ゴミ箱で削除したファイルを完全削除する方法

Apr 01,2020 • カテゴリ: ゴミ箱復元

パソコンは仕事やゲームなど様々なことに使われ、今やパソコンが無い生活は不便とも言えます。 小学校や中学校でもパソコンの授業を取り入れているところも多く、これから益々パソコンは生活に密着してくると思われます。 通常不要なファイルをゴミ箱に入れますが、ゴミ箱で削除したファイルは完全削除できません。これはどうすればいいですか?

ゴミ箱で削除したファイルを完全削除する

ゴミ箱で削除したファイルを完全削除する方法

Part1. ゴミ箱で削除したファイルは完全削除できていません

削除とは、不要なファイルやアプリケーションなどをゴミ箱に入れて削除することですが、これには幾つかの方法があります。

このようにゴミ箱に削除する方法を紹介しましたが、実はゴミ箱に削除しただけでは完全な削除とはなっていません。 ゴミ箱に削除してもゴミ箱内には残っており、ゴミ箱内のファイルを選択して「元に戻す」をクリックすることで元に戻せます。 他にもゴミ箱を開いてファイルを選択し、それをゴミ箱外にドラッグすることで元に戻せます。 つまりゴミ箱とは不要なファイルを一時的にまとめて置く場所なのです。 では、ゴミ箱で削除したファイルを完全削除する場合、どのようにすればよいのでしょうか。

Part2. ゴミ箱で削除したファイルを完全削除する方法

不要なファイルを削除したい場合、ゴミ箱内のファイルを完全削除しなければなりません。

以上がゴミ箱内のものを削除する方法ですが、ゴミ箱内のものを削除するとパソコン内から完全に削除されて元に戻すことができません。 間違ってゴミ箱に削除してゴミ箱を空にしてしまった方も多いと思いますが、そのような場合どうすればよいのでしょうか。ゴミ箱を空にしてしまった場合、多くの方は諦めてしまうと思いますが、復元ソフトを使うことで、ファイルを元通りに戻すことができます。

Part3. ゴミ箱で完全削除したファイルを復元する方法

復元ソフトとは、パソコン内の削除したファイルを復元してくれるソフトです。 最近は多くのものが販売されており、購入時に迷ってしまう方も多いようですが、その中でも「Recoverit」は非常に優秀でおすすめとなっています。

「Recoverit」は、間違えて空にしてしまったゴミ箱内のファイルを簡単に復元することができます。 他にも、USBドライブから削除したファイル復元、デジタルハードドライブ復元、ワードドキュメント復元など、様々な復元を可能としています。「Recoverit」には無料ダウンロードのソフトもありますが、私は高機能の有料版をおすすめします。 皆さんもデータを復元する際には是非使ってみてはいかがでしょうか。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

「Recoverit」の操作方法は非常に簡単です。

ステップ1 完全削除したファイルの元保存場所「ゴミ箱」を選択します。

「ゴミ箱の復元」を選択

ステップ2 ゴミ箱で完全削除したファイルを検索します。

ゴミ箱で完全削除したファイルを検索

ステップ3 ゴミ箱で完全削除したファイルを復元します。

ゴミ箱で完全削除したファイルを復元

その後、消えたデータをプレビューで確認して復元すれば完了となり、非常に簡単な操作となっています。

対応しているファイル形式も多く、ビデオではFLV、M4V、MOV、AVI、MP4、WMVなど50種類以上、画像ではJPEG、JPG、PNGなど50種類以上となっています。 他にも、オーディオやEメールなどのファイル形式など幅広く対応しています。 そして一番気になる復元速度と復元率ですが、強力なデータ分析エンジンでスキャン速度も速く、データ構造の奥深くまで到達することができ、復元率が96%と非常に優れたものとなっています。

この「Recoverit」を使えばほぼすべてのデータを復元することができ、安心してデータを管理することができます。

ファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なゴミ箱復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
表示する隠す
Home / ゴミ箱復元 / ゴミ箱で削除したファイルを完全削除する方法

すべての記事