エラー「0x80070002」が発生する時の解決方法とデータ復元

Windows Updateが実行される際にエラー「0x80070002」が発生される原因は何でしょうか?Updateに起こっている不具合で破損されたファイルが復元できますか?本記はファイルが壊れる原因を説明したうえ、この状況に陥った時は、対処法もご紹介!

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップだけ復元可能 最新バージョン

エラーコード「0x80070002」が表示される原因は、アップデートが実行される際にパソコン側で必要なファイルが見つからないまたは破損しているからです。Windows10のアップデートができなくてお困りの皆さんに、分かりやすく解決方法をご紹介します。

Windowsアップデートができない!エラーコード「0x80070002」とは?

Part1:「0x80070002」とはどういうエラーか?

Windowsアップデートエラー0x80070002

「0x80070002」を知るにはWindows Updateに起こっている不具合を知る必要があります。

Windows Updateはあまり気にしなくても自動的に修正プログラムのダウンロードとインストールを実行してくれますが、事業所などで業務に使っているパソコンは個人情報や膨大なデータの保護をする事から、日頃から「設定」画面にあるWindows Updateをチェックして万が一のトラブルに備えています。

そこで良く起こりがちになるのが、何らかのエラーによってWindows Updateが止まってしまう事です。そこには「新しい更新プログラムを検索できませんでした。」というメッセージと共にエラーコード「0x80070002」が表示されます。以下で「0x80070002」エラーの対応方法をご紹介します。

Part2:エラー「0x80070002」の解決方法

この破損エラーである「0x80070002」からの復元には全部で4パターンがあり、どれが有効になるのかは機械によって変わります。

1)、パソコンの日付と時刻を設定し直す。

パソコンの日付と時刻の設定はWindowsアップデートが順調に完成できるかどうかに大きな影響を与えています。下記のステップに従って日付と時刻が正確であるかどうかをご確認ください。

  1. コントロールパネルの「時刻と言語」を開き、「インターネット時刻」タブを選択します。
  2. 「設定の変更」をクリックし、「インターネット時刻サーバーと同期する」にチェックマークを入れてください。
  3. 「今すぐ更新」をクリックし、「OK」をクリックします。
  4. パソコンを再起動し、Windowsアップデートを実施してください。

2)、「Windows Update」を停止する

Updateに必要なファイルが破損しているかもしれない場合の方法です。この方法はコマンドプロンプトの画面を呼び出します。

  1. スタートメニューの「Windowsシステムツール」からコマンドプロンプトを管理者権限で開きます。
  2. コマンドプロンプト画面で、「SFC /scannow」と入力しEnterキーを押してください。
  3. システムスキャンが完了するまで待ちます。
  4. スキャン完了後、スタートメニューから「Windowsシステムツール」⇒「コントロールパネル」を開きます。
  5. コントロールパネル画面で「管理ツール」を開き、「サービス」をダブルクリックします。
  6. 「Windows Update」を右クリックして、「停止」を選択します。

上記の方法がお役に立たない場合、下記の対処法3)をご覧ください。

3)、「Software Distribution」フォルダを削除する

  1. 「Windows Update」を実行して、状態が変わらない場合に、デスクトップ画面にある「PC」アイコンをダブルクリックします。
  2. 画面上部のアドレスバーをクリックして「C:\Windows」とキーボードから入力してください。
  3. 「Software Distribution」のフォルダが見つかりましたらこれを削除します。
  4. パソコンを再起動してWindows Updateがうまく実行されるか確認してください。

4)、Windowsの機能である「トラブルシューティング」で不具合を直す。

スタートメニューから「設定」→「 更新とセキュリティ」→「トラブルシューティング」 →「Windows update」→「トラブルシューティングツールの実行」の順にマウスを操作してください。修復プログラムが実行されますので、終了するまで待ち、Windows Updateを実行してください。

Part3:Windowsアップデートを実施して、データが消えてしまったら

エラーコード「0x80070002」を解決できましたか?Windowsアップデートを実施すると、まれにデータが消えてしまうことがあります。Windowsアップデートが原因で消えたデータは、データ復元ソフトで復元することが出来ます。データ復元ソフトは数多くありますが、その中でもWondershar社の「Recoverit」をおすすめします。

Wondershare社の「Recoverit」は他社のデータ復元ソフトに比べ、導入コストが安く抑えられており、ネットからの購入が可能なので、クレジットカードをお持ちであればその日から導入が出来ます。初心者でも簡単な操作で、データの復元ができます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

「Recoverit」は簡単な画面操作で、消えてしまったデータ復元操作を行えます。

ステップ1 エラー「0x80070002」で消えてしまったデータが保存されていた場所を選択します。選択後、「開始」をクリックします。

「0x80070002」で消えたファイルの元保存場所を選択

ステップ2 エラー発生による消えたデータをスキャンします。

エラー「0x80070002」で消えたデータを検索

ステップ3 スキャン完了後、復元したいデータをプレビューします。プレビュー後、「復元」をクリックすれば完了です!

消えたデータを復元

Windowsアップデートができず、エラーコード「0x80070002」でデータが消えた場合、「Recoverit」で復元しましょう!これからエラー「0x80070002」が発生する前に、「Recoverit」の導入を考えてみてください。

ファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なファイル復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > エラー「0x80070002」が発生する時の解決方法とデータ復元

すべての記事