エラーコード5004でアマゾンプライムビデオが見られない?!

エラーコード5004が発生したらどうしよう?ご安心!本文ではその発生原因と対処方法を詳しくご紹介!動画が破損してもご安心、Repairit(リペアリット)で修復すれば!無料版もあり~

「アマゾンプライムビデオで楽しみにしていた映画があるのに見ることができない・・・」こんな経験をした人も多いのではないかと思います。 アマゾンプライムビデオが見られない原因はユーザーの環境によってさまざまですが、エラーコードが表示されている場合にはエラーコードをヒントに対処することでビデオが見られるようになることがあります。 ここでは「エラーコード5004」について詳しく説明していきます。

Part1. アマゾンプライムビデオのエラーコード5004の原因

そもそも、「エラーコード5004」とはどんな症状なのかというと、ユーザーとアマゾンの間で認証がうまくいっていないという状態を意味しています。 つまり「認証エラー」という状態です。 では、「エラーコード5004」が表示される原因としてどんなことが考えられるでしょうか。

1つ目の原因として考えられるのは、「インターネット通信の異常」です。

家庭の通信環境やプロバイダ障害、通信機器の故障などにより通信が不安定な場合や十分な速度が出ていないとエラーが表示されることがあります。 また、VPNやプロキシサーバーを利用している場合もアマゾンプライムビデオが見られないことがあります。

2つ目の原因はデバイスの不具合です。

アマゾンプライムビデオはパソコンのほか、スマホやタブレット、PS4などさまざまなデバイスで視聴することが可能ですが、デバイス自体、あるいはアプリケーションに以上がある可能性も考えられます。

3つ目の原因は、パソコンの設定やファイルの破損によるものです。

ウイルス対策のためにセキュリティソフトを使っている人も多いと思いますが、アンチウイルスソフトやファイヤーウォールの設定が邪魔をしていることがあります。 また、ユーザーの情報が格納されているブラウザのCookieやキャッシュが破損してしまっていることもエラーの原因となります。

Part2. アマゾンプライムビデオのエラーコード5004を修復する方法

ではアマゾンプライムビデオの視聴で「エラーコード5004」が表示されたときは、どうすれば良いのでしょうか。 具体的に見ていきましょう。

原因1についての解決策

  1. 通信が不安定なときはモデムやルーターなどの通信端末を一度再起動してみましょう。
    電源を抜いて数分放置し、その後再び起動してみると通信が安定することがあります。 また、光回線であればV6プラスなどIPoE方式のサービスに切り替えるのもおすすめです。
  2. IPoE方式への切り替えは無料のケースもあるので一度検討してみましょう。
    近年はアドレス数の増加により従来のPPPoE方式は混雑によるスピード低下が顕著です。
  3. VPNやプロキシサーバーを利用している場合は設定を変更して使用しないようにします。

原因2についての解決策

  1. デバイスの再起動がおすすめです。
    それまでに使用していたソフトやサービスなどのプロセスが残っているとシステムが不安定になることがあるので、一度再起動してソフトやサービスを完全に終了させると動画が見られるようになることがあります。
  2. アップデートが利用可能か確認してみましょう。
    デバイスのシステムソフトウェアやインストールされているアプリケーションのバージョンが古いことも考えられます。

原因3についての解決策

  1. セキュリティソフトを導入している場合は設定を変更し、アマゾンプライムビデオを監視の対象から外してみます。
  2. それでも視聴できない場合はブラウザの設定からCookieやキャッシュを一度削除して再起動してみることをおすすめします。

上記の方法でも視聴できないという場合は、作品をダウンロードして視聴するという方法もあります。 一部の作品を除いて、アマゾンプライムビデオのほとんどの作品はダウンロードが可能となっています。 オンライン状態では視聴できなくても、オフラインの状態なら視聴できるかもしれません。 ただし、ダウンロードする場合は通信量やストレージの容量に注意が必要です。

Part3. アマゾンプライムビデオが見られない時ーー「Wondershare Repairit」で修復

ダウンロードした作品が見られないという場合は、ダウンロードしたファイルが破損している可能性があります。 その場合はダウンロードし直すという方法もありますが、通信量の問題から難しいという人もいるでしょう。 そのようなときには「Wondershare Repairit」(リペアリット)を利用することで破損したファイルを修復することができます。 使い方はとても簡単で、破損したビデオを選んで「修復を開始する」というボックスをクリックするだけです。 「高度修復機能」というモードがあるので、ほかのソフトでは修復が失敗してしまう場合も修復できる可能性があります。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

動画関連のソフトは海外製のものが多くサポートなどに不安がありますが、この「Wondershare Repairit」を発売している株式会社ワンダーシェアーソフトウェアは日本支社があるのでサポート面でも安心です。「Wondershare Repairit」を使用してわずか3つの簡単なスデップで見られないアマゾンプライムビデオを修復できます。

ステップ1 見られないアマゾンプライムビデオを追加します。

「Wondershare Repairit」を起動した後、壊れた動画ファイルを追加して、右下の「修復」をクリックします。

見られないアマゾンプライムビデオを追加

ステップ2 修復の完了を待ちます。

修復の完了を待ち

ステップ3 無料プレビューして修復されたビデオを保存します。

無料プレビューして修復されたビデオを保存

まとめ

アマゾンプライムビデオで表示される「エラーコード5004」は認証エラーを示しています。 通信が不安定なときやデバイスに不具合があるときに起こりやすいので、通信環境を見直すことや通信機器やデバイスの再起動が有効です。 また、ソフト的な要因で発生することも多いので、セキュリティソフトの設定を見直すことやソフトウェアのアップデートで症状が改善することもあります。

上記の方法で解決が難しい場合はダウンロードすることで作品を視聴できるケースがあります。 ダウンロードでも見られない場合は「Wondershare  Repairit」を使ってファイルの修復をしてみましょう。

破損した動画ファイル修復ソフト

Wondershare Repairit - ビデオ修復ソフト

  • WindowsおよびMacで再生できない、アクセスできない、破損したあらゆる形式の動画ファイルを修復
  • メモリカードエラー、ファイル転送エラー、デバイスエラーで破損したビデオを修復
  • カメラ、GoPro、DJI Dronesなど撮影したビデオ形式を修復
  • 修復された動画ファイルを保存する前に詳しくプレビュー
人気記事
Home > Resources > ビデオ復元/修復 > エラーコード5004でアマゾンプライムビデオが見られない?!

すべての記事