エラー「0x80070002」が発生する時の解決方法とデータ復元

Jun 01,2020 • カテゴリ: システム復元

予想できないエラーで発生するコードの「0x80070002」が発生される原因はUpdateが実行される際にパソコン側に必要なファイルが破損しているからです。これは使用者が間違って壊したというものではなく、ファイルが壊れる原因ははっきり分かりませんが、この状況に陥った時は、対処法を知っておきましょう。

Windows Updateエラー「0x80070002」が表示されたらどうしよう?

Part1:「0x80070002」とはどういうエラーか?

「0x80070002」を知るにはWindows Updateに起こっている不具合を知る必要があります。

Windows Updateはあまり気にしなくても自動的に修正プログラムのダウンロードとインストールを実行してくれますが、事業所などで業務に使っているパソコンは個人情報や膨大なデータの保護をする事から、日頃から「設定」画面にあるWindows Updateをチェックして万が一のトラブルに備えています。

そこで良く起こりがちになるのが、何らかのエラーによってWindows Updateが止まってしまう事です。そこには「新しい更新プログラムを検索できませんでした。」というメッセージと共にエラーコード「0x80070002」が表示されます。以下で「0x80070002」エラーの対応方法をご紹介します。

Part2:エラー「0x80070002」の対処法

この破損エラーである「0x80070002」からの復元には4つの手段があり、どれが有効になるのかは機械によって変わります。

1)、パソコンの日付と時刻の設定を直す。

コントロールパネル内にある「時刻と言語」の設定を開いたら右側の「別のタイムゾーンの時計を追加する」をクリックすると設定画面が表示されます。

次に「インターネット時刻」を選択し、次の画面で「インターネット時刻サーバーと同期する」にチェックマークを入れて「今すぐ更新」をクリックして下さい。「OK」をクリックして、デスクトップ画面に戻った後にWindowsを再起動した後、再びWindows Updateを実行してください。

2)、「Windows Update」を停止する

Updateに必要なファイルが破損しているかもしれない場合の方法です。この方法はコマンドプロンプトの画面を呼び出しますのでスタートメニューから「Windowsシステムツール」→「コマンドプロンプト」の順でマウスを操作してください。黒い画面が表示されたら、キーボードから「SFC /scannow」と入力し、エンターキーを押すと、異常のあるファイルを削除するためにスキャンプログラムが実行されるので終了するまで待ちます。

この後、スタートメニューから「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」を開いて大きなアイコン表示に直したら「管理ツール」を開き「サービス」をダブルクリック後に新しい画面が表示されます。その枠内に「Windows Update」がありますので、そこを右クリックして「停止」を選択します。

3)、「Software Distribution」フォルダを削除する

再び「Windows Update」を実行して、状態が変わらない場合に、デスクトップ画面にある「PC」アイコンをダブルクリック後、画面上部のアドレスバーをクリックして「C:\Windows」とキーボードから入力してください。「Software Distribution」のフォルダが見つかりましたらこれを削除します。パソコンを再起動してWindows Updateがうまく実行されるか確認してください。

4)、Windowsの機能である「トラブルシューティング」で不具合を直す。

スタートメニューから「設定」→「 更新とセキュリティ」→「トラブルシューティング」 →「Windows update」→「トラブルシューティングツールの実行」の順にマウスを操作してください。修復プログラムが実行されますので、終了するまで待ち、Windows Updateを実行してください。

Part3:システム復元に必要な専用アプリをそろえましょう

この様に複雑な操作を行う事で、また新たな不具合を生みかねない事になります。出来れば「0x80070002」が出ない状態でシステムのバックアップを定期的に行い、いつでも不具合の無い状態に戻せるようにした方が良いでしょう。この時に多少のお金をかけて、手軽に破損ファイルの復旧やバックアップ機能を備えたアプリを購入するのは如何でしょう。

Wondershare社の「Recoverit」は他社のファイル修復アプリに比べ、導入コストが安く抑えられており、ネットからの購入が可能なので、クレジットカードをお持ちであればその日から導入が出来ます。製品のグレードがいくつかに分かれているのは復旧させたいファイルの種類の多さに差をつけているからです。もし、動画編集を日頃から行っているならば永久ライセンスの「Recoverit Ultimate Plus」を購入して頂き、万が一に備えてください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

「Recoverit」は簡単な画面操作で、破損ファイルの復旧作業を行えるようになっています。

ステップ1 エラー「0x80070002」発生で消えてしまったデータの元保存場所を選択します。

「0x80070002」で消えたファイルの元保存場所を選択

ステップ2 エラー発生による消えたデータを検索します。

エラー「0x80070002」で消えたデータを検索

ステップ3 スキャンしたデータをプレビューして復元します。

消えたデータを復元

これからエラー「0x80070002」が発生する前に、「Recoverit」の導入を考えてみてください。

ファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なファイル復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home / システム復元 / エラー「0x80070002」が発生する時の解決方法とデータ復元

すべての記事