Windows8ファイル復元:Windows8で削除したファイルを復元する方法

Aug 07,2019 • カテゴリ: Windows復元

Windows8を操作している中で動作が重くなってくるとデータの消去を行って、容量を削減する必要も出てきます。しかし、その際に誤って必要なデータを消してしまうということも起こり得ます。Windows8を構成するデータに加えて、複雑なソフトウェアのプログラムなどがあると、特に消去によるミスが起こりやすくなります。一度消去したファイルであっても特別なソフトを使用することで復元を試みることが可能です。中でも使い勝手が良いという評判を獲得しているのがWondershareのWindows8ファイル復元ソフト「Recoverit」です。大切なファイルを削除した時のために用意しておくと便利です。

「Wondershare recoverit」で削除したWindows8ファイルを復元する方法手順

Wondershare「Recoverit」をパソコンにインストールして起動します。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1. 「復元したいファイルの場所を選択してください」というウィンドウが表示されますので、復元したいファイルを保存していた場所を選択し「開始」をクリックします。

保存場所選択

ステップ2. 復元したいファイルを検索します。

デバイスをスキャン

ステップ3. 復元したいファイルをプレビューして復元します。

スキャン終了後にファイルが見つかれば画面にリストアップされるので、復元したいファイルをチェックし復元ボタンをクリックしてください。復元したファイルを保存する場所を指定するウィンドウが表示されますので、適宜保存場所を指定します。 これでファイルの復元が開始されるので、後は待つばかりです。

プレビュー

復元

Wondershare「Recoverit」は復元の精度が非常に高く、元のファイルと中身が変わってしまうことは基本的にありません。重要なファイルを削除した場合にもこのソフトがあれば安心です。

Wondershare「Recoverit」ではwindows8で扱う550種類以上のファイル形式に対応しています。それだけではなく、あらゆる外部メディアの復元も可能です。今回は誤って削除したケースの復元ですが、ウイルス感染や強制終了などによるファイルの喪失にも対応している万能ソフトウェアです。windows8を動作させる上では非常にお勧め出来ます。

具体的にWondershareのWindows8ファイル復元ソフト「Recoverit」で復元出来る形式としては画像や写真ではJPG、PNG、PSD、NEFなど、ドキュメントとしてはDOC、HTML、EPSなどが挙げられ、一般的に使用されている形式ならまず対応していると言えます。動画ではAVI、MOV、WMV、M4Vなど、音楽ファイルではMP3、WAV、WMAなどに対応しています。一部の形式では復元前にプレビューで表示させることができます。プレビュー表示を行った上で復活させるかどうか決めることで時間を無駄にすることがありません。Wondershare「Recoverit」ではインターネット上に無料体験版を用意しています。無料体験版はwindows7、8、8.1、10、Vista、XPに対応しており、気軽に試すことが出来るのでこちらもお勧めです。

Windows 8/8.1 復元ソフト
Wondershare recoverit

削除したファイル復元
  • 550以上のファイル形式のデータを高速・安全に復元
  • 数ステップで削除したデータを復元
  • デジカメの削除したデータ・スマホのSDカード復元・ HDD(ハードドライブ)・ゴミ箱・SDメモリカード・USBフラッシュドライブを復元!
  • データを復元する前にプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.8~10.14(macOS Mojave)
無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版
人気記事
表示する隠す
Home / Windows復元 / Windows8ファイル復元:Windows8で削除したファイルを復元する方法

すべての記事