Macで破損したMOVファイルを修復する方法

Macでの破損したMOVファイルの修復方法

MOVは、アップル社が開発したメディアプレイヤー(動画や音楽などの再生ソフト)であるQuickTime用のデータです。
動画の制作などをしていないと、知らない動画形式かもしれませんね。
MOVのファイル名には、拡張子「.mov」がつきます。
拡張子とは、ファイルの種類を示す目印のようなものです。

MOVファイルに限らず、ファイルが破損する原因は幾つかあります。
撮影したデバイス・メモリーカード等のメディアの故障、ファイルの保存環境の悪さによる破損などです。

大切な映像であれば、コピーして複数の場所に保存したりDVDなどのディスクに焼くという対策を施します。
しかし、こういったバックアップをしていない時にファイルが破損していることが多いですよね。

動画が破損してしまった場合、動画修復ソフトを利用すれば動画を修復することが可能です。
では、MOVファイルが破損した際に、動画を修復できるMac対応ソフトをご紹介します。

Macに対応した再生できないMOVファイルの修復ソフト:「Wondershare Repairit」

日頃のデジタルライフを豊かにする製品を販売しているWondershare社は、ビデオ修復ソフトもリリースしています。
「Wondershare Repairit」を使えば、破損した動画ファイルを修復することができます。
修復した動画を、無料でプレビューして修復できているか確認することも可能です。
Mac版、Windows版の両方が販売されているのも嬉しいポイントですね。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

それでは、「Wondershare Repairit」で破損したMOVファイルの修復方法をご紹介します。

ステップ1、破損したMOVファイルを追加します。

「追加」ボタンをクリックして、フォルダーから破損したMOVファイルを選択します。
または、破損したMOVファイルを「ここにビデオをドラッグ&ドロップして修復する」ボックスにドラッグ&ドロップしてください。

破損MOVファイルを追加

ステップ2、「修復」ボタンをクリックします。

修復を開始

ステップ3、修復されたMOVファイルをプレビューして保存します。

修復されたMOVファイルをプレビューして保存

Mac対応!破損したMOVファイルの修復ソフト:「Recoverit」

「Recoverit」を使えば、ドキュメントや写真、音楽、動画、メールなどのデータを復元することができます。
誤った操作やデバイスのバグ、故障によって消えたデータも復元できますし、データの保存場所(デバイス本体、外付けHDD、メディアなど)も問いません。

「Recoverit」は人気のデータ復元ソフトですが、Ultimate Plus版にはビデオ修復機能があります。
消してしまった動画ファイルを復元できても、再生できない事はよくありますよね。
動画を復元だけでなく修復もしたい場合、データ復元ソフト「Recoverit」がオススメです。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

それでは、「Recoverit」で破損したMOVファイルの修復方法をご紹介します。

ステップ1、「Recoverit」を起動し、「ビデオ修復」を選択します。

メイン画面でビデオ修復を選び、「開始」ボタンをクリックしてください。

「開始」ボタンをクリック

ステップ2、修復したいビデオを追加します。

画面の「ここにビデオをドラッグ&ドロップして修復する」に修復したいビデオをドラッグ&ドロップします。
または、「追加」ボタンから保存先を参照して、任意のMOVファイルを追加してください。

プログラムにビデオを追加

ステップ3、ビデオファイルの修復します。

修復したい動画ファイルが追加されていることを確認します。
問題なければ「修復」ボタンを押してください。
すると、すぐに修復作業が始まります。

異なる種類のファイルであっても、まとめて一緒に修復できます。

ビデオファイルの修復

ステップ4、修復できたファイルを保存します。

無事に修復が終わると、プレビューができます。
プレビューして問題がない場合、任意の場所にMOVファイルを保存します。

修復できたファイルを保存

高度修復モードの場合

まれに、通常のビデオ修復モードでは修復できない場合があります。
そんな時でも、ご安心ください。


「Wondershare Repairit」と「Recoverit」には高度修復という機能が搭載されています。
この機能は、通常の修復モードでは修復できなかった動画を修復することができます。

ステップ1、高度修復をクリックします。

通常の修復が完了した画面の右側で、赤字の「高度修復」ボタンをクリックします。

高度修復をクリック

ステップ2、サンプルビデオを追加します。

「サンプルビデオを追加して修復する」というメッセージが表示されます。
破損したビデオとまったく同じデバイス、形式のファイルを追加してください。
追加後、「修復失敗のビデオに適用します。」にチェックを入れ、「修復」ボタンをクリックします。

サンプルビデオを追加

ステップ3、修復したビデオをプレビューします。

修復が完了したら、ビデオをプレビューしてみます。
無事に修復できていれば、保存して終了です。

修復ボタンをクリック

以上が、RecoveritによるMOV形式ファイルを修復する手順です。
ステップは多いと感じるかもしれませんが、どのステップも簡単なのでご安心ください。

実際に購入する前に、無料体験版で動画を復元、修復できるかも確認することができます。
データを復元したいなら、Recoveritにおまかせ!

ファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > ビデオ・写真復元/修復 > Macで破損したMOVファイルを修復する方法
アップグレード