Windowsのキャッシュデータを削除する方法

キャッシュの量が多すぎると、パソコンの動作に悪影響を与えることがあるのです。今回は
Windows10でキャッシュをクリアする方法、また削除されたデータを復元されたい場合の対処方法もご紹介!

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップだけ復元可能

パソコンを長時間使いますと、動作が重くなりませんか?なぜ重くになったかというと、日常にパソコンを使用していると、「キャッシュデータ」がハードディスクなどの保存場所に留まりますからです。キャッシュデータの量が多すぎると、パソコンの動作に悪影響が起こります。直接削除すればいいでしょうか。さあ、本文ではキャッシュデータとは何かや、Windows10でキャッシュをクリアする方法について分かりやすく紹介します。

 目次:

Part1:パソコンのキャッシュとは何か

パソコンのキャッシュは、アクセスする頻度が高いデータを、取り出しやすい場所にあらかじめ保存しておいたファイルのことです。なので本来は、パソコンのパフォーマンスを向上させるためのものであり、その存在や機能自体は、パソコンを快適に使うために必要なものだと言えるでしょう。しかしキャッシュというのは、そのままにしておくと、どんどん増え続けてしまい、パソコンの動作に悪影響を与えたり、ハードディスクの容量を圧迫してしまうことがあるのです。そのため、定期的に削除することが望ましいと言えます。また、別名で「一時ファイル」と呼ばれることもあります。

Part2:Windows10でキャッシュを削除する方法

Windows10でキャッシュをクリアしたい場合は、Windows搭載の「ディスククリーンアップ」と呼ばれるツールを使うと便利です。このディスククリーンアップは、ハードディスクに溜まった不要なファイルを削除することが出来るツールであり、Windowsに元々入っているアプリなので、安心して使うことが出来ます。また、ディスククリーンアップには、キャッシュを意味する「一時ファイル」以外にも、さまざまな不要ファイルをクリーンアップする機能があるため、必要な場合はそれらの不要ファイルを同時に処理すると良いでしょう。

ディスククリーンアップを使う手順

  1. タスクバーの検索窓で「ディスククリーンアップ」を検索して、アプリを起動させます。(または、「Windows管理ツール」の中から見つけることも可能です。)
  2. クリーンアップしたいドライブを選び「OK」をクリックします。
  3. ディスククリーンアップの画面が表示されたら、「削除するファイル」の一覧で「一時ファイル」という項目にチェックを入れ、「OK」をクリックすれば完了です(クリーンアップ作業が開始)。この作業には多少時間がかかる場合があるため、その際は暫く待ちましょう。"

自動でキャッシュ削除も可能!

キャッシュの削除は定期的に行うのが望ましいと言えますが、それを自分で行うのは面倒だと感じている人も多いのではないでしょうか。しかしWindows10のバージョン1709以降のものについては、自動削除機能を使うことが可能となっています。この機能は、一定期間ごとに一時ファイル(キャッシュ)などの不要ファイルを自動的にクリーンアップするというものであり、簡単に設定することが出来ます。ですので、先ほども紹介したディスククリーンアップを定期的に使っている場合などは、一度試してみるとよいでしょう。

「設定」から行う自動削除の手順

  1. 「設定」の画面を表示させ、「システム」をクリックし、システムの画面が表示されたら、左側の一覧から「ストレージ」という項目をクリックします。
  2. ストレージの画面の「ストレージセンサー」という項目にあるスイッチを「オン」にします。
  3. ストレージの画面の「空き領域を自動的に増やす方法を変更する」をクリックし、その画面が表示されたら、「一時ファイル」という項目の「アプリで使用されていない一時ファイルを削除します」にチェックを入れます。
  4. さらに「一時ファイル」という項目に、削除期間を指定できる項目が2つあるため、それぞれで期間を設定すれば完了です。

キャッシュというのは元々パソコンのパフォーマンスを向上させるために必要なものですが、増えすぎると問題が起こる場合があります。ですので、ディスククリーンアップなどを使って、定期的に削除することが必要だと言えますし、Windows10のバージョン1709以降のものであれば、自動的にそれを行う設定をすることも可能です。

Part3:パソコンのキャッシュクリアで大切なデータを削除してしまった場合

パソコンから不要なキャッシュをクリアしている際に、間違って大切なデータを削除してしまった場合、データ復元ソフトを利用して復元しましょう。私がおすすめするデータ復元ソフトは、Wondershar社の「Recoverit」です。18年間ソフト開発歴史があるWondershare社より開発した専門的なデータ復元ソフト「Recoverit」(リカバリット)なら、簡単に削除してしまったデータを取り戻すことができます。ソフト画面での指示に従って、3ステップだけの操作で簡単に復元できます。初心者でも気軽にご体験できます。保存場所のスキャン、プレビューまで出来る無料版もあるので、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?操作方法は初心者でも利用しやすいです。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Recoveritでパソコンから間違って削除したデータを復元する手順は下記の通りです。

Step1. 消えたファイルの元の保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動後、削除したデータの保存場所を選択してクリックします。

場所を選択

Step2. 保存場所のスキャンが開始します。

そうするとRecoveritは自動的にデータのスキャンをスタートします。

復元したいファイルをスキャン

Step3. 復元したいデータをプレビューして復元します。(オリジナルファイルと同じ場所に保存しないでください。)

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。「復元する」ボタンをクリックするとデータを復元します(一部のデータはプレビューできます)。

プレビュー

キャッシュの削除中に大切なデータも消してしまった場合、ぜひこのRecoverit(リカバリット)で復元してみてくださいね。

Recoverit(リカバリット)を利用すると、完全に削除したファイルを復元SDカードデータ復元ゴミ箱復元などの場合にも役に立ちます。ぜひお試しください。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからもデータを復元

  • 破損した動画を修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windowsのキャッシュデータを削除する方法