Windows11をダウンロードしてアップグレードする方法

Windows11にアップグレードする方法、アップグレードした後データが消えたらの対処方法などを本文で詳しくご解説します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

2015年7月後半からリリースされたWindows10からついに、Windows11が今年の10月にリリースされることになりました。どのようにしてWindows11をダウンロードしてOSのアップデートを図ればいいのか、早いうちですが確認してみましょう。

Part1:Windows11の優れたところについて

Windows11というあたらしいOSの情報を今初めて耳にした方も少なくないでしょう。Windows10に比べて11はどのように進化しているのか、Windows11の優れているところについて確認をして10からアップグレードするべきかどうかを判断していきましょう。

実は2015年にWindows10がリリースされたころにシカゴでのイベントで「Windows10が最後のWindowsとなる」との発表をMicrosoft社が宣言しました。しかし6年間で状況は変わったということになります。まずWindows11は10に比べて必要とされるPCのスペックがやや上がっています。そのまま10から11へアップグレードすることができますが、スペックによってはOSをアップグレードしただけではWindows11が動かない可能性が高いです。

CPUのスペックでいうと7世代以降のCoreシリーズまたはRyzenシリーズが必要になります。メモリは最低4GB以上で、Windows10の最低スペックより2GB増えてます。ストレージも最低64GBは欲しいと言われています。大きなアップデートを考えると128GBはあった方が無難になります。このように最低スペックがかなり上がっているので、それ相応のPCの動きになることは期待できそうです。

Part2:Windows11のisoファイルをダウンロードする方法

実はWindows11のisoファイルが現地時間の9月23日にInsider向けのBeta Channelにて配布されています。現在すでにインストール体験をすることも可能で、クリーンWindows11 Insider Preview環境が構築可能となっています。正式にリリースされるのは10月5日となっていますが、Insider向けのisoファイルの配布は9月19日(現地時間)に配布されています。

19日が初めてInsider向けに初めて世にWindows11が出たと言えるでしょう。isoのダウンロードは全てのユーザーで行うことができ、現在でもマイクロソフト公式サイトからダウンロードが可能です。公式サイトに行ったら「Windows Insider Preview Downloads」という項目にアクセスをし、エディションの選択をします。

1番上が最新バージョンのisoなので、Windows11の最新を探して「Confirm」というボタンをクリックします。言語の選択では日本語が選択できるので、そのまま日本語を選択し「Confirm」をクリックします。64ビットでダウンロードができるので、ダウンロードをクリックすればPCにダウンロードされます。

Part3:Windows11をダウンロードできるのかのチェックツール

Windows11をダウンロードする際はPCが一時的に使えなくなっても良い環境で行うことが安心です。OSをいじることもあり、仕事用のPCで行ったりしてはお仕事にも支障をきたしてしまうかもしれません。生活やお仕事に支障をきたさない環境を整えてからWindows11へのアップグレードを試すようにすることも大切な準備です。 

他にもチェックツールと使って、現在使用しているPCがWindows11を使用するのに適しているのかを調べることもできます。Microsoft公式サイトにてチェックツールが無償で配布されています。以前までのチェックツールでは不適合と判断されても理由を開示してくれない等、どのように改善すれば良いのかが明白でなかったことが不評でしたが、現地時間の8月27日にアップデートされて、不適合の理由を明白に教えてくれるようになりました。

ダウンロードをする際はサイトの右上人型アイコンから「Windows Insider Program」に参加しているMicrosoftアカウントでログインする必要があります。

豆知識:Windows11でのデータが消えた後の復元ソフトすすめ

OSのアップデートをする以上、最悪の事態というのも考えられます。しっかりとした準備を行えば回避できることが多いですが、環境の準備はしても、チェックツールをMicrosoft以外のでやって適合と出たのでアップデートしようとしたらまさかの不適合、なんてことも起きてしまうかも知れません。

そうなってしまった場合は最悪、OS再インストールになってしまったりデータが飛んでしまったりしてしまうかもしれません。そんな時におすすめの復元ソフトが「Recoverit」というソフトになります。最新OSのWindows11にも対応しているので、無事アップグレードはできたのにデータがない、なんてときにも簡単に復元を行うことができるのです。

無料となっており、どの記憶媒体のものでも復元率が95%と高いので、復元を行う際は「Recoverit」を使うことを勧めます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」 でWindows11で消えてしまったデータを復元する手順です。

ステップ1 消えたデータの保存先を選択する

「Recoverit」を起動する前に、外付けデバイスをパソコンに接続しましょう。カメラ、外付けHDD、USBメモリ、SDカードなどが認識可能です。ターゲットの場所として「HDD」のディスクや【場所】を選択してください。

復元したいデータの保存先を選択

ステップ2 消えたデータをスキャンする

スキャンは数分かかりますが、サイズの大きいファイルが多数存在する場合、数時間かかる場合もあります。新バージョンではスキャンの時間を大幅に短縮するバージョンアップを行いました。また、スキャン結果はリアルタイムで表示されます。

復元されたいデータをスキャン

ステップ3 消えたデータをプレビューして復元します。

Windows11でのデータをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

SDカードデータを復元

以上簡単な操作でWindows11から消えてしまった大事なデータが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、Windowsパソコンの復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

SDカード復元ソフト

Recoverit - 強力なsdxcカード復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windows11をダウンロードしてアップグレードする方法