XMLファイルを誤って削除した?復元する方法は?

ITを語る上で忘れてならないほど、基本となっている言語の一つがXMLファイルです。互換性が非常に高く、OSが異なっても同じような体裁で書類等を出力することができます。このような大切なファイルですが、作業ミスで稀に削除してしまうこともあります。しかし、削除したとしても「Recoverit」で簡単に復元できるので心配無用です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

XML言語は、ホームページを表示するためのHTMLと同じようにSGMLから派生しました。これは異なるシステムのコンピューター同士の間で、文書を共有するために作られた言語です。なのでXMLファイルには、文書の章見出しや節見出し、本文などの論理構造をタグを使って書き込むことが出来ます。SGMLは複雑で専門的な知識が必要だったので、軽くて簡単に作業できるように開発されたのがHTMLとXMLです。言語といっても他の画像やテキストと同じ、データなので作業ミスによって削除されてしまうこともあります。

XMLファイルが消える原因

ハードディスクに保存されているXMLファイルは、削除するとフォルダ内から消えます。一度はゴミ箱に移されるので、完全に削除をしない限り簡単に元の状態に復元可能です。しかし、ゴミ箱をからにして完全に消えた状態にしてしまうと通常の方法では元に戻すことが出来ません。ですが、実はハードディスクの中にはファイルがあったという情報が記録されています。特殊なアルゴリズムを使うと、この記録からファイルを元に復元することも可能です。アルゴリズム自体は難しいですが、復元ソフトを使うと誰でも簡単に扱えます。

復元ソフトで削除したXMLファイルを復元

ハードディスクなど、デバイスから消えたファイルを元に戻すためには復元ソフトの利用がオススメです。アルゴリズムはソフトが不要ですが、専門知識が必要で作業も大変だからです。しかも、作業を間違うとファイルが破損したり復元不可能になってしまいます。その点、復元ソフトを使えばそのようなリスクを減らすことが可能です。Windowsを使っているなら、wondershareの「Recoverit」が使いやすくてお勧めです。最低3回クリックすれば、ファイルを元の状態に戻せる非常に便利なソフトと言えます。

wondershare「Recoverit」は、公式サイトからダウンロードして購入することが出来ます。対応するOSとバージョンさえ気をつければ、すぐに使うことが可能です。ソフトを起動したら、画面上にイラストとメニューが表示されます。XMLファイルを保存してあったデバイスを選んだら次にスキャンによって、中に記録されている消えたファイルを探し出します。リストが表示されたら、元に戻したいファイルを選択して復元してください。ファイルを選ぶ際は、プレビュー機能も付いているので間違う心配もなく安心です。

どんな破損したファイルでも安心

ハードディスクが物理的に壊れていない限りは、XMLファイルを元に戻すことは簡単です。物理的な破損だと、デバイスの修理になるので注意してください。デバイスが安全なら、例えばウィルスによるファイル破損であっても問題なく元に戻すことが可能です。元に戻したとしてもウィルスの影響が出ることはないので、心配ありません。安全で簡単に使えるというのが、wondershareの「Recoverit」の魅力的なところです。使い方も簡単なので、まずはダウンロードして試してみることをお勧めします。

XMLファイルは、どんなパソコンとの間でもやり取り出来る便利な形式のファイルです。とても便利なファイルですが、他のデータと同様に操作を誤れば削除されたり破損することもあります。しかし、仮に壊れたり消えたとしてもwondershareの「Recoverit」で簡単に元に戻せるため心配する必要はありません。物理的な破損にだけ気をつけていれば、安心してファイルのやりとりが出来ます。

ファイル復元ソフト

Recoverit - ファイル復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元
人気記事
Home / ファイル復元 / XMLファイルを誤って削除した?復元する方法は?

すべての記事