Windows7でバックアップしたデータを復元する方法

Windows7でデータをバックアップするおよび復元する方法

Windows7のデータのバックアップと復元方法を知っていれば、間違って削除したデータをを復元できます。Windows7の標準機能でバックアップと復元ができます。バックアップを行うときは、バックアップデータを保存しておくメディアが必要となります。外付けHDD・DVD・USBなどを使うとデータのバックアップができます。

個別データのバックアップであれば、DVDやUSBメモリーでもできますが、パソコン全体のバックアップをする場合、外付けHDDがなければ難しい状況です。

Wondershare「Recoverit」があれば、バックアップがなくても消えたデータを復元することができます

Windows7の復元機能を使っても復元できないような状況になった場合は、別にソフトを使って復元することができます。 おすすめは、Wondershare「Recoverit」ソフトでのデータの復元があります。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Wonderahare Recoveritを起動したらメニューウインドウが表示されます。今回はハードディスク上で間違って削除してしまった写真データの復旧を紹介します。

ステップ1.Wondershare「Recoverit」の起動と削除されたデータの復元ウインドウを表示

HDDを選択

写真の保存していたHDDを選択して、ウインドウ右下の「開始」ボタンをクリックします。

ステップ2.Wondershare「Recoverit」で表示された削除されたデータのスキャン

hdd内で削除されたデータのスキャンが開始されます。スキャンできた復元可能の削除データの一覧が表示されます。

デバイスをスキャン

ステップ3. 復元したいファイルをプレビューして復元します。

スキャン終了後にファイルが見つかれば画面にリストアップされるので、復元したい写真をチェックし復元ボタンをクリックしてください。復元したファイルを保存する場所を指定するウィンドウが表示されますので、適宜保存場所を指定します。 これでファイルの復元が開始されるので、後は待つばかりです。

プレビュー

復元

これだけのマウス操作だけでスキャンされた削除データを復元します。

1223

Recoverit - 強力なHDDデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
Home > Resources > データをバックアップ > Windows7でバックアップしたデータを復元する方法

すべての記事