Windows7復元ポイント:Windows7の復元ポイントを作成する方法

パソコンを普通に使用していても突然動作に何らかの問題が出たり、システムが不安定になったりすることは当然あります。しかし、Windows7の場合はそんな不具合が発生しても、復元ポイントの作成をしておくとシステムが異常を起こしても安心です。今回はWindows7の復元ポイントを作成する方法を紹介したいと思います。

Windows7の復元ポイントを作成する方法

Windows7の復元ポイントは非常に簡単な操作で作成することができます。

  1. パソコンを起動して、「スタート」をクリックします。
  2. スタートから「コントロールパネル」を選択し、「システムとセキュリティ」をクリックします。
  3. 次に「システム」をクリックします。
  4. 画面左側にある「システムの保護」をクリックします。
  5. すると、「システムのプロパティ」というログが表示されるので、「システムの保護」タブを選択し、画面下部の「作成」をクリックします。
  6. 作成をクリック後、表示されるログに復元ポイントの説明(名前)を入力し、「作成」をクリックします。
  7. すると、「復元ポイントを作成しています…」と書かれたログが表示されるので、しばらく待ちます。
  8. 「復元ポイントは正常に作成されました。」と出てくるので、「閉じる」をクリックします。
  9. 再度「システムのプロパティ」の画面に戻ったら、「OK」をクリックします。

Windows7の復元ポイントを作成

以上でWindows7の復元ポイントを作成する操作は完了です。また、windows7に復元ポイントが設定されているのかは、「スタート」の「すべてのプログラム」から「アクセサリ」と行き、「システムツール」から「システムの復元」で確認することができます。

Windows7データ復元ソフト「Recoverit」の紹介

Windows7で作成した復元ポイントを使って「システムの復元」を行なうと、一部のシステムファイルが削除されてしまうことがあります。尚且つ、バックアップを取っていなかったら最悪です。そんな場合は、Wondershareの「Recoverit」というソフトを利用することで、「システムの復元」で失ったシステムファイルを簡単に復元させることが可能です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1:復元モードを選択します。

パソコンからRecoveritを起動して、一つの復元モードを選択します。オプション「削除したファイルの復元」は誤って削除してしまった・停電で紛失した・「Shift + Del」押しで削除したファイルを復元できます。

ビデオ

ステップ2:データ元の保存先を選択します。

紛失したデータ元に保存したハードディスクドライブ(ディスク C, D, E, F, G) を選択して「開始」ボタンをクリックしてからスキャンが開始されます。

ファイルパス

ステップ3:パソコンのハードディスクをスキャンします。

Recoveritは自動的にクイックスキャンをスタートします。スキャンが終わったあと見つけたファイルのプレビューができます。紛失したファイルを見つけない場合画面左下の「万能復元」を試してください。

ビデオリカバリー

「万能復元」はハードディスクのデータを徹底的にスキャンしますが、かかる時間も長くなります。

ビデオリカバリー

ステップ4:紛失したファイルをプレビュー・復元します。

「Recoverit」はスキャンで見つけたファイルを復元する前にプレビューすることができます。目標ファイルに「復元」をクリックして復元が実現できます。 データを元の紛失したハードディスクに保存しないでください。

以上で、Wondershareの「Recoverit」を利用して、Windows7で作成した復元ポイントを使用した「システムの復元」で失ったシステムファイルを復元する操作は完了です。

Windows7データ復元ソフトの様々な機能

また、この「Recoverit」には様々な機能があります。パソコンのHDDやゴミ箱、SDカード、USBドライブなどから失った写真や音楽、動画、ドキュメントなどのデータを復元することが可能です。システムファイルの復元はその一部の機能に過ぎません。

数多くの外部メディアから復元

外付けHDDやデジカメ、iPod、MP3/MP4プレイヤーなど、数多くの外部メディアからのデータ復元できます。

550種類以上のファイル形式に対応

写真、音楽、動画、ワードやエクセルなどのドキュメント、電子メールなど、様々なファイル形式を復元できます。

様々なデータの損失原因に対応

誤って削除したデータ、誤ってフォーマットしてしまったデータ、突然アクセスできなくなったなど、様々な原因で失ったデータを復元できます。

いかがでしょうか?

Windows7の復元ポイントの作成は簡単に行なえることが分かりました。簡単に設定が行なえるので、パソコンが何らかの不具合で正常に作動しなくなった場合に備え、復元ポイントを作成しておくと安心です。また、作成した復元ポイントで「システムの復元」を行なうと、一部のシステムファイルが削除されてしまうことがあります。そんな場合には、Wondershareの「Recoverit」を利用することで失ったシステムファイルを復元できるので、このソフトを利用してみてはいかがでしょう。

Windows 7 復元ソフト
Wondershare recoverit

JPGファイル復元
  • 550以上のファイル形式のデータを高速・安全に復元
  • 数ステップで削除したデータを復元
  • デジカメの削除したデータ・スマホのSDカード復元・ HDD(ハードドライブ)・ゴミ箱・SDメモリカード・USBフラッシュドライブを復元!
  • データを復元する前にプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.8~10.14(macOS Mojave)
人気記事
表示する隠す
Home / Windows復元 / Windows7復元ポイント:Windows7の復元ポイントを作成する方法

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?