクロソフトのOnedriveの規約としてデータ保存は30日間で更新されるようになっているのです。そのため30日間以内に行わないと復元できないので、大切なデータを完全削除してしまったことに気付いたらOnedriveとはすぐに作業に取り掛かることを推奨します。

Part2. Onedriveから削除されたファイルを復元するには2つの方法

Onedriveからファイル削除を実行した後に自力でファイル復元する方法は、Onedriveのごみ箱から復元する方法とローカルのごみ箱を介して復元する方法の2つになります。

方法1 Onedriveのごみ箱から復元する

  1. ネットを使ってOnedriveのウェブサイトにアクセスし、利用する際に登録したアカウントでサインインします。
  2. アクセスが出来ると、その項目の中にゴミ箱があります。
  3. ごみ箱をクリックすると消してしまった情報がサーバーの中に残っているので、復元したい情報を見つけてクリックします。
  4. クリックするとチェックがつくので、ページに記載されている「復元」もしくは英語で「リストア」と書かれている部分があるので押すと元に戻ります。

方法2 ローカルのごみ箱を介して復元する

  1. ローカルのごみ箱を介して復元する方法は、所有している自宅のパソコンからOnedriveアイコンをクリックして起動します。
  2. 登録したアカウントを記載してログイン出来たら、画面にゴミ箱と書かれているのでクリックすると削除されたデータがあるのです。
  3. そこで残ったデータをチェックしたら、「復元」もしくは英語で「リストア」と書かれている部分があるので押すとごみ箱に戻ります。
  4. ごみ箱に戻っていることが確認出来たら、そのファイルを右クリックすると「元の位置に戻す」という項目があるのでクリックすると復元が出来ます。

Part3. 知識がない人は無理をせずに専用ソフトを使おう

完全削除したOnedriveのファイル復元は知識がない人が行うと難しいので、もし自信がない人は無理をせずに「Recoverit」のような専用復元ソフトを用いるとよいです。Recoveritはワンダーシェアが開発した復元ソフトで、誤って削除してしまったデータも完全復元が出来ることで注目されています。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

使い方は簡単で、ワンダーシェアのサイトに入って会員登録をし利用したサービスの料金を支払います。料金を支払うとダウンロードページに入るので、そこでパソコンに取り込んでアクセスするのです。アクセスするとハードディスクやごみ箱といった項目があるので、どれかを調べると復元したいデータが残っています。復元したいデータを見つけたらチェックをして、ページにある復元を押すと元の状態に戻ります。

以下は具体的な手順です。

ステップ1 完全削除したOnedriveのファイルの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、削除したファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

Onedriveのファイルの元保存場所を選択

ステップ2 完全削除したOnedriveのファイルの元保存場所をスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、削除してしまったデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

Onedriveのファイルをスキャン

ステップ3 スキャンが完了しましたデータをプレビューして復元します。

削除してしまったファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルを選択して、「復元」をクリックすれば完了です!

Onedriveのファイルを復元

復元できるけどしっかりとバックアップを取ろう

Onedriveは、端末同士の共有によって作業効率を上げるのに役に立ちます。ただ不注意で消してしまうことはよくあるので、自力で復元することはできますが無理ならRecoveritといった専用ソフトを用いて復元するとよいです。

ただ復元できるといっても、大切なデータはバックアップををとっておくのが大事ということに変わりないといえます。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元
  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応
  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元
  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > ファイル復元 > Onedriveから完全に削除されたファイルを復元する方法

すべての記事