Windows7クラッシュの原因や対策は?データ復元は?

Windows7が頻繁にクラッシュする原因とは?

Windows7が頻繁にクラッシュする場合に原因としてハードウェアまたはソフトウェアの問題が考えられます。メインメモリや各種パーツの増設・交換などを行って構成を変えた時や、デスクトップパソコンの内部にホコリが溜まって冷却ができなくなると使用途中にクラッシュして突然画面がフリーズしたり勝手に再起動する場合があります。ハードウェアが正常に動作している場合でもソフトウェアの問題で起動に失敗するケースがあります。

例えばウィルスに感染したりソフトウェアやWindowsアップデートのインストールなどが考えられます。長年使用したパソコンであれば内蔵ハードディスクに記録されているWindows7のシステムファイルが破損してOSが起動できなくなるケースもあります。

Windows7はサポートされているWindowsの中で最も古いのでセキュリティの脆弱性や経年劣化が原因でウィルス感染やハードウェアの故障やシステムファイルの破損が発生しやすいという弱点があり、クラッシュが起こる場合が多いようです。

Windows7が頻繁にクラッシュする場合の対処法

最初にトラブルの原因がハードウェアかソフトウェアの問題なのかを調べる必要があります。システムの構成を変えた場合は元に戻して再起動を試みることができます。ホコリなどが原因であればファンの音が大きくなるので比較的容易に判別ができるので、内部の掃除をするようにしましょう。

ソフトウェアの問題であればセーフモードで起動してトラブルが発生する直前にインストールしたソフトウェアをアンインストールして再起動を試みます。セーフモードでも起動に失敗する場合はシステムファイルの破損が考えられるので、Windows7を初期化する必要があります。初期化をするとディスクに保存したデータが全て消えてしまうので、作業をする前にファイルのバックアップを取っておくようにしましょう。

Wondershare「Recoverit」を利用すればクラッシュしたパソコンの初期化をする前に、ディスクに保存した大切なファイルを簡単に復元することができます。スマートフォンなどで撮影した写真や動画をパソコンのディスクに保存している方であれば、初期化をしてデータが失われてしまう前にバックアップを取っておく必要があります。

クラッシュしたWindows7からデータを復元する手順

次はWondershare「Recoverit」を使ってクラッシュしたWindows7からデータを復元する手順を詳しく紹介します。まずは、データリカバリーの無料お試し版をダウンロードしましょう。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1クラッシュに備えて起動用ディスクを作成する

最初に未使用のCDR・DVDRやデータを消去しても構わないフラッシュメディアをパソコンに挿入しておきます。

Wondershareデータリカバリーを起動して画面右上の「起動可能なドライブの作成」をクリックして「起動用ディスク」を作成しましょう。

起動可能なディスクドライブを作成

ステップ2起動用ディスクを使用してシステムを立ち上げる

クラッシュして起動ができなくなったパソコンにStep1で作成した起動用ディスクをセットします。F2・F10・F12・Deleteのいずれかのキーを連打しながらパソコンの電源を入れてBIOS設定画面を開き、内蔵ディスク以外のドライブを指定してシステムを起動しましょう。

起動可能なUSBドライブを選択

ステップ3ハードディスクに保存されているデータを別のドライブに移動する

システムが起動したらデスクトップ画面と“Live Boot”のウインドウ画面が表示されるので、メニュー一覧の中からバックアップを選択しましょう。データを保存するためのメディアを挿入するとディスク内の全部または一部のデータをコピーすることができます。一部のファイルのみをコピーする際に写真などの画像データはプレビュー画面が表示されるので、内容を確認しながら作業を進めましょう。

クラッシュしたパソコンからデータを復元

Wondershare「データリカバリー」で起動用ディスクを作成しておけば、Windows7がクラッシュした場合でもシステムの初期化またはパソコンを買い替える前に大切なデータを復元させることができます。起動用ディスクにインストールされているソフト(Live Boot)にはファイルを保存するだけでなくシステムファイルの修復機能も付いているので、もしもの時の備えとして役立ちます。

Windows7が頻繁にクラッシュする原因とは?

