WMV動画が再生できないときの対処法

WMV動画が再生できなく破損してしまった?!修復可能でしょうか。さて、本文では、WMV動画が再生できないときの対処法などを中心にご説明します。一番おすすめなのはRepairit動画修復ソフトです。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ修復可能

Windowsのパソコンユーザーにはおなじみの動画再生ソフトWindows Media Player。動画を再生するためのコーデックとして、Windows Media Video(WMV)が使用されています。パソコン内に保存した動画を閲覧するときに使われるため、ほとんどのWindowsパソコンにプレインストールされています。

ただ、時々WMV動画が再生できないという不具合が起きることがあります。

この記事では、WMV動画が再生できないときの対処法などを中心にご説明します。


Part1: WMVとは?

先述したとおりWMVとはWindows Media Videoの略名で、Microsoft社が開発した動画データの圧縮符号化方式とそれに伴う圧縮・展開ソフトウェアです。

2000年代前半に同社が開発したWindows Media Formatの中核を構成する動画形式でもあります。拡張子は「.wmv」となります。

オーディオコーデックとしてのWindows Media Audio(WMA)とともに、一般にはこの2つのコーデックの組み合わせが用いられています。

WMVは他の形式に比べ圧縮率が高いことが評価されていますが、圧縮処理が複雑なことが理由でエンコードに時間がかかる難点も指摘されています。

低ビットレートでも映像の破綻の懸念が少ないので、ASFコンテナ格納時のケースのみではありますが、ストリーミングにも対応しているので、インターネットネット配信にも適しているという利点もあります。

よく比較される対象のコーデックとしてMP4が挙げられますが、WMVファイルと比べれば、多種のオペレーティングシステムで動作可能です。

ところが、実際にはWMVにはいくつかのメリットがあり、一般的にMP4ファイルよりもサイズが小さく、デバイス上で消費するリソースの負荷が小さいというところです。ファイルサイズが小さいということは、WMVはネットワーク経由での共有、そして、電子メールまたはソーシャルメディアプラットフォームでの共有にも最適とされます。

また、Androidなどのモバイルデバイスに適したフォーマットでもあります。モバイルのストレージスペースは、パソコンよりも限られているため、ファイルが小さいほど大きなメリットが生じます。

Part2: WMV動画が再生できない原因

Windowsパソコン上で、WMV形式の動画ファイルを再生する時に、何らかの原因で再生できないという経験はどのユーザーにもあることでしょう。

Windows media playerでWMVを再生した際に、「ファイル再生中WMVに問題が発生しました」というエラーが表示され、再生中のWMV動画が急に再生しなくなる現象や、他のメディアプレーヤーで再生しようとすると「サポートされていない形式」といったエラーが出てきて、動画の最初から再生不可能だったりするケースもありますよね。

では一体、どのような原因でWMV動画が再生できないのでしょうか?

おおまかには以下の2つの原因が挙げられます。

1) WMVファイル自体の問題

動画データを圧縮する際にWMVファイル自体が破損したという可能性が考えられます。

一番原因となる要因はWMV動画をダウンロードする際にダウンロードが中断されたというケースです。

また、ファイルデータの書き込み中USB端子を抜くなどの、デバイスとの接続を切断してしまったなども一例です。

パソコン初級者には考えられませんが、手動入力で.wmvを.mp4等の形式に書き換えるなど、ファイルの拡張子を強制的に変換した場合なども再生ができなくなってしまう原因となります。

2)再生する端末やプレイヤーの問題

WMVファイルに問題がなくても、プレーヤーがWMVをサポートしていないなどの再生する端末やプレイヤーサイドの問題も考えられます。

例えば単純な問題として、動画の再生中、端末の電源が切断されてしまうなども原因です。

ほかにも、端末がウイルス感染していたりしたら、再生機能が正しく動作せずに再生不可能となります。

また、端末もしくはWMVファイルの入っているUSBなどの記憶メディア自体が物理的な衝撃を受けたケースなども再生できない原因と考えられます。

動画が破損した原因と修復方法は、下記の動画でもご覧できます!

recoverit

Wondershare Repairitで破損した動画復元する

ガイド>

Part3 : 壊れたWMVが動画を修復する方法の紹介

WMVファイルの動画が再生できない原因として、前項で説明したとおり動画ファイル自体の破損が一番最初に挙げられます。このようなケースでは再生できない動画ファイルを修復するツールを活用すれば、たいへん便利です。

Repairit】は【Wondershare Recoverit】の動画・画像修復ソフトの名称で、簡単な操作で壊れた動画ファイルを修復することが可能です。

また、ダウンロードして保存した他の形式の動画ファイルや、変換ソフトなどでフォーマット変更した動画などが再生不可能な時にも、高い確率で修復する機能を備えています。

3ステップで動画ファイル修復が可能な【Repairit】なら、パソコン初心者の方でも、困ることなく操作できるので、人気のソフトです。

Repairit】は、壊れてしまった動画ファイル内からサムネイル表示や動画全体をプレビュー再生することが無料試用版でもお試しいただけます。

有料版ではさらなる高性能な修復機能が堪能できますので、この機会に是非ダウンロードすることを推奨します。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は「Wondershare Repairit」で破損した動画を修復する手順です。

ステップ1  破損した動画ファイルを追加します。

「Wondershare Repairit」を起動した後、壊れた動画ファイルを追加します。
追加後、右下の「修復」をクリックします。

破損した動画ファイルを追加

ステップ2  修復の完了を待ちます。

「修復」ボタンをクリックし、修復作業が始まります。修復完了まで、少しお待ちください。

修復の完了を待ち

ステップ3  プレビューして修復された動画を保存します。

「プレビュー」ボタンをクリックして、修復された動画をプレビューします。保存する前に、ビデオコンテンツをチェックして、修復された動画が再生できるかどうかを確認できます。

無料プレビューして修復された動画を保存

以上の操作で破損したTwitter動画を修復する操作は完了です。

また、Wondershare「Repairit」を利用すると、動画の修復だけでなく、写真ファイルの修復にも対応できます。データ破損に困っている方は、ぜひ利用してみてください。

破損した動画ファイル修復ソフト

Wondershare Repairit - 動画修復ソフト

  • Windows/Macで再生できない、破損した動画ファイルを修復
  • MOV、MP4、M2TS、MKV、MTS、3GP、AVIなど多様なの形式に対応
  • 撮影中、記録中、転送中、編集中、変換中、処理中に破損した動画を修復
  • Canon、Nikon、Sony、GoPro、DJIなどカメラで撮影された動画を修復
人気記事
Home > Resources > ビデオ・写真復元/修復 > WMV動画が再生できないときの対処法