Windows7が頻繁にクラッシュする場合に原因としてハードウェアまたはソフトウェアの問題が考えられます。メインメモリや各種パーツの増設・交換などを行って構成を変えた時や、デスクトップパソコンの内部にホコリが溜まって冷却ができなくなると使用途中にクラッシュして突然画面がフリーズしたり勝手に再起動する場合があります。ハードウェアが正常に動作している場合でもソフトウェアの問題で起動に失敗するケースがあります。

例えばウィルスに感染したりソフトウェアやWindowsアップデートのインストールなどが考えられます。長年使用したパソコンであれば内蔵ハードディスクに記録されているWindows7のシステムファイルが破損してOSが起動できなくなるケースもあります。

Windows7はサポートされているWindowsの中で最も古いのでセキュリティの脆弱性や経年劣化が原因でウィルス感染やハードウェアの故障やシステムファイルの破損が発生しやすいという弱点があり、クラッシュが起こる場合が多いようです。

Windows7が頻繁にクラッシュする場合の対処法

最初にトラブルの原因がハードウェアかソフトウェアの問題なのかを調べる必要があります。システムの構成を変えた場合は元に戻して再起動を試みることができます。ホコリなどが原因であればファンの音が大きくなるので比較的容易に判別ができるので、内部の掃除をするようにしましょう。

ソフトウェアの問題であればセーフモードで起動してトラブルが発生する直前にインストールしたソフトウェアをアンインストールして再起動を試みます。セーフモードでも起動に失敗する場合はシステムファイルの破損が考えられるので、Windows7を初期化する必要があります。初期化をするとディスクに保存したデータが全て消えてしまうので、作業をする前にファイルのバックアップを取っておくようにしましょう。

Wondershare「データリカバリー」を利用すればクラッシュしたパソコンの初期化をする前に、ディスクに保存した大切なファイルを簡単に復元することができます。スマートフォンなどで撮影した写真や動画をパソコンのディスクに保存している方であれば、初期化をしてデータが失われてしまう前にバックアップを取っておく必要があります。

クラッシュしたWindows7からデータを復元する手順

次はWondershare「データリカバリー」を使ってクラッシュしたWindows7からデータを復元する手順を詳しく紹介します。まずは、データリカバリーの無料お試し版をダウンロードしましょう。


ステップ1.システムクラッシュで消えたデータの復元」モードを選択します。

「Wondershare Recoverit」を起動したらメニューウィンドウが表示されます。

Wondershare 「Recoverit」ソフトには、windows osが起動しなくなった時でも見られなくなったデータを復元するための機能があります。

Windows osの起動ディスクを作成するもので、これさえあればwindows osに問題があったときでも作成したデータの復元は可能となります。

メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されるので、今回は「システムクラッシュ後の紛失データの復元」モードを選択します。

復元モード

ステップ2.windowsが起動しない場合の修復ディスクを作成します。

システムクラッシュ後の紛失データの復元の画面を表示して、修復用のデバイスの選択表示がされます。修復ディスクを事前に作成しておくことで、パソコンが起動しなくなったときに対処できます。

ディスク修復

表示されてデバイスにはDVD・CD・USBなどを選択できます。 指定できるデバイスに、今回はCD/DVDを選択してから修復ディスクの作成を行います。 空のCD/DVDディスクを挿入して作成します。

ディスク作成

修復ディスクの作成デバイスを選択して「作成」ボタンをクリックすると、修復ディスクの作成を開始します。 修復ディスクの作成は全て自動で作成してくれて、表示された作成手順は上から順番に「ファームウェアをダウンロードする」・「USB/CD/DVDをフォーマットする」・「起動可能なドライブを作成」の順番で作業を行います。

作業開始

デバイスはどれにするかを指定して、作業が完了するまで数分程度待ちます。 全ての作業が終わると、完了となり、DVD/CDの場合はトレイが開いて完了となります。 あとは、DVD/CDを抜き取れば完成です。 終了ウインドウには、「起動可能なCD/DVDが作成できました」表示されます。

作業完了

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Windows復元 / Windows7クラッシュの原因や対策は?データ復元は?

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